慶應スポーツ新聞会

【野球】大久保監督采配的中!劇的サヨナラで森下を圧倒 明大②

10月20日(日)東京六大学野球秋季リーグ戦 明大2回戦 @神宮球場

劇的なサヨナラ勝ちを決めた

迎えたドラ1・森下との大一番、4回表に相手の先制を許すも今季大ブレイク中の下山悠介(商1・慶應)の右中間への二塁打で同点に追いつき、両者一歩も譲らない接戦に。慶大先発・森田晃介(商2・慶應)は8回1/3を自責点0という森下に負けない好投を見せ、1-1で迎えた9回表には増居翔太(総1・彦根東)と石井雄也(商4・慶應志木)が継投に入って明大打線を封じた。すると9回裏、小原和樹(環4・盛岡三)の左翼への二塁打でチャンスをつなぎとめると代打・橋本典之(環2・出雲)が値千金のサヨナラ打を放ち、見事に開幕8連勝を飾り、完全優勝まで残すは早慶戦のみとなった。

 123456789
明大0001000001
慶大000010001X2

慶大バッテリー:森田晃、増居、○石井―郡司

明大バッテリー:●森下―西野

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)
1[9]中村健人(環4・中京大中京)
2[5]下山悠介(商1・慶應)
3[8]7柳町達(商4・慶應)
4[2]郡司裕也(環4・仙台育英)
5[7]正木智也(政2・慶應)
3嶋田翔(環3・樹徳)
6[3]福井章吾(環2・大阪桐蔭)
R8渡部遼人(環2・桐光学園)
7[4]小原和樹(環4・盛岡三)
8[6]瀬戸西純(政3・慶應)
9[1]森田晃介(商2・慶應)
1増居翔太(総1・彦根東)
1石井雄也(商4・慶應志木)
H橋本典之(環2・出雲)

いつも以上の観衆で沸く神宮。世間の注目がドラフト会議で1位指名を受けた明大先発・森下に向けられるなか、勝ち点をかけた負けられない戦いの火蓋が切られた。
 
慶大の先発はここまで防御率0.00をたたき出している森田晃。
森田晃は初回から安定した立ち上がりを見せ、セカンド小原の好守も光り3番・北本を併殺打に打ち取ってわずか7球でこの回を3人に抑えた。その後も森田晃はコーナーに投げ分ける抜群のコントロールで3回まで続けて相手を3人で仕留め、危なげなく相手打線を封じこめた。
 

8回1/3を4安打1失点で抑えた森田晃

一方の打線は初回から下山がレフトへ二塁打を放つなどチャンスを演出する場面もあったが、森下の150キロ台の直球を前になかなか打線がつながらず、試合は森田晃と森下の投げ合いに。
 
均衡が破られたのは4回表、明大打線が2巡目に入ったところで先頭・陶山がセーフティーバントを試みると、それを捕った郡司裕也(環4・仙台育英)がまさかの送球エラーで陶山を二塁まで進めてしまう。そして1死二塁で迎えた北本に初球を右方向のライン際へ運ばれ、先制を許した。
 
追いつきたい慶大は5回裏、8番・瀬戸西純(政3・慶應)が死球で出塁し続く森田晃が捕犠打を決め、得点圏に走者を進める。すると今季打率4割越えの下山が6球粘った末に右翼へ適時二塁打を放ち、試合を振り出しに戻した。

同点の適時打を放った下山

その後は両者一歩も譲らず、森田晃と森下が力投を続け8回まで試合は膠着状態となった。
 1-1で迎えた最終回、ここから大久保監督の采配が冴えわたる。好投を続ける森田晃が先頭打者を空三振に抑えると、続いて迎えるのは左の強打者・添田。ここで大久保監督は森田晃を降ろし、1年生の好左腕・増居を投入。プレッシャーもかかるなか、見事に添田をゴロに打ち取った。そして最後に大久保監督は、実力派の4年生・石井に抑えを託した。石井は4番・喜多を3球で空三振に抑え、後攻の慶大はあと一点をもぎ取るのみとなった。
 
勝負の9回裏。早々に2死となるも、小原が4年の意地を見せ、振りぬいた打球は左方向のライン際へと引っ張り二塁打に。ついにサヨナラの走者を置いた慶大は、続く瀬戸西が申告敬遠され、2死一、二塁の場面を迎えた。ここで大久保監督は「迷いなく」代打に橋本典を送り、会場のボルテージも最高潮となる。「球種を絞って割り切って振っていこうというイメージ」を持っていた橋本典は2ボール2ストライクと追い込まれながらも森下の変化球を振りぬき、これが値千金のサヨナラ打に。慶大は怒涛の8連勝、勝ち点を4とした。

