慶應スポーツ新聞会

【野球】リードを守り切り開幕4連勝を飾る! 立大②

10月4日(日)東京六大学野球秋季リーグ戦 立大2回戦 @明治神宮野球場

好投した森田の今後の活躍にも期待だ

昨日の乱打戦から一夜明け迎えた2回戦。慶大は3回に廣瀬隆太(商1・慶應)の適時内野安打で先制すると、その後は相手ミスも絡み運よく得点を積み重ねた。一方の先発・森田晃介(商3・慶應)は8回1失点と好投を見せる。最終回には生井惇己(総2・慶應)が本塁打を浴びる場面もあったがリードを守り切り、慶大は4-2で開幕4連勝を飾った。

 123456789
立大0000100012
慶大001210004

立大バッテリー:●中﨑、栗尾、宮海、比屋根、池田陽-竹葉

慶大バッテリー:○森田、生井-福井

立大本塁打:東1号ソロ(9回)

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)
1[4]宮尾将(商2・慶應)
2[8]渡部遼人(環3・桐光学園)
3[3]廣瀬隆太(商1・慶應)
4[9]正木智也(政3・慶應)
5[5]下山悠介(商2・慶應)
6[2]福井章吾(環3・大阪桐蔭)
7[7]橋本典之(環3・出雲)
7水久保佳幸(総4・慶應)
8[6]瀬戸西純(政4・慶應)
9[1]森田晃介(商3・慶應)
H嶋田翔(環4・樹徳)
1生井惇己(総2・慶應)

気の抜けない2回戦。慶大の先発としてマウンドに上がったのは3年ながら投手陣の中心としての役割を担う森田だ。森田は立ち上がりからランナーを背負いながらも持ち前の直球を武器に要所を抑え、4回まで無失点と好投を見せる。

適時打を放った渡部遼

先制点が欲しい慶大は、昨日の試合で6安打を浴びせた先発・中﨑響介(観光4・立教新座)を相手にチャンスを伺ったが1、2回は攻撃の波に乗れず苦戦。しかし3回、先頭の森田が死球で出塁すると、宮尾将(商2・慶應)の犠打と中﨑の暴投で一気に三塁へ。そこからツーアウトに追い込まれるも、廣瀬が鈍いサードゴロを決死のヘッドスライディングでタイムリーにし、三塁ランナーの森田が帰還。ルーキー・廣瀬の泥臭いプレーで、なんとか先制点をもぎ取った。

4回には先頭の福井章吾(環3・大阪桐蔭)が左安打で出塁すると橋本典之(環3・出雲)も右安打で続き、無死一、三塁から瀬戸西純(政4・慶應)の内野ゴロの間に1点を追加。併殺を免れ出塁した瀬戸西も、宮尾の内野ゴロと相手のミスが絡んだ渡部遼人(環3・桐光学園)の適時内野安打で帰還し、この回2得点を挙げた。

正木は今日も2つの安打を放った

立大打線がちょうど3巡目に入った5回表、先頭打者に中安打を許すと、続く宮崎仁斗(コミ2・大阪桐蔭)が左中間へフェンス直撃の適時二塁打を放ち、1点を返される。2点差に詰め寄られた慶大はその裏、左安打で出塁した正木智也(政3・慶應)が併殺の間に帰還し点差を元に戻す。すると6回からは互いに一歩も譲らない投手戦へ。

試合が動かぬまま迎えた最終回、森田に代わってマウンドに上がったのは今季からクローザーに定着しつつある生井。落ち着いた投球でこのまま抑えるかと思われたが、途中出場の東怜央(社会3・福岡大大濠)に甘く入った球を完璧に捉えられ、レフトスタンドへのソロホームランを浴びる。しかしその後は動揺することなく冷静に打者を封じ、最後はストレートで宮﨑を見逃し三振に抑えた。

生井は抑えとしてこれまで全試合に登板している

大量得点を挙げた昨日とは打って変わって、大きな当たりが少なかった今日の慶大打撃陣。しかし一人一人が最低限の役目をしっかりと果たして勝ち切れたことは大きい。8回1失点の好投を見せた森田の今後の活躍にも期待が持てそうだ。開幕4連勝を飾った慶大だが、ここからはさらなる難敵たちが立ちはだかる。優勝への道のりはまだまだ遠いが、一歩ずつ着実に近づいていることも確か。このまま歩みを止めず、勝利を積み重ねていってほしい。

(記事:澤田夏美、写真:相川環)

 

◆打撃成績

   12345678
1[4]宮尾右安一ゴロ二安見三振二ゴロ
2[8]渡部遼投犠打二ゴロ二安①空三振
3[3]廣瀬空三振三安①右飛中飛
4[9]正木三ゴロ左安左安四球
5[5]下山右安二ゴロ中安見三振
6[2]福井投ゴロ左安四球二ゴロ
7[7]橋本典左飛右安併殺打①
7水久保投ゴロ
8[6]瀬戸西空三振遊ゴロ①投ゴロ右安
9[1]森田死球バ三振空三振
H嶋田右飛
1生井

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
◯森田83711377211
生井141611011

◆選手コメント

森田晃介(商3・慶應)

先週不甲斐ない投球をしてしまったので、今日はチームのために全力で投げました。その結果ランナーを背負いながらも集中を切らさず粘り強く投げられたと思います。今日の試合は内野陣の守備のおかげで勝つことができたと思うのでとても感謝しています。明治戦に向けて状態を上げていけるように頑張ります。

東京六大学野球秋季リーグ戦順位表(10月4日時点)

 勝点勝率
1慶大440041.000
2早大420231.000
3法大42112.50.667
3明大42112.50.667
5立大40400.000
5東大40400.000

Tagged as: , , , , , ,

Comments are closed.