慶應スポーツ新聞会

【野球】エース・木澤が粘投を見せるも、引き分けに終わる 明大①

10月18日(日)東京六大学野球秋季リーグ戦 明大1回戦 @明治神宮野球場

8回2失点と力投した木澤

ここまで4戦全勝と波に乗っている慶大。今日の試合は、ドラフト会議で1位指名が予想される慶大・木澤尚文(商4・慶應)、明大・入江大生(政経4・作新学院)が先発し、見事な投手戦を見せた。序盤から両右腕は素晴らしい投球を見せ、スコアボードに0が並ぶ展開が続く。先に均衡を破ったのは慶大だった。4回裏、1死二、三塁で打席には福井章吾(環3・大阪桐蔭)。明大エース・入江の直球を振り抜くと、打球は左翼へ。値千金の犠飛を放ち、先制に成功する。その後も両右腕が好投を見せるが、7回表に慶大エース・木澤が2点を失ってしまう。しかし、慶大打線はこのままでは終わらない。9回裏、1死一塁で4番・正木智也(政3・慶應)が右前安打を放ち、右翼手の失策の間に一塁走者が生還し、同点に追いつく。その後、満塁の好機を迎えるが後続が絶たれてしまい、秋季リーグ戦の特別規則により引き分けで試合終了。勝ち点を分け合う結果となり、優勝争いはより熾烈になった

 123456789
明大0000002002
慶大0001000012

明大バッテリー:入江-植田

慶大バッテリー:木澤、生井-福井

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)
1[4]宮尾将(商2・慶應)
2[8]渡部遼人(環3・桐光学園)
3[3]廣瀬隆太(商1・慶應)
4[9]正木智也(政3・慶應)
5[5]下山悠介(商2・慶應)
H古川智也(環2・広島新庄)
6[2]福井章吾(環3・大阪桐蔭)
萩尾匡也(環2・文徳)
7[7]若林将平(環3・履正社)
7水久保佳幸(総4・慶應)
8[6]瀬戸西純(政4・慶應)
H植田響介(総4・高松商)
6朝日晴人(環2・彦根東)
H嶋田翔(環4・樹徳)
9[1]木澤尚文(商4・慶應)
H橋本典之(環3・出雲)
1生井惇己(総2・慶應)

慶大先発の木澤は1回を三者凡退に抑え、完璧な立ち上がりを見せる。2回表、死球と犠打で2死二塁のピンチを迎えるが、木澤は落ち着いていた。7番・陶山勇軌(商3・常総学院)を中飛に抑え、無失点で切り抜ける。3回表、無死一塁で9番・西山虎太郎(商2・履正社)が打席に立つと、西山は犠打の構えを見せる。2球目を空振りさせると、捕手・福井がすかさず一塁へと牽制球を投げ、走者を刺し、エースを好プレーで盛り立てる。木澤は4回にも走者を得点圏に許すが、明大の中軸を三振、中飛に抑え、得点を許さなかった。

エース・木澤の粘投に応えたい慶大打線は4回裏、先頭の廣瀬隆太(商1・慶應)、4番・正木が連続で安打を放つ。続く下山悠介(商2・慶應)が犠打で走者を進め、1死二、三塁で打席には福井。4球目の高めの直球を逆方向に上手く運び、先制の犠飛を放つ。

福井の犠飛で先制に成功した

先制点をもらった木澤は、6回まで69球、7奪三振と完璧な投球を見せたが、7回表に明大打線に捕まってしまう。先頭打者を四球で歩かせると、後続に左翼線への二塁打、中堅への犠飛などを浴び、逆転を許してしまった。

再び主導権を握りたい慶大打線だったが、7回、8回と明大エース・入江に三者凡退で抑えられ、万事休すかと思われた。しかし、ここまで全勝の慶大打線には底力があった。9回裏、先頭の渡部遼人(環3・桐光学園)が四球で出塁し、1死一塁となった場面で打席には4番・正木。初球の直球を逆らわずに右翼へ安打を放つと、右翼手がボールを後ろへ逸らし、その間に渡部遼が生還。土壇場で同点に追いつき、エース・木澤の黒星を消した。その後、明大ベンチは満塁策を選択し、一死満塁の好機を掴むが、明大エース・入江の執念が勝り、同点で試合終了。両エースが好投を見せたこの試合は、お互いに譲らず、引き分けとなった。

2安打で好機を広げた正木

8回2失点8奪三振の好投を見せたエース・木澤を中心とした投手陣。9回裏に絶体絶命の状態から同点に追い付き、引き分けに持ち込んだ野手陣。今日は惜しくも引き分けだったが、負けなかったことを誇りに思うべきだろう。「野球は9回から」とよく言われるが、まさにその通りとなった今日の試合。明日以降も最後まで粘り強く戦う慶大ナインが春の雪辱を果たし、今季こそ優勝してくれることは間違い無いだろう。

(記事:隅田一、写真:左近美月)

 

◆打撃成績

   123456789
1[4]宮尾中飛見三振一ゴロ遊飛
2[8]渡部遼左飛見三振空三振四球
3[3]廣瀬四球左安空三振捕邪飛
4[9]正木右飛左安三直右安
5[5]下山中飛投犠打三邪飛
古川
6[2]福井左飛左犠飛①中飛敬遠
萩尾
7[7]若林三安空三振二ゴロ
7水久保空三振
8[6]瀬戸西見三振空三振
植田中飛
6朝日
嶋田投ゴロ
9[1]木澤空三振見三振
橋本典左飛
1生井

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
木澤83010048222
生井141512000

◆選手コメント

正木智也(政3・慶應)

とにかく次の下山に繋ぐ意識で打席に入りました。初球から思い切っていけた事が結果に結びついたと思います。まだ試合は続くので、今日の試合をしっかり振り返って、明日の試合に臨みたいと思います。

 

東京六大学野球秋季リーグ戦順位表(10月18日時点)

 勝点勝率
1早稲田640251.000
2明大74125.800
3慶大54014.51.000
4法大62312.5.400
5立大50410.5.000
5東大70610.5.000

Tagged as: , , , , , ,

Comments are closed.