橋本典がサヨナラ打を放った

完全優勝まであと一歩。現在の開幕8連勝は、2001年秋以来18年ぶり。そしてもし10戦連勝で完全優勝すると史上3度目、1928年秋以来91年ぶりの歴史的快挙となる。
全勝優勝ですらも、長い歴史の中で今までに2度しか達成したことのない快挙であるが、これだけの強さを目の当たりにしているだけに、このチームで完全優勝を達成してくれると期待したい。

(記事:澤田夏美、写真:左近美月、小嶋華)

◆打撃成績

   123456789
1[9] 中村健遊ゴロ左飛右邪飛空三振
2[5]下山左2一ゴロ右中2①空三振
3[8]7柳町空三振二ゴロ空三振左飛
4[2]郡司四球左安空三振遊ゴロ
5[7]正木見三振見三振遊ゴロ
3嶋田空三振
6[3]福井中安空三振四球
R8渡部遼二直
7[4]小原遊直中飛中飛左2
8[6]瀬戸西空三振死球見三振申告敬遠
9[1]森田晃遊ゴロ捕犠打三ゴロ
1増居
1石井
H橋本典中2①

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
〇森田晃8 1/3289247210
増居0 1/31500000
石井0 1/32501100

◆監督、選手コメント

大久保秀昭監督

――勝ち点獲得おめでとうございます

めちゃくちゃ嬉しいです。ほんと嬉しい。

――苦しい試合だったと思います

ずっと苦しいですね。

――試合を振り返っていかがですか

森田が森下くんと対等に投げ合ってくれて、1点先制されたんだけど、下山がよく打ってくれて、五分五分に戻して、粘り合いの中で本当に苦しかったんですけど、最後は勝負に出て、それに選手が応えてくれました。

――先発の森田投手は

もう言うことはないです。素晴らしい。

――下山選手も大活躍でした

素晴らしい。

――最後の継投は

(相手が)いいバッターだったので、簡単にアウトを取るのは難しいので、うちはただ単に、つないで1つのアウトを取りに行きました。あそこの中軸がやっぱり打率もよかったので。

――最後は代打に橋本選手を起用しました

彼をどこで使うかはずっと準備していたので、状態もずっと良いのを見てましたからね。もう迷いなく。

――完全優勝が見えてきたと思います

いやもうそんなことよりも、次の一試合を全力で取りに行きます。

郡司裕也主将 (環4・仙台育英)

――サヨナラ勝ちです。今の気持ちは

最高です。

――先発の森田選手の投球について

何も言うことはないです。素晴らしいです。

――森下投手との対戦でした。対策や意識していてことは

普通にやっても絶対に打てない相手なので、何とか工夫して、データや配球とかも全てを駆使して、全員で攻略しようという風にやりました。やはり予想通り苦しめられましたが、なんとか下級生たちが頑張ってくれました。

――自身のプレーについて

バント処理で暴投してしまったのが申し訳なかったです。これも下級生の下山がタイムリーで得点してくれたので、ありがたいです。

――ここまで8連勝、首位です。チームの雰囲気は

最高ですね(笑)。何もいうことはないんですけど、やっぱり焦りすぎないというか、まだ優勝していないので。そこだけは頭に入れておきたいですね。

――次はいよいよ早慶戦です。意気込みは

去年の秋、三連覇をかけた早慶戦で早稲田に阻まれています。明治には春の借りをしっかり返せたので、今度は早稲田に去年の秋の借りを返せるようにそれだけを意識して、準備していきたいなと思います。

小原和樹(環4・盛岡三)

――今日の試合を振り返って

接戦になるのはわかっていたんですけど、最後まで苦しい中で、最後まで集中力を切らさずにいけたのが、勝ちに繋がったなと思います。

――9回2死、どのような事を考えて打席に入りましたか

最初の1点を取った時に下山が打ってくれたので、なんとか4年生頑張ろう、4年生繋ごうということで、僕の中では4年生を代表して打席に立って、そこでベストを尽くそうと思った結果がツーベースに繋がったので、そこは良かったなと思います。

――サヨナラのホームを踏んだ時の率直な気持ちは

もう、本当に最高の気分でしたね!

