男子ラクロス

2018年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】下級生中心のメンバーで最終戦勝利!選手層の厚さ見せる/関東学生ラクロスリーグ戦 明大戦

すでに進出を決めているFINAL4をちょうど2週間後に控える中、下級生を多く含むBチームのメンバーで試合に臨んだ慶大。最初のFOから池垣陽介(商4・慶應)が自力でゴールを決めて先制点を奪う。1Qはその後もMD添田大生(法1・慶應)らのゴール...
2018年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】大差で勝利も、後半に失速/関東学生ラクロスリーグ戦 武蔵大戦

8点差の大敗を喫した東大戦から2週間が経ち、第4戦となる武蔵大との試合に臨んだ。前半はG杉本健(経4・慶應)のファインセーブやMD山本陽亮(商4・長野)らの安定した守備で、無失点に抑える。一方攻撃でも落ち着いたパス回しから、AT立石真也(政...
2018年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】関東制覇へ暗雲、東大に屈辱の大敗/関東学生ラクロスリーグ戦 東大戦

ここまで2戦2勝と勢いに乗っている慶大。確実に勝利したい第3戦は東大との対戦となった。中居諒介(経3・慶應)の豪快なランシューで先制点を奪う絶好の滑り出しを見せるも、その後は再三の決定機を逃しなかなか得点を奪えない。逆に、東大は様々なシュー...
2018年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】1Qのリード守り、開幕2連勝!!/関東学生ラクロスリーグ戦 日体大戦

開幕戦で一橋大に勝利した慶大は、日体大との2戦目に臨んだ。試合は1QにMD川上拓純(経4・慶應)が先制点を挙げると、AT浅岡大地(文3・慶應)、AT立石真也(政2・慶應)が続き4点のリードを作る。しかし、2QにAT立石がゴールを決めて以降は...
2018年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】大事な初戦、前半苦しみながらも差をつけ快勝/関東学生ラクロスリーグ戦 一橋大戦

いよいよ関東リーグが開幕。初戦は一橋大との対戦となった。MD菊岡達(経4・慶應志木)のシュートで先制点を奪うが、相手のスピードを生かした攻撃に苦しみ、2Q途中まではリードされる時間が続く。しかし2Q終盤に勝ち越すと、徐々に慶大の流れに。後半...
2018年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】リーグ戦開幕前企画第3弾!主将副将対談(浅岡×杉本×一瀬)

リーグ戦開幕前企画第3弾は浅岡大地主将(文3・慶應)、杉本健副将(経4・慶應)、一瀬拓也副将(法4・慶應)による対談をお届けする。プレー面でもプレー以外の面でも今季のチームを引っ張っていく3選手がいま考えていることとは――ラクロスに対する思...
2018年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】リーグ戦開幕前企画第2弾!DF陣対談(脇本×天野×宮越×川名)

リーグ戦開幕前企画第2弾はDF陣による対談をお届けする。脇本堅太(総3・慶應NY)、天野泰明(法3・慶應湘南藤沢)、宮越陸人(理2・慶應)、川名隆公(経2・慶應)にお話を伺った。今季だけではなく来季以降のラクロス部を支えていくであろう、これ...
2018年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】リーグ戦開幕前企画第1弾!AT陣対談(浅岡×小笠原×小林×立石)

関東学生ラクロスリーグ戦がいよいよ開幕する。男子ラクロス部は「UNITE」というスローガンを掲げ、悲願の日本一を目指す。ケイスポではよりリーグ戦を楽しむために、選手たちへのインタビューを全3回にわたってお届けする。第1弾はチームの攻撃を支え...
2018年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】宿敵相手に大差で力負け/第26回早慶ラクロス定期戦

太陽が強く照り付ける日吉陸上競技場で、今年も早慶ラクロス定期戦が行われた。開始早々にAT立石真也(政2・慶應)が先制点を奪うと、1Qでは一進一退の攻防が続く。2QでもAT小笠原圭允(商4・慶應)、MD山本陽亮(商4・長野)がシュートを決める...
2017年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】<4年コメント集>シーズンを終えて 第三弾

仲川悠樹(政4・慶應NY) (Stealersとの戦いを振り返って)強かったです。ですが、全然勝てる試合でした。来年後輩たちにリベンジして欲しいと思います。
2017年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】<4年コメント集>シーズンを終えて 第二弾

