慶應スポーツ新聞会

【野球】攻守かみ合い、法大相手に完封勝利 法大③

9月30日(月)慶大―法大 3回戦

 

大学初白星を挙げた加藤

大学初白星を挙げた加藤

 

負けたら終わりの大一番は1年生投手・加藤(政1)の右腕に託された。加藤は強力な法大打線相手に6回を投げ2安打無失点。後続の投手陣も好投を見せて完封リレーを成し遂げた。一方、打線も法大先発・玉熊を序盤で引きずり下ろし、その後も効率良く点を取って8得点の大勝。勝ち点奪取に向け明日へ望みをつないだ。

 

法大

慶大

×

 

法大:●玉熊、本多、六信、青木勇、納富―木下、中園

慶大:○加藤、明、白村―小笠原、須藤

 

慶大出場選手

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[7]

渡邊暁(商4・慶應)

 

沓掛(商1・慶應)

 

近藤(環3・國學院久我山)

[6]

山本泰(環2・慶應)

 

H7

稲垣(商4・慶應湘南藤沢)

[3]

松本大(環4・桐光学園)

 

竹内惇(商4・慶應)

[8]9

谷田(商2・慶應)

[5]

横尾(総2・日大三)

[9]

齋藤(商1・慶應)

 

植田(商4・慶應)

 

R8

梅野(環2・福岡大大濠)

[2]

小笠原(環2・智辯和歌山)

 

須藤(環2・創志学園)

[1]

加藤(政1・慶應)

 

山口(環1・桐光学園)

 

明(政3・慶應)

 

白村(商4・慶應)

牧野(商4・千葉東)

 

 

斎藤は大学初スタメンの第一打席を適時打で飾る

斎藤は大学初スタメンの第一打席を適時打で飾る

 

1敗1分で迎えた3回戦。負ければ優勝が厳しくなってしまう大事なマウンドに加藤が上がった。

1回表、加藤は3番・河合に四球こそ出したものの後続を断ち流れを作る。試合は1回裏にいきなり動いた。法大先発・玉熊から先頭打者渡邊暁(商4)が左安打で出塁すると、続く山本泰(環2)の進塁打となる投ゴロ、谷田(商2)の四球とチャンスが続き、横尾(総2)、斎藤(商1)の適時打で2点を先制。出塁した上位打線をクリーンアップが返すという理想的な攻撃で流れをつかんだ。

スクイズを決めた松本大

スクイズを決めた松本大

さらに2回表を加藤が三者凡退に抑えると、その裏にも牧野(商4)が四球を選び、渡邊暁、山本泰の長打が飛び出した。さらに3番の松本大(環4)は相手の意表を突くスクイズで1点を奪う。前日の試合ではバント失敗し、「自分の失敗で流れが悪くなった」と悔やんでいたが、この打席では鮮やかにリベンジを決めた。ここで一気に相手を突き放したい慶大。打席には打撃好調の谷田が立った。思い切り振り抜いた打球は前進守備を大きく超える走者一掃の適時二塁打。谷田本人は走塁死したものの果敢に3塁を狙い、頼れる4番の一振りもあってこの回一挙3得点を決めて玉熊を打ち崩した。

 

加藤は3回も三者凡退、4回には味方の守備にも助けられながら堂々のピッチングを続ける。5回に長打、6回には2つの四球からピンチを招くも落ち着いて三振を奪い、6回を投げ2安打無失点。四球が多いという課題がありながらも、将来が楽しみな好投を見せた。

明は今季初登板。頼れる男が帰ってきた

明は今季初登板。頼れる男が帰ってきた

 

7回からマウンドに上がったのは、今季初登板となる明(政3)。試合後には「指のマメが原因で夏から満足な投げ込みができていなかった」と語ったが、それでも二塁手・牧野の芸術的な守備にも助けられ、1四球を出しながらも走者に2塁を踏ませない圧巻のピッチングで相手に流れを渡さなかった。

 

