慶應スポーツ新聞会

【野球】白星発進で優勝へ幸先のいいスタート フレッシュリーグ立大戦

11月5日(火)東京六大学秋季フレッシュリーグ立大戦 @明治神宮野球場

3安打を放った上田

優勝パレードの歓喜から一夜明け、これからの慶大を担う新人たちが出場するフレッシュリーグが開幕した。試合は点を取られては取り返すシーソーゲームとなったが、最後は攻守が噛み合った慶大が接戦を制した。フレッシュリーグ優勝へ向け幸先のいいスタートを切った。

 123456789
立大0000100102
慶大000002024

慶大バッテリー:小林、長谷川、渡部淳、○丸谷-中澤

立大バッテリー:川端、荘司、●栗尾、佐山-片山、黒岩陽

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)
1[5]上田寛太(商2・郡山)
2[D]朝日晴人(環1・彦根東)
3[7]山本晃大(総1・浦和学院)
4[9]萩尾匡也(環1・文徳)
5[3]綿引達也(商2・慶應)
6[6]宮尾将(商1・慶應)
7[2]中澤慎太郎(商2・法政二)
8[4]矢澤慶大(商2・慶應)
9[8]新美貫太(政2・慶應)
小林綾(環1・松本深志)
長谷川聡太(経2・慶應)
P渡部淳一(政1・慶應)
丸谷浩太郎(総2・國學院久我山)

慶大の先発は小林綾(環1・松本深志)。3回までは走者を許すものの、粘り強い投球で立大打線を抑え上々の立ち上がりを見せる。

しかし4回表、柴田、片山に連続四球を許し無死一、二塁、さらに犠打で1死二、三塁と好機を広げられる。それでも続く熊澤、稲葉を打ち取りこの回を無失点で切り抜けた。この流れを続けたい慶大だったが5回表、先頭の道原に四球を与えると続く寺嶋の内野安打で1死一、三塁のピンチを迎える。すると2番・田中大の右前安打で1点を先制されてしまう。

先発した小林

慶大の反撃は6回裏、この回からマウンドに上がった荘司を捉える。まず先頭の上田寛太(商2・郡山)が二塁打を放つと、続く朝日晴人(環1・彦根東)も遊撃手の野手選択で出塁。3番・山本晃大(総1・浦和学院)も冷静に四球を選び無死満塁の逆転の好機を迎える。この好機を生かしたい慶大は4番・萩尾匡也(環1・文徳)の左犠飛でまずは同点に追いつく。なおも1死一、三塁の場面で綿引達也(商2・慶應)も中犠飛を放ちこの回2点を奪い逆転に成功した。

2打点をあげた綿引

しかし逆転したのも束の間、8回から登板した丸谷の制球が乱れる。片山、吉岡に連続で四球を与えると死球もあり2死満塁に。すると9番・寺嶋の1球目、痛恨の暴投で同点に追いつかれてしまう。

一進一退の攻防が続く中、8回裏、慶大の攻撃へ。上田がこの日3安打目となる左前安打を放つと続く朝日も確実に犠打を決め1死二塁の好機を演出。3番・山本晃が適時三塁打で勝ち越しに成功。さらに一塁手の野手選択で三塁にいた山本晃が生還。この回2点を挙げ試合を決定づけた。

山本晃が勝ち越しの三塁打を放った

投手陣、野手陣ともに粘り強さを見せた慶大。少ない好機を確実に点につなげたことが今日の勝因と言えるだろう。接戦をものにしたこの初戦からさらに勢いに乗り優勝へ向け突き進んでほしい。

(記事:相川環、写真:澤田夏美、小嶋華)

◆打撃成績

   12345678
1[5]上田一ゴロ遊安右2左安
2[D] 朝日見三振二ゴロ遊野選投犠打
3[7]山本晃遊安三ゴロ四球左3①
4[9]萩尾中飛空三振左犠飛①四球
5[3]綿引空三振二直中犠飛①三野選①
7[6]宮尾遊失遊安二ゴロ二ゴロ
6[2]中澤併殺打死球中飛
8[4]矢澤見三振投犠打空三振
9[8]新美遊ゴロ併殺打中飛

