慶應スポーツ新聞会

【男子テニス】王座進出へ、若き慶大白星発進!関東リーグ・日大戦

雄叫びを上げる加藤主将(環4)

雄叫びを上げる加藤主将(環4) 

 

 

大学テニスの頂点、王座決定試合への二つの切符をかけた関東リーグがテニスの聖地、有明テニスの森公園で開幕した。二年連続での王座進出を目指す慶大は初戦で日大と対戦。序盤のダブルス三試合ではまさかの苦戦を強いられることとなった。それでも若い力を取り入れたメンバー編成で8-1の大勝。全国大会である王座決定試合進出に向け好発進した。

 

 

 

9月4日 関東学生テニスリーグ@有明テニスの森公園

     第1戦 

     慶大8-1日大



D1 加藤・近藤 ○4-6,6-4,6-2 竹島・林
D2 矢野・高田 ○6-7(5),6-1,7-6(2) 浜脇・堀上
D3 谷本・渡邉 ○6-4,6-2 樋渡・丹野
S1 志賀正人 ○6-1,6-2 竹島駿朗
S2 谷本真人 ○6-4,6-1 神谷涼太
S3 近藤大基 ○6-2,3-3ret 林奕倫
S4 矢野隆志 ●5-7,2-6 アスンサオファビオ
S5 渡邉将志 ○7-6(1),7-6(4) 工藤康史
S6 高田航輝 ○6-2,3-6,6-2 上原玄輝
 

フォアハンドで攻める近藤(環2)

フォアハンドで攻める近藤(環2) 

昨年同大会で抜群の勝率を誇り、今年も先陣を切って慶大を引っ張る加藤主将(環4)・近藤(環2)ペアは竹島・林ペアと対戦。先日の全日本選手権での足の 故障を押しての出場となった加藤主将はやや精彩を欠いたが、それでもその最強のサーブは健在だった。相手を怯ませ、浮いたリターンを すかさず近藤が叩き、難なくキープ。しかしリターンゲームでのミスが二人に影を落とした。初日の緊張からか固さが見られ、リターンが 入らない。ここで流れが滞り、サービスゲームでも相手にブレークのチャンスを与えてしまった。結局このセットを4-6で落とすが、隣りの コート・D3の若い二人の奮闘を受けて、流れが慶大に傾き出す。第二セットも競るが6-4で奪い返し、続く第三セットでは加藤のボレーでブ レークに成功。近藤も粘り強いストロークで援護し、いつもの二人らしい切れ味を取り戻して6-2で初戦をものにした。

 

一球に闘志を込める矢野(環2)

一球に闘志を込める矢野(環2)

 

D2には全日本学生選手権で三位の好成績を収めた矢野(環2)・高田(環1)が出場。しかし、こちらもプレッシャーからか本調子とはいかなかった。両者 ともサービスゲームが安定せず、シーソーゲームとなった第一セットはタイブレークへ。流れを掴めずこのセットを落とした。しかし迎え た第二セットでは二人の息がかみ合い、6-1と大差で取ってファイナルセットに突入。ここで相手もリズムを取り戻し、両者ともに死力を尽 くす競り合いの展開となる。またしてもブレーク合戦となると5-4の好機に決めきれず、再びタイブレークへ。今度は慌てずに決めきり、チ ームに勝利をもたらした。

鮮烈なネットプレーで勝利を呼び込んだ渡邉(総1)

鮮烈なネットプレーで勝利を呼び込んだ渡邉(総1)

そして注目のD3には渡邉(総1)・谷本(環1)のルーキーペアが出場。昨年度全試合に出場した志賀(政3)・井上(経2)ペアは温存となった。リーグメンバーとして初 めてコートに立った二人だが、ルーキーらしい気負いのないプレーを展開。谷本の力強いストロークで相手にプレッシャーをかけると、浮 いた球を渡邉が角度をつけたボレーで仕留める。第一セットを6-4で奪取した二人はますます勢いに乗り、第二セットも6-2と相手を圧倒。 一番乗りでチームに勝利を捧げ、苦戦するチームを勇気づけた。

 

 

シングルスのオーダーはダブルスでも出場した一、二年生を中心とした若い印象の編成。単複で大きく選手を入れ替えた日大とは好対照と なった。

だが前半戦のS4、S5、S6では短いレストを挟んだだけの若手たちに疲労の影が色濃い。本来の力で大きくリードを奪うことはできないものの、 実力と慶大の代表としてのプライドを抱いてコートに立つ選手たちはペースを譲らず競り合いを繰り広げた。 しかしS4矢野は相手主導のラリーに振り回され、なかなか持ち味の強打で連続ポイントが奪えない。接戦の第一セットを5-7で落とすと、流 れを作れず2-6で敗れた。

豊富な運動量で持久戦を乗り越えた高田(環1)

豊富な運動量で持久戦を乗り越えた高田(環1)

一方初出場で二試合を任されたS5渡邉も、ダブルスでの活躍の反動か、痙攣を起こしメディカルタイムアウトをとる。試合続行は不可能か と思われたが、コートに立つ者の意地を見せ、7-5,7-5で二つ目の勝利を挙げた。S6に立ったルーキー高田も同じく接戦の試練を迎える。落ち着き払ったポーカーフェースで難なく第一セットを先取するも、第二セットで は足元を掬われ3-6で落とし、苦しいファイナルセットに突入。するとダブルスでの疲労を押して走り回り、球を拾い続けた粘りがここへき て相手を追い詰めたか、相手が痙攣を訴える。最後は6-2で仕留め、残りのシングルスにタスキをつないだ。

 

豪快なストロークで大仕事を果たした谷本(環1)

豪快なストロークで大仕事を果たした谷本(環1)

日が傾く中で順次スタートした残り三組は慶大の地力を見せつけた。S3に登場した近藤は格の違いを見せつけ第一セット6-1で圧倒すると、 第二セット3-3の時点で相手選手が棄権。手堅く勝利をもたらした。 インカレでの故障の余波が残り、大事をとってシングルスを見送った加藤主将に代わりS2に抜擢されたのはルーキー谷本。この三人目の新 星が見事期待に応えてみせた。鍛え上げられた体格を軸にコート狭しとストロークを展開。第一セットでは6-4まで食らいついた相手を第二 セットではまるで寄せ付けず6-1で勝利。プレッシャーのかかる立場で進化と真価を示した。 今年も不動のS1として最後に登場した男、志賀もやはり鉄壁の強さを発揮。あっという間に6-1と追い込むと、その後も挽回を許さず6-2で 決着をつけ、長い初日に終止符を打った。

勝利への執念がチームを導く

勝利への執念がチームを導く

振り返れば8-1と圧倒的な結果に終わった初戦・日大戦だったが、なかなか相手を突き放せず接戦の目立つ内容となった。特に絶対の自 信と完成度を誇るダブルスでの苦戦には、強豪と言えど気を抜けないリーグ戦のこわさを痛感させられる。次なる相手は春関シングルス覇 者の小野を擁する強豪、明大だ。二年連続の王座進出、そしてその先の全国優勝のために絶対に落とせない。チーム一丸で初戦をくぐり抜 けた慶大庭球部をさらなる強敵が待ち受けている。果たして王座進出なるか。戦いの行方から目が離せない。

 

(文・伊藤明日香、写真・古尾谷拓真)

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.