慶應スポーツ新聞会

【野球】劣勢から同点に持ち込む驚異の粘り強さ! フレッシュリーグ 明大戦

6月4日(火)東京六大学春季フレッシュリーグ明大戦 @明治神宮野球場

最終回2死満塁からのサヨナラ勝ちには至らなかった。

今日の相手はリーグ戦で優勝を許した明大。リーグ戦での借りを返したい慶大だったが1点をリードしていた5回表、2番手の松本遼太郎(商2・慶應志木)が押し出しの四球と満塁本塁打で5点を失い逆転される。追いつきたい慶大は7回、橋本典之(環2・出雲)の犠飛や若林将平(環2・履正社)の2点適時二塁打などで一挙4点を取り同点に追いつく。9回裏には2死満塁のチャンスを作るも代打・岩城真三郎(総2・光泉)が遊ゴロに倒れ、ゲームセット。引き分けという結果に終わった。

 123456789
明大0010500006
慶大0002004006

※連盟規定により9回終了

明大バッテリー:髙橋、宮内、西城、渡部-戸部

慶大バッテリー:小菅、松本、丸谷-中澤

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)
1[5]上田寛太(商2・郡山)
2[9]橋本典之(環2・出雲)
3[3]綿引達也(商2・慶應)
4[9]若林将平(環2・履正社)
関山正悟(総2・瑞陵)
5[7]片岡宏斗(経2・鎌倉学園)
HD文元洸成(環1・智辯和歌山)
岩城真三郎(総2・光泉)
6[2]中澤慎太郎(商2・法政二)
石川涼(法2・興南)
米倉孝太郎(政2・鎌倉学園)
7[6]朝日晴人(環1・彦根東)
8[4]矢澤慶大(商2・慶應)
9[8]新美貫太(政2・慶應)
小菅真路(環2・市川)
松本遼太郎(商2・慶應志木)
丸谷浩太郎(総2・國學院久我山)

リーグ戦は終了したが今日も神宮球場は選手の熱気で溢れていた。今日は宮田皓フレッシュリーグ監督(商4・慶應)からの期待も大きい小菅真路(環2・市川)が神宮初登板初先発。毎回走者を許すものの粘り強い投球で4回までを1失点で抑える。小菅を援護したい打線は4回裏、この回先頭の2番・橋本典が右越二塁打を放ちチャンスを作ると、3番・綿引達也(商2・慶應)の右中間を割る適時三塁打で同点に追いつき、更に相手の暴投もあり逆転に成功する。

神宮初登板となった小菅

リードを守り抜きたい慶大は5回表、先頭打者に四球を与えた小菅から2番手・松本にスイッチするも、この早めの継投が裏目に出てしまう。松本は最初の打者を空振り三振で抑えるが、制球が安定せず1死満塁から押し出し四球を与えてしまう。なおも続く満塁のピンチで迎えた明大4番・上田にバックスクリーンへの満塁本塁打を打たれ、この回一挙5点を取られ2―6となってしまう。

なんとか追いつきたい慶大は7回裏、反撃に転ずる。先頭打者の7番・朝日晴人(環1・彦根東)が内野安打で出塁すると後続も続いて無死満塁のチャンスを作り、橋本典の犠飛などで2点を返す。その後2死一、三塁から4番・若林が右翼線へ2点適時二塁打を放ち同点に追いつくことに成功する。

同点打を放った若林

8回からは安定した投球を続けている丸谷浩太郎(総2・國學院久我山)が登板。ベンチの期待に応え8、9回を無安打3奪三振に抑える快投を見せた。

迎えた最終回、簡単に2死となるも橋本典が今日2本目となる二塁打を放ち、続く綿引、若林が二人とも四球で出塁し満塁となる。この一打サヨナラの場面で岩城が代打で起用される。大きな期待がかかるも1ストライクから打った打球は遊ゴロとなりゲームセット。6―6の引き分けに終わった。

三塁打を含む複数安打を記録した綿引

フレッシュリーグ優勝の条件は連盟の規定上4勝以上必要であるため、慶大のフレッシュリーグ優勝の可能性は消滅してしまった。しかし、今日4点差を追いつけたことはチームの成長に大きな影響をもたらすであろう。次戦の法大戦が今季最後の試合となるが、そこで有終の美を飾ってくれることを願う。

 

(記事:國本葉月 写真:小嶋華、小林歩)

◆打撃成績

   123456789
1[5]上田空三振左安併殺打三ゴロ①空三振
2[7]橋本典中飛右2遊ゴロ左犠飛①右2
3[3]綿引逃三振右3①三ゴロ遊安四球
4[9]若林空三振空三振二ゴロ右2①四球
関山
5[D]片岡空三振逃三振
HD文元四球捕飛
岩城遊ゴロ
6[2]中澤二ゴロ左安空三振
石川空三振
2米倉
7[6]朝日空三振右安遊安二ゴロ
8[4]矢澤左安空三振四球遊ゴロ
9[8]新美逃三振中安右安空三振