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
小林5229034411
長谷川152911100
渡部淳131001000
〇丸谷2103802411

◆監督・選手コメント

宮田皓フレッシュリーグ監督(商4・慶應)

ーー今日の試合を振り返って

本当に理想の試合ができたかなと思っていて、ピッチャーが最少失点で粘ってくれてなんとかチャンスで1本出してくれたのですごく理想の試合ができたと思います。

 

ーー投手陣はいかがでしたか

なかなか簡単な状況ではなかったんですけど、ピンチでしっかり良いピッチングをしてくれてアウトを積み重ねてつないでいってくれた結果が勝ちにつながったと思います。

 

ーー初戦を白星で飾りました

優勝を目指してやっているので白星発進できて良かったです。

 

ーー次の試合に向けて意気込みをお願いします

1日空くのでしっかり準備して最高の状態で勝っていけるように頑張ります。

 

新美貫太(政2・慶應)

ーー今日の試合を振り返って

相手ピッチャーの川端投手が昔からリーグ戦で投げている非常にレベルの高いピッチャーである中で、ヒット2、3本、フォアボール1個というのは自分たちの実力が出た前半でした。ピッチャーが代わって少しずつヒットが出たりフォアボールで得点できて、4、5点取れたら慶應のピッチャーが2、3点で抑えるのは実力通りだと思うので、実力通りの結果が出たなと思います。

 

ーー8回に追いつかれた場面ではどのようなことを話されましたか

慶大が後攻でルールとしても9回打ち切りの試合で、引き分けだったらリーグ戦の順位が上のチームが上位になるので引き分けも勝ちであるというくらいの軽い気持ちでいこうかなと思っていましたが、他の選手に「それでは意味がない、負けと一緒だ」と言われて「そうだな」となって。そこからチームも勢いづいて山本晃大や上田寛太が打ってくれて勝ち越しできました。

 

ーー昨日リーグ戦が終わって、今日どのように臨まれましたか

去年の春優勝して、リーグ戦が終わった次の日のフレッシュリーグでボロ負けしてしまったことがあって。それを経験している今の2年生が「パレードが終わったらすぐ帰って明日の練習しよう」ということを1年生にうまく伝えられたのかなと思います。昨日の夜帰って「明日の朝練習しよう」と宮田フレッシュリーグ監督に言われた時も全員が「する」ということで、今朝6時頃に起きて練習してきました。

 

ーー次の試合に向けての意気込みをお願いします

神宮でプレーするのが最後になる2年生もいるかもしれないので、油断せず自分たちが今までやってきたことを試合で出せたらいいなと思います。

 

上田寛太(商2・郡山)

ーー今日の試合を振り返って

春のフレッシュの時からずっと下級生を見ていただいている4年生のスタッフにお世話になっていたので、その方々を胴上げしようという思いでみんなでずっと練習してきたのでそのなかで初戦が一番大事ということで取り組んできたのでこの一戦を勝てたことは本当に良かったなと思っています。

 

ーー昨日の優勝パレードが明けて、切り替えは大丈夫でしたか

前々からそういうことがあるというのはミーティングして切り替えはしっかりしようとか、疲労とかもあると思うけどそれは切り替えて頑張ろうという話をしていたので、そこは大丈夫でした。

 

ーー今日は猛打賞の活躍でした

自分が1番で塁に何回も何回も出てそこからチャンスが広がるものだと思ってるので、それをしっかり形に出来たのは良かったなと思います。

 

ーー次回に向けて意気込みをお願いします

あと2つ勝ち切って絶対に優勝して、お世話になった4年生の方々に恩返しできるようにしっかりと勝ちにこだわっていきたいと思います。

Tagged as: , , , , , ,

Comments are closed.