慶應スポーツ新聞会

【野球】連日の二桁安打、投手陣の好投で連勝スタート 東大②

9月20日(月)東京六大学野球秋季リーグ戦 東大2回戦 @明治神宮野球場

渡部遼が3安打2打点1盗塁と存在感を発揮

前日16安打15得点で大勝発進した慶大が、連勝をかけて東大との第2戦に臨んだ。2回、2死二、三塁から渡部遼人(環4・桐光学園)が右中間を破る適時三塁打を放ち2点を先制すると、続く福井章吾(環4・大阪桐蔭)も適時打を放ち、この回3点を先行する。6回には代打・綿引達也(商4・慶應)が右翼席にソロ本塁打を放ち追加点を挙げた。投げては先発・増居翔太(総3・彦根東)から橋本達弥(環3・長田)への継投で東大打線を3安打1失点に抑え、春秋連覇に向けて連勝スタートを切った。

 
東大
慶大

東大バッテリー:●奥野、西山、小宗-松岡泰

慶大バッテリー:○増居、橋本達-福井

慶大本塁打:綿引1号ソロ(6回)

 

◆慶大出場選手

打順守備位置名前(学部学年・出身校)
[8]渡部遼人(環4・桐光学園)
萩尾匡也(環3・文徳)
[2] 福井章吾(環4・大阪桐蔭)
[3]廣瀬隆太(商2・慶應)
[9]正木智也(政4・慶應)
[5]下山悠介(商3・慶應)
[7]若林将平(環4・履正社)
R上田寛太(商4・郡山)
橋本典之(環4・出雲)
7、8新美貫太(政4・慶應)
[4]古川智也(環3・広島新庄)
[6]朝日晴人(環3・彦根東)
[1]増居翔太(総3・彦根東)
H綿引達也(商4・商)
橋本達弥(環3・長田)

春秋連覇、そして大学4冠へ向けて連勝発進を切りたい慶大の先発は、全日本大学野球選手権で最優秀投手賞に輝いた増居。対する東大は、春の法大2回戦で先発し、勝利の立役者となった奥野雄介(文4・開成)が先発のマウンドに上がった。

増居は6回無失点と好投

試合が動いたのは2回、先頭の若林将平(環4・履正社)が四球を選び、朝日晴人(環3・彦根東)の安打などで2死二、三塁のチャンスを作る。ここで1番・渡部遼が右中間をライナーで破る当たりを放ち、快足を飛ばして三塁へ到達すると、続く2番・福井も中堅にはじき返し、この回3点を先制する。

しかしその後は、東大先発・奥野、2番手・西山慧(工3・土浦第一)の前にチャンスを作るも追加点を奪えない展開が続く。それでも慶大先発・増居が6回2安打無失点の好投で反撃を許さず、試合は後半戦に突入する。

笑顔でベースを一周した綿引

待望の追加点は6回、先頭の代打・綿引が初球を振り抜くと、打球は右翼席へ。リーグ戦初本塁打となるソロ本塁打を放ち、4点目を加えた。7回からは2番手・橋本がマウンドへ上がる。最終回に自らの悪送球で1点こそ失ったものの、3回を1安打に抑える好投を見せ、リードを保ったままゲームを締めくくった。

リーグ戦自己最長となる3回を投げ切った

好調な打撃陣が連日の2桁安打を記録し、投手陣も2試合18イニングを2失点にまとめる活躍と投打がかみ合った慶大は、東大に連勝し最高のスタートを切った。次戦は昨季3位の明大と激突する。第1戦は難敵・竹田祐(4年)の先発が予想され、昨季リーグトップのチーム打率を誇る打撃陣にも注意を払う必要がある。序盤に先制し、強力投手陣の継投で逃げ切る得意の形に持ち込みたいところだ。

(記事:宮崎秀太、写真:林亮佑)

 

◆打撃成績

 
渡部遼四球右中3②右安中安左飛
萩尾
福井空三振中安①捕ゴロ野選左飛四球
廣瀬三ゴロ遊ゴロ中飛左安右飛
正木四球二飛遊飛三ゴロ中安
下山二ゴロ中安中飛中飛四球
若林四球二飛三ゴロ失
上田
橋本典四球
新美三ゴロ
古川一邪飛左2二ゴロ遊ゴロ
朝日右安空三振空三振左飛
増居投犠打捕邪飛
綿引右本①
橋本達遊ゴロ

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
増居6239627200
橋本達3113511210

◆選手コメント

渡部遼人(環4・桐光学園)

接戦でしたが、守備・攻撃共に粘り強く戦えたと思います。また、1番打者としての仕事を果たすことができたかなと思います。次戦も難しい相手ですが、自分のできるプレーを最大限発揮できるように頑張ります。

Tagged as: , , , , , ,

Comments are closed.