慶應スポーツ新聞会

【野球】「4年生のために」文元の一打で好発進 フレッシュトーナメント 立大戦

11月9日(月)東京六大学野球秋季フレッシュトーナメント立大戦 @明治神宮野球場

先発として試合を作った田中陸

熱気は一夜にして冷め、もう一つの六大学野球が幕を開けた。慶大は2回裏に小川尚人(環1・三重)の適時二塁打で幸先良く先制するも、5回表に立大の足を絡めた攻撃で立て続けに3点を失い、逆転を許す。しかし直後の5回裏、4番・文元洸成(環2・智辯和歌山)が2点適時二塁打を放ち同点に追いつくと、7回にも文元が勝ち越しの一打を放ちリードを奪った。その後は打線が繋がり、終わってみれば3-7と快勝。フレッシュトーナメント制覇に向けて幸先の良いスタートを切った。

 123456789
立大0000300003
慶大010020227

立大バッテリー:島田、●野口、石元、又吉-黒岩陽

慶大バッテリー:田中陸、○宮野、谷村然、駒形-宮崎、善波

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)
1[8]吉川海斗(法1・慶應)
2[5]奥村拓馬(商2・慶應)
3[4]青木大周(政2・慶應志木)
4大坪寛(経2・県立船橋)
4[7]文元洸成(環2・智辯和歌山)
小林遼也(商1・慶應)
7関展里(環1・慶應)
5[9]栗林泰三(環1・桐蔭学園)
9五十嵐孝起(環2・慶應湘南藤沢)
6[DH]黒田健伸(総2・慶應湘南藤沢)
7[2]宮崎恭輔(環1・國學院久我山)
H北村謙介(総1・東筑)
2善波力(商1・慶應)
8[3]小川尚人(環1・三重)
9[6]髙山起(総2・松本深志)
[1]田中陸(商1・攻玉社)
1宮野凛太郎(商2・慶應)
1谷村然(環1・桐光学園)
1駒形凌(総1・慶應)

歴史に残る激闘の末に敗れた早慶戦から一夜明け、もう一つの六大学野球ことフレッシュトーナメントが幕を開けた。下級生主体で戦う文字通りフレッシュな戦い。チームとして優勝を狙うのはもちろんのこと、選手個人としても結果を残して来季に向けてアピールをしたいところだろう。空席の目立つ神宮にはエネルギッシュな選手たちの声が響き渡っていた。慶大は立大、東大と戦い、その結果をもとに別ブロックの同順位チームと順位決定戦を行う。初戦の相手は立大。まずは初陣を勝利で飾りたいところだ。

試合が動いたのは2回裏だった。先頭の黒田健伸(総2・慶應湘南藤沢)が四球を選び出塁すると、1死から小川尚が中堅に鋭い打球を放つ。相手が決死のダイビングキャッチを試みるもボールはグラブをこぼれ、それを見た黒田は一塁から激走して一気に本塁生還。まずは慶大が先制に成功する。しかし、走者を許しながら粘投していた先発・田中陸(商1・攻玉社)が5回表に捉えられる。スクイズでまず同点とされると、安打と盗塁でチャンスを作られ、野選で勝ち越し。さらに、続く打者に適時二塁打を放たれ、この回あっという間に3失点。足を絡めたそつのない攻めで試合をひっくり返されてしまう。

黒田の好走塁が先制点を生んだ

嫌な流れが立ち込めたかに思えた直後の5回裏、4番が魅せる。髙山起(総2・松本深志)の安打、青木大周(政2・慶應志木)の四球で2死ながら一、二塁のチャンスを演出すると、4番・文元がバットを一閃。捉えた打球は右翼線深いところへと落ち、二者が生還。試合を振り出しに戻す大きな一打となった。勢いに乗る文元の活躍はまだまだ終わらない。7回裏、三連打で無死満塁の絶好期を迎え、文元が高めのボールをしっかりと捉える。打球は右翼手の前に弾み、三塁走者が悠々と生還。勝ち越しに成功した。

試合を決めた文元

その後は代打・北村謙介(総1・東筑)の押し出し四球、吉川海斗(法1・慶應)の適時三塁打、奥村拓馬(商2・慶應)の適時二塁打で効率的に得点を重ね、投げてはリリーフした宮野凛太郎(商2・慶應)、谷村然(環1・桐光学園)、駒形凌(総1・慶應)が無失点リレーで立大の反撃を許さなかった。終わってみれば3-7。終盤に強さを見せた慶大が優勝に向けて好スタートを切った。

奥村は猛打賞を記録

観客席では引退した4年生が時に立ち上がって声援を送るなど、グラウンドもスタンドも一体となって盛り上がりを見せていた。投打に層の厚さを誇る慶大の次戦の相手は東大。今のチームならば連勝で決勝進出を決めてくれるだろう。また、第1試合では早大が法大を撃破。因縁の相手は別ブロックを一位で通過することが予想される。チームを勝利に導いた文元は「4年生のためにフレッシュトーナメントこそは優勝したい」と熱い思いを口にした。負けたままでは終われない。4年生の敵討ちに闘志を燃やすフレッシュ慶大ナインが秋をもう一度だけ熱くする。

 

(記事:林亮佑、写真:松田真由子)

 

◆打撃成績

   12345678
1[8]吉川見三振右飛投犠打左安右中3①
2[5]奥村左中2二ゴロ中飛二安左2①
3[4]青木二飛空三振四球左安三飛
4大坪
4[7]文元四球四球右2②右安①四球
小林遼
7
5[9]栗林三ゴロ遊ゴロ右安空三振
9五十嵐右安
6DH黒田四球二ゴロ空三振三ゴロ一ゴロ
7[2]宮崎空三振遊ゴロ遊ゴロ
北村四球①
2善波右飛
8[3]小川尚右中2①遊ゴロ左安→盗塁死空三振
9[6]髙山空三振中安見三振三安
[1]田中陸
1宮野
1谷村然
1駒形

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
田中陸5248575131
○宮野272612000
谷村然131000000
駒形141702000

◆選手コメント

文元洸成(環2・智辯和歌山)

4年生のためにフレッシュトーナメントこそは優勝したいと思っているので、初戦を勝ち切れて良かったです。

Tagged as: , , , , , ,

Comments are closed.