◆投手成績 

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
小菅4 0/3175552122
松本3145936244
丸谷262403000

◆監督・選手コメント

宮田皓フレッシュリーグ監督(商4・慶應)

――今日の試合を振り返って

勝ち切りたかったですね。その一方で選手たちがすごく粘ってくれていたのでそこは評価できるかなと思います。

 

――初登板初先発の小菅投手はどうでしたか

もともと能力の高い選手なので期待していたのですけど、期待通りのピッチングをしてくれたので良かったです。

 

――4点差を追いつき、チームの粘りが見えました

やはりAチームもBチームも粘りを常に意識しているので、それを発揮できたのは良いかなと思います。

 

――今日も丸谷投手の投球は安定していました

本当にずっと調子良く投げているので最後は丸谷で行こうと思っていました。

 

――リーグ戦での経験のある橋本典、若林両選手の活躍が光りました

やっぱり勝負強い選手かなと。良いところで打ってくれるのですごい頼りになります。

 

――最終戦への意気込みを

最後勝ちきって終わりたいと思います。

 

 

新美貫太(政2・慶應)

――今日の試合を振り返って

満塁ホームランを打たれたときに、これはやばいなと思ったのですけど、そこからみんなが諦めずに一球一球食らいついてやってくれました。最後に一番いいところまで行けたところが、勝てなかったですけど、粘って粘っていい形になったかなと思います。

 

――早大戦に勝った良い流れでの明大戦でしたが

試合前にも、Aチームも合わせて3連続で勝っていて、勢いは一番あると思う中、そのまま明治のAチームが優勝してしまったので、雪辱を果たそうということで臨みました。明治のバッティングがすごかったので、そこで少し苦しんだのですけど、ここで負けなかったことが、早稲田の勝ちから繋がったことだと思うので、これを今度は法政にぶつけられるようにしたいと思います。

 

――7回は4点を返して同点に追いつきました

5回終了後のグラウンド整備の時間に集合して、今日は9回までで、あとアウト12個あって全然戦えると思うから、アウトになるとしても一個一個のアウトの内容を良くしようということを話していました。そこから三振とか内野ゴロでも、ツースリーとか、深いカウントまで粘っている選手が増えたことが、7回の得点に繋がりました。

 

――法大戦に向けての意気込みを

4月から始まって6月まで来たのですけど、本当にいいチームになってきていると思うので、最後は成長した部分を全部ぶつけたいと思います。

 

 

若林将平(環2・履正社)

――試合を振り返って

先発の小菅が頑張ってくれて、2番手の松本が打たれてしまったんですけどピッチャーはすごく頑張っていて、僕が4番打者として3打席目まであまり仕事が出来ていなかったので、より集中して絶対打ってやるっていう気持ちで打席に立ちました。

 

――その4打席目は同点のタイムリーとなりました

球種は外の真っ直ぐで、それまでの打席で意識はしてなかったのですけど、体がレフト方向に開いていたので、もっと引き付けて右中間へという意識で強いスイングができたかなと思います。

 

――最終回にも打席が回り、明大をあと一歩まで追い詰めました

前の打者がスリーボールから申告敬遠されて結構くるものというか、「舐めやがって」という気持ちがあったので、あの打席も第4打席と同じようにチームのために、という思いで集中していたので結構ボールも見えていました。最後は後ろの打者がショートゴロでアウトになったのですが、良い雰囲気で出来ているかなと思います。

 

――良い雰囲気という言葉がありましたが、昨日の早慶戦勝利で今日も良い流れに乗れたのでは

Aチームのリーグ戦で勝てているのも下級生の底力、下からの突き上げやメンバーに入れていない4年生の方達のサポートもあるので、そういう意味では昨日も今日もチームで戦えているかなと思います。

 

――今後に向けて意気込みを

ここぞというところで回ってくると思うので、今日みたいにそこで1本打てたらいいと思います。

 

 

小菅真路(環2・市川)

――神宮初登板でしたが、今日の先発登板はいつ告げられましたか

早慶戦の前くらいから今日の先発登板があると言われていたので準備をしていました。

 

――どのような思いで初回のマウンドに向かいましたか

明治がリーグ戦優勝して、慶應が負けたので絶対負けられないという思いでの先発でした。先発でしたが一人一人しっかり押さえて行こうというつもりで投げました。

 

――今日のご自身の投球を振り返って

ヒットでランナーを出しましたが、しっかり粘れたかなと思います。

 

――今日のチーム全体の戦いぶりはどのように振り返りますか

立教戦で負けたときに「束になってない」ということが反省点として上がったのですが、今日はしっかりと「束」になって、チーム一丸となって戦うことができたかなと思います。

 

――明後日の法大戦に向けて

いつ投げるか分からないですけれども、出たら必ず抑えて、チームの勝ちに貢献できるように頑張りたいと思います。

Comments are closed.