7回裏には、再び慶大打線が爆発する。一死から山本泰が右安打で出塁すると、松本大、谷田に長打が飛び出し、なおも代打・植田(商4)の適時打で3点を挙げ、この試合の勝敗を決定的なものにした。

大量援護をもらって8回表に完封リレーを継いだのは白村(商4)。「明日も試合があるのでいい流れを作れるように圧倒的に抑えようと思った」と意地を見せ、緩急をつけた巧みなピッチングで法大打線を翻弄する。味方の守備にも盛り立てられて、8回と9回のイニングを1安打無失点3奪三振という快投で締めた。

ここまで引き分けをはさんで9連敗中の法大から奪った白星。この勝利は勝負を振り出しに戻しただけでなく、慶大にとって非常に大きな糧をもたらした。初出場や初スタメンの選手たちの活躍、投手の好投を支える好守備、効率的に挙げた大量得点。選手誰もが「春とはチームの雰囲気が違う」と口をそろえている。昨季5位という屈辱を味わった慶大が、良い流れに乗ってこのまま優勝争いに食い込んでいけるか。明日はまさしく天王山と呼べる熱い戦いになりそうだ。

 

(記事 河合美紀)

  

以下選手コメント

 

堀野 真主将(理4)

(今日の試合を振り返って)先発が加藤でいいピッチングをしてくれましたし、先制点を取れていい形でそのまま行けたので、0に抑えて先制点を取るということが僕らの野球だと思うので、それができてよかったです。(8得点と打線が繋がりを見せたがその要因は)昨日打てなかったですけど、みんなやることはそんなに迷っていないですしやるべきことをやろうと言っているので、それがいい結果につながったと思います。(初出場や初スタメンの選手が活躍した試合だった)主力が抜けたということはありますけど別にそれでガタガタするようなチーム状況でもないですし、みんな良いところは持っているので誰が出てもこれくらいの試合はできると思います。(これで法大戦の連敗を止めたが)そうですね。それに自分が1年、2年の時は法政から勝ち点を取って優勝しているので、この勢いで勝ち点を取って優勝まで行きたいです。(明日に向けて)やることは変わらないので、自分たちの力を信じて頑張ります。

 

白村 明弘(商4)

(試合を振り返って)8対0という大差で登板したんですけど、明日の試合もあるということで、しっかりいい流れを作れるように圧倒的に抑えようと思って行って、いい形で抑えられたので良かったです。(法大には9連敗中だったが)連敗はしていたんですけど、ピッチャーも第一戦しっかり抑えていましたし、過去は過去ですしそういうことは気にせずに自然体でみんな臨めていて、それでしっかり勝利できたので、勝ったのは不思議ではないかなと思います。(一昨日に続き好リリーフだが調子は)直球はまだ納得いってない部分もあるんですけど、変化球の調子が今すごい良くて、それで自信を持って投げられているのでこういう結果が出ているんじゃないかなと思います。(明日に向けて)今すごい良い流れで来ていて、その流れをしっかり明日の最初の攻撃から出せるように、チーム一丸となって頑張っていきたいなと思います。

 

松本 大希(環4)

(今日の試合を振り返って)初回に良いかたちで先制できて、初回、二回と5点を取ることができて、僕たちがやりたかった野球ができたかな、というかんじです。(2回、鮮やかなスクイズを決める)昨日バントを失敗していたので、昨日グラウンドに入って練習した、その成果がでて良かったです。(7回には得点につながる効果的な二塁打)1日1本ヒットを打つことができればよい流れを続けることができると思うので、そういう意味で、今日この打席までヒットが出ていなかったので、最後7回、ああゆうかたちで逆方向に良い当たりを飛ばすことができて良かったです。(開幕から6試合すべてでヒットを打っているが)練習するってことだけですね。練習は嘘をつかないということを信じてここまでやってきたので、それがようやく形になって現れ始めたのかな、と思います。これで満足せず、今までやってきたことをこれからも続けてきていきたいなと思っています。(今日先発の加藤について)オープン戦からずっと良いピッチングを続けていたので、何かを言うこともなく、いつも通りのピッチングをしてくれれば相手に関係なく抑えてくれると思って守っていました。(9連敗中の法政から2年越しの勝利)法政に勝ったということよりも、僕たちはリーグ戦で優勝することを目標に闘っているので、今日勝ったことは、明日に繋げることができたという意味で良かったと思います。明日の試合に勝たなければ何の意味もないので、これからも、身を引き締めて闘っていきたいと思います。