杉山達也(経4・都立日比谷) (Stealersとの戦いを振り返って)シュート精度の部分で負けたと思っています。僕自身も2本外したことを今でも後悔しています。
2017年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】<4年コメント集>シーズンを終えて 第一弾

井上裕太(経4・慶應義塾) (Stealersとの戦いを振り返って)不謹慎かもしれないが、あの緊張感の中ラクロスを出来たのは楽しかったです。出来ればもっとやりたかったです。(今シーズンはどのような1年でしたか)とにかく苦しかったです。(慶大...
2017年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】社会人相手に力負け、日本一には一歩届かず/全日本ラクロス選手権大会 VS Stealers

今年も全日本の舞台に駒を進め、全国クラブ2位のStealersとの対戦に臨んだ。1Qでは相手ディフェンスに苦戦しながらもAT井上裕太(経4・慶應義塾)、AT浅岡大地(文2・慶應義塾)、AT立石真也(政1・慶應義塾)ら攻撃の要が次々と得点を決...
2017年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】全日本大学選手権連覇!!しかし満足できる内容からは未だ遠く/全日本ラクロス大学選手権大会VS阪大

関西リーグ1位の大阪大学との、大学日本一を決める重要な一戦。試合開始早々、MD川崎元照(政3・慶應義塾)が先制点を奪い、慶大が勢いに乗る展開となる。しかし2Qは阪大の反撃に遭い、苦しい時間帯が続く。そこをG杉本健(経3・慶應義塾)をはじめと...
2017年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】走攻守で相手を圧倒!危なげなく決勝進出/全日本ラクロス大学選手権大会 VS南山大

関東から全国へ戦いのステージを移した慶大ラクロス部。準決勝の相手は、東海リーグ1位の南山大だ。試合は、序盤からAT浅岡大地(文2・慶應義塾)とAT立石真也(政1・慶應義塾)が大暴れ。1Qから一気に5点を奪う。2Qでは攻撃陣の息が乱れミスから...
2017年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】宿敵・早大にリベンジ果たし、全国の舞台へ!/関東学生リーグ戦FINAL VS早大

一橋大との死闘を制し、FINALまで勝ち進んだ慶大。対戦相手は、リーグ開幕戦でダブルスコアの大敗を喫した宿敵・早大。是が非でもリベンジを果たし、全国の舞台に進みたいところだ。試合は、主将・AT井上裕太(経4)の2得点などで慶大が先制するも、...
2017年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】劇的勝利でFINALへ!/関東学生リーグ戦 VS一橋大

約1か月ぶりのリーグ戦。FINAL4は一橋大学との対戦となった。MD川崎元照(政3)が先制点を決め、幸先よくスタートしたかに思われたが、連続失点が続き4点ビハインドで前半を終える。目標である日本一へ向けて早くも暗雲が立ち込めたが、後半に入る...
2017年度 その他

【ラクロス(男子)】勝利も好機生かせず、格下相手に苦しい戦い/関東学生リーグ戦 VS法大

秋晴れの青空の下、日吉陸上競技場でリーグ戦最終戦が行われた。FINAL4進出が決定している慶大男子ラクロス部にとっては、試合内容が重視される一戦だ。1Qで3点をリードする絶好の滑り出しとなったが、中盤は打倒早慶を掲げる法大にペースを握られ、...
2017年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】王者の実力見せつけた!快勝でFINAL4進出決定!/関東学生リーグ戦 VS成蹊大

勝利すればFINAL4進出となる重要な一戦。試合開始から、エンジン全開で相手ゴールを襲う。MD川崎元照(政3)やMD松平悠希(経3)ら中盤の選手が口火を切ると、それに鼓舞されるかのようにAT陣が奮起。また、守りでもマンマークの強さを存分に発...
2017年度 男子ラクロス

【ラクロス(男子)】また一勝!守護神杉本、神ワザセーブ連発/関東学生リーグ戦 VS明大

日本一を懸けて、一戦も落とせない慶大男子ラクロス部の第3戦が行われた。慶大は序盤から「入りの悪さ」が露呈し、相手に先制点を許してしまう。MF矢島荘太郎(経4・長生高)、AT立石真也(政1・慶應義塾高)、MF杉山達也(経4・都立日比谷高)らが...
タイトルとURLをコピーしました