慶應スポーツ新聞会

【野球】立ちふさがったワセダの壁、全勝優勝を逃す 早大②

11月3日(日)東京六大学野球秋季リーグ戦 早大2回戦 @神宮球場

ここまで完璧な投球をしていた森田晃が初回つかまったこの悔しさをバネに来年以降躍進を遂げて欲しい。

ワセダが最後に立ちふさがった。初回、森田晃介(商2・慶應)が攻め立てられ、3点を失う厳しい立ち上がり。その後も、タイムリーエラーなどで失点を重ね、打線もあと一本が出なかった。慶大は悔しい1敗を喫し、91年ぶりの10勝全勝優勝はならなかった。

 123456789
早大3000200106
慶大0000020204

早大バッテリー:○徳山、今西、西垣、柴田―岩本

慶大バッテリー:●森田晃、佐藤、増居、木澤、津留﨑、生井、石井―郡司

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)
1[9]中村健人(環4・中京大中京)
2[5]下山悠介(商1・慶應)
3[8]柳町達(商4・慶應)
4[2]郡司裕也(環4・仙台育英)
5[7]正木智也(政2・慶應)
6[4]小原和樹(環4・盛岡三)
7[3]福井章吾(環2・大阪桐蔭)
H3嶋田翔(環3・樹徳)
8[6]瀬戸西純(政3・慶應)
橋本典之(環2・出雲)
9[1]森田晃介(商2・慶應)
田中凌馬(商4・長崎東)
1佐藤宏樹(環3・大館鳳鳴)
1増居翔太(総1・彦根東)
若林将平(環2・履正社)
1木澤尚文(商3・慶應)
植田響介(総3・高松商)
1津留﨑大成(商4・慶應)
1生井惇己(総1・慶應)
1石井雄也(商4・慶應志木)
宮尾将(商1・慶應)

昨日の早大1回戦で3季ぶり37度目の優勝を飾った慶大が次に狙うのは10戦全勝優勝。9連勝の勢いそのままに10連勝を収めたい慶大だったが、先発・森田晃の立ち上がりに対して稲穂打線が牙を剥いた。先頭の田口に右中間への二塁打を許すと、続く中川卓にも右翼線に適時二塁打を許し、試合開始3分で早大に先制点を献上してしまう。その後、福岡に内野安打、加藤にも中前安打と4連打を浴びる無死満塁のピンチとなり、迎えた瀧澤の打席。またしても右翼線付近に落ちるかと思われた打球であったが、名手・中村健人(環4・中京大中京)がダイビングキャッチ。犠飛となり1点を失うも大量失点には至らなかった。続く檜村が放った打球は不運にも中前に落ち1点を失うが、中堅手・柳町達(商4・慶應)が三塁へ堅実に送球をし、走者を刺殺。早大に3点を献上するかたちで試合は幕を開けた。

 

2回裏、先頭の郡司裕也(環4・仙台育英)が今季13個目の四球で出塁すると、正木智也(政2・慶應)も右安打で無死一、三塁の好機を作る。しかし、小原和樹(環4・盛岡三)が併殺打、福井章吾(環2・大阪桐蔭)も一ゴロに倒れ、反撃開始とはならなかった。4回表からマウンドに上がった佐藤宏樹(環3・大館鳳鳴)は5回表、福岡に四球を許すと1死一塁で加藤の打席。1ボールとなったところで、投手交代。増居翔太(総1・彦根東)がマウンドに上がった。加藤に対して四球を許すと、次の代打・佐藤純の初球が暴投となり1死二、三塁とピンチを招く。4球目。打ち取った当たりであったが、一塁手・福井が痛恨の失策。走者2人の生還を許し、点差を5点に広げられる。

佐藤も今季初登板で持ち前の速球を武器とした投球を見せた

6回表のマウンドには木澤が上がった。今季初登板ながら最速150キロの直球を武器にアウト3つを三振で切って取り、慶大に勢いをもたらす。その裏、ようやく反撃の狼煙が上がる。下山悠介(商1・慶應)が左翼線へ二塁打を放つと、続く柳町も一塁手の前にゴロを放つと渾身のヘッドスライディングで安打を掴み取り、郡司も四球で出塁。1死満塁の絶好の好機を演出する。迎えた正木の打席。放った打球は遊撃手の前に転がり、併殺打になると見られたが二塁手が一塁へ悪送球。幸運なかたちでまずは2点を返した。

2回を6つの三振を奪い完璧な投球を見せた木澤

8回表に1点を失い続く裏の攻撃。先頭の中村健、下山、柳町の三者連続四球で無死満塁の好機を作ると、4番・郡司が粘った末に四球を選び、1点を返す。続く正木は中犠飛を放ち1点を追加。点差を2点とする。長打が出れば同点の場面が続くが小原、嶋田が倒れるなどあと一本が出ない歯がゆい展開が続く。

反撃の狼煙が上がるも、反撃及ばず

いよいよ最終回。同点、そしてサヨナラ勝利のためにも絶対に9回表を無失点で抑えたい慶大は石井雄也(商4・慶應志木)を投入する。走者を許すものの要所を締め、9回の攻撃に弾みをつける。慶大は先頭の瀬戸西純(政3・慶應)に代打・橋本典之(環2・出雲)を送る。2球目を叩き中前安打で出塁するも最後は下山が中飛に倒れ無念の敗戦を喫した。

 