――春は悔しい思いを味わった明大戦を連勝でとりました

明治にこの秋勝たなければ、僕たちは優勝しても嬉しくないというわけではないんですけど、明治に勝ってこその優勝だと思ったので、春の雪辱を晴らせたのはすごく良かったなと思います。

――守備でも再三の好プレーが光りました

僕にできることはピッチャーを助けること、瀬戸西とずっと話しているんですけど、セカンド・ショートが崩れたらチームも崩れてしまうので、その中でも1個のアウトを集中して取れたのが、1球に集中できたのが、結果に繋がったのかなと思います。

――早慶戦に向けての意気込み

浮かれないで地に足つけてアウトを積み重ねて、1個1個アウトを積み重ねて、早慶戦でもまず1勝を目指して頑張っていきたいと思います。

森田晃介(商2・慶應)

――今日の試合を振り返って

なんとか森下投手に負けないように全員で粘り強く戦った結果が、サヨナラ勝ちにつながったんだと思います。

――明大打線を1失点に抑えました

相手が森下投手だったので、とにかく1点もやらないつもりで(マウンドに)上がったんですけど、1点取られてしまって、それでもなんとか最少失点で乗り切れたので、よかったかなと思います。

――特に6回からは完全投球となりました

一人一人1球1球集中して投げることを意識していました。

――球数を抑えた投球となりました

(ストライク)ゾーンに強い球を投げることを意識していました。

――連勝が8に伸びました

すごくいい雰囲気で、すごくいい試合ができたと思うので、最後に早稲田にしっかり勝って終われるようにこの2週間しっかりと練習したいなと思います。

――早慶戦に向けて

自分の持っている力を全て出せるように、そしてデータ班がしっかりデータを取ってくれると思うので、それを信じて頑張りたいなと思います。

橋本典之(環2・出雲)

――サヨナラを決めた今の率直なお気持ちを教えて下さい

結構時間が経ったんですけど、まだ実感がなくて。でも自分が決めたという事実は変わらないので素直に嬉しいです。

――ご自身ではあの打席をどのように振り返りますか

真っ直ぐを狙っていたんですけど捉えきれず追い込まれて最後は運だなと思っていたんですけど、上手くバットに当たって飛んでくれた方向が良かっただけかなと思います。

――試合後にはどのような言葉をかけられましたか

感謝の言葉を結構頂いたのでそれだけのことをやったのかなという実感はないですけど嬉しい気持ちが出てきます。

――サヨナラのチャンスを任されてどのような気持ちで打席に入りましたか

サヨナラのチャンスとはあまり考えずに後ろにつないでいこうという意識だけでやったのが上手くいったのかなと思います。

――森下投手を相手に何か意識したことは

真っ直ぐも速いし変化球もキレキレで全部対応なんて出来ないので球種を絞って割り切って振っていこうというイメージで立ちました。

――今季は代打での出場機会が多く、その度にきちんと役割を果たしている印象です

今年の春も全然ダメで5打数0安打で決めないとチームの人に申し訳ないなという気持ちも強かったので、強気でやってやるぞという気持ちを全面に出して打てたのが良かったかなと思います。

――明大に2連勝しチームにとっても大きな勝利となりました

ここまで上手くいくとは本当に思っていなくていつかは負けるけどへこたれないぞという気持ちを持っていたんですけど上手くいっていて。でも早慶戦で2連敗する可能性も無きにしも非ずなのでそこは気を引き締めていつも通り、いい流れではあると思うので出来ることを精一杯やるというのを必ずやっていこうと思います。

――次の早慶戦に向けて意気込みをお願いします

自分のその日その日のベストプレーを全力で出来たらなと思います。

下山悠介(商1・慶應)

――今日の試合を振り返って

ずっと緊迫した試合が続いていたんですけど、最後の最後まで集中力を切らさずにベンチに入ってた人だけでなくサポートしてくれた人含め全員で掴んだ勝利だと思います。

――5回にチャンスで回ってきましたがどのような心境で打席に入りましたか

そうチャンスは来ないと思っていたので数少ないチャンスをものにできるかというのが試合の分かれ目だと思っていたので、なんとか一本出せて良かったです。

――今シーズン打撃好調ですが好調の要因は

やっぱり打席の中で自分のスイングを出すというのを心掛けているのでそれだと思います。

――チームは8連勝です

8連勝出来ているんですけど、全員がやるべきことをやっていてそれぞれの役割を果たしているので凄く良いチームだなと思うので。次は週が空くんですけど早慶戦に向けてしっかり良い準備したいと思います。

――優勝が見えてきました

すごく良くしてもらっている先輩方なので、本当に4年生と出来るラストシーズンなので4年生のみなさんと喜び合いたいのでなんとか優勝したいです。

――早慶戦に向けての意気込みを

早慶戦はやっぱり春感じたんですけど、伝統の一戦という感じで負けられない戦いだと思うのでもうどんな展開になっても勝ちにこだわって頑張りたいです。

Tagged as: , , , , ,

Comments are closed.