 

明 大貴(政3)

(試合を振り返って)久しぶりの登板だったので、緊張して疲れました。(今季初登板だったが感触は)夏は手にマメができてしまって投げ込みができず実戦から遠ざかっていましたが、神宮のマウンドは投げやすいと感じました。(牧野選手の守備にも助けられたが)「ありがたい」の一言です。(9連敗中の法大相手の勝利だったが)とにかく明日勝って勝ち点を奪って、次につなげられるように頑張りたいと思います。

 

小笠原 知弘(環2)

(今日の試合を振り返って)今日はとにかくピッチャーが頑張ってくれて打つ方でもいい点の取り方ができたので、よかったなと思います。勝った試合っていうのはこういうものかなと思います。(3投手をリードして)要求した球がある程度要求したところに来ていたので、完封できるとは思わなかったですけど大量得点にはならないだろうなとは思っていました。(打席では智弁和歌山高時の同級生である青木勇投手との対戦もあったが)あいつも頑張っていると思うので、僕も頑張って、4年生になってからもっと対戦できるようにしたいです。これからですね。(明日に向けて)何でもいいので勝ちたいです。

 

山本 泰寛(環2)

(今日の試合を振り返って)1年の加藤がいいピッチングをみせていたので、守備からリズムをつくることが出来ました。(久しぶりに法大に勝ったが)苦手意識を無くすことが大事なので、負けられないですし必死にやりました。(猛打賞の活躍だったが)加藤がリズムを作ってくれたのと、しっかりと繋ぐことを意識しました。(守備でも好プレーがあったが)しっかり守って加藤を助けたかったです。(今日の勝因は)昨日も今日も必死にやりましたが、今日負けると優勝への道が遠くなるので気合いが入りました。(明日に向けて)どういう試合になるか分かりませんが、しっかりと自分のプレーをしたいです。

 

横尾 俊健(総2)

(強敵・法政に勝利した気持ちは)本当にうれしいです。(法政相手に9連敗中だったが)特にそういった意識はありませんでした。(先制適時打を振り返って)何も考えずに打席に入りました。ヒットになってよかったです。(今季は好調を維持しているが)野球に取り組む姿勢をシビアにした結果だと思います。(明日に向けて)勝つだけです。

 

加藤  拓也(政1)

(今日の試合を振り返って)本当に勝てて良かったってのが第一で、そのなかで自分が勝利に貢献できたことが嬉しいです。(今カード2試合目の先発だが何か意識したことは)本当に始めから最後までキャッチャーの構えた所に丁寧に投げようってことを意識して、結局そこに最終的に投げ込めたことが勝利につながったと思います。(リーグ戦初勝利だがどんな気持ちか)本当に実感が湧かないというか、勝てたことに対して今は感じることはないんですけど、たぶん時間が経てば嬉しく感じると思います。(次の登板に向けて一言)どこで投げるかはわからないですけど、自分に与えられたところで勝利に貢献できるように頑張りたいと思います。

 

齋藤 大輝(商1)

 (今日の試合を振り返って)今日は絶対落とせない試合だったので、本当に勝てて良かったです。(今日の試合が大学初スタメン、どのような気持ちで臨んだか)最初は緊張したんですけれど、先輩の皆さんが声をかけてくださったので、気楽にプレーすることができました。(初回の長打の手応えは)最初「捕られるかな」と思ったんですけれど、落ちてくれたので本当に良かったです。(明日への抱負)勝負どころで僕が1本出して、ベンチでもサポートできるように頑張りたいと思います。

Leave a Response

Please note: comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.