「初回から劣勢で苦しかったな」。大久保監督は今日の試合をそう振り返った。大久保監督の通り、今日の試合は要所でのミスが響いてしまった。たしかに、今日の慶大は今季見せた強さが影を潜めてしまった。投手陣の粘り、さらには打線も最大5点あった差を2点まで縮めたが、あと一本が出なかった。91年振りの10戦全勝優勝はなくなってしまったが、宿敵ワセダには絶対に負けられない。「4年生にとって最後のリーグ戦になるのできちんと勝って終わりたい」と試合後、大久保監督は前を向いた。今日の悔しさを晴らすため、今季のリーグ戦ラストゲームを勝利で飾ってほしい。

(記事:菊池輝、小林歩、写真:左近美月、菊池輝)」

◆打撃成績

   123456789
1[9]中村健中飛遊邪飛空三振四球見三振
2[5] 下山空三振空三振左2四球中飛
3[8]柳町見三振空三振一安四球
4[2]郡司四球死球四球四球①
5[7]正木右安空三振遊ゴロ①中犠飛①
6[4]小原併殺打左安空三振左飛
7[3]福井一ゴロ左飛
H3嶋田二ゴロ空三振
8[6]瀬戸西空三振左飛一ゴロ
橋本典中安
9[1]森田晃
田中凌二ゴロ
1佐藤
1増居
若林右飛
1木澤
植田響空三振
1津留﨑
1生井
1石井
宮尾
見三振

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
●森田晃3165063133
佐藤1 1/352702100
増居2/341601100
木澤284516100
津留﨑1/32900111
生井2/341610100
石井141112100

◆選手・コメント

大久保秀昭監督

――今日の試合を振り返って

初回から劣勢で苦しかったな。負けずに10勝0敗でと、早慶戦に大きなモチベーションがありましたが、簡単じゃないですね。しょうがない。全てを受け入れて。でも、これで優勝が取り消されるわけではないので最後に食らいついたし、そういう姿勢は見せたい。

 

――最後、勝ち切れなかった要因は

ミスで与えてしまった点です。ただ色々なことを期待して多くの方に来ていただいて、そこに最後まで終わらないぞという姿勢を見せてくれましたし、僕はなんの後悔もありません。

 

――明日に向けて意気込みを

明日、4年生にとって最後のリーグ戦になるのできちんと勝って終わりたいですし、良い形で明治神宮大会に向かいたいと思います。

 

郡司裕也主将(環4・仙台育英)

――今日の試合を振り返って

長い試合でしたけど、そううまくはいかないなと、野球というスポーツは簡単に勝てない、何が起こるか分からないスポーツだと改めて感じました。

 

ーー一時は5点あった点差も終盤追い上げを見せました

このチームはビハインドでも粘り強く攻め続けられる強さがあるので評価出来るとは思うんですけど、エラーで失点した2点は返ってこないなという感じですね。

 

ーー今日は4つの四死球でした

それぞれチャンスもありましたし、打ってやろうと思いましたけど、昨日結構打ってるんで相手もなかなか勝負してくれないなという感じです。

 

ーー明日勝てば勝ち点5の完全優勝の可能性が残ります

全勝優勝はできないので、過去は忘れて切り替えて、完全優勝したいというのはずっと言ってきていることなので、目標を達成できるように頑張ります。

 

柳町達副将(商4・慶應)

――今日の試合を振り返って

ミスで取られた点を取り返すことは難しいということと、やっぱり早大はそう簡単に勝たせてくれないなということですね。

 

――早大投手陣はいかがでしたか

150キロ超えの直球やキレのある変化球など、そう簡単には打たせてくれないなという印象です。

 

――ベンチの雰囲気は

誰かがミスしたことを取り返そうといつもやっているので、誰一人諦めずしっかり逆転に向けて良い雰囲気でやれていたと思います。

 

――明日の試合に向けて

全勝優勝はなくなりましたが、明日早稲田にしっかり勝って勝ち点5を取って卒業したいと思います。

 

木澤尚文(商3・慶應)

――今日の試合を振り返って

早稲田に連勝して優勝っていうのが目標の一つだったので、優勝は出来ましたけどそれを達成できなかったっていうのはすごく悔しいです。

 

――ご自身の登板を振り返って

ここまで何の力にもなれなくて、すごい悔しい思いはしてたんですけど、でもそんなことはどうでも良くて、もう劣勢だったので流れ変えてやるぞって意気込んで投げました。自分が投げた後に点は入りましたけど、もっとなんかできたんじゃないかなって思いました。

 

――なぜそのように感じられたのですか

この試合に関しては準備してそれを出せたと思うんですけど、もう少し早くチームの力になれたらもっと森田の負担も減らせたのかなって思いますし、森田(晃)が打たれたら仕方ないっていう試合だったと思います。

 

――明日に向けて

完全優勝がかかっていてとにかく明日なので、今日帰ってしっかり準備して、明日も短いイニングバチっと抑えて勝ちます。

 

下山悠介(商1・慶應)

――今日の試合を振り返って

ずっとなんとかして追いつこうとしたんですけど追いつけなくて悔しいです。

 

――連勝が止まりました

いやもうそんなに上手くいかないということだと思うのでまた切り替えて明日に向けてやっていきたいです。

 

――6回裏に二塁打を放ちましたが、打席に入る前はどのような意識を

ランナーがいなかったのでなんとかして塁に出て柳町さん郡司さんが特に当たっているので何とか塁に出る、それだけでしたね。

 

――明日で今季が終わります

いかに今日切り替えていい準備をしてということがすごい大事だと思うので本当に最後一番いい形で勝てるように、最高の試合をするための準備をしたいと思います。

 

――明日への意気込みを

勝ち点5で優勝ということは僕の入部当初から先輩方含め、いろんな方が言っていてチームの目標なので。優勝したのはいいんですけど勝ち点5で優勝というのを達成できるようにまたいい準備をしたいなと思います。

Tagged as: , , , , , , ,

Comments are closed.