慶應スポーツ新聞会

【野球】 見事逆転勝ちを披露 勝ち点2で時代は令和へ 法大③

4月29日(月)東京六大学春季リーグ戦 法大3回戦 @明治神宮球場

勝ち越しの3点本塁打を放った柳町

 宿敵・法大へ意地と意地のぶつかり合いが予想される法大3回戦は前半慶大がリードを許す展開となった。先発・髙橋佑樹(環4・川越東)がソロ本塁打と3点本塁打を放たれ、3回までに4点差をつけられる展開となったが、5回裏に正木智也(政2・慶應)の2点本塁打、6回裏には柳町達(商4・慶應)の勝ち越し3点本塁打が飛び出し7対4で見事勝利し、法大から勝ち点をあげた。

 123456789
法大0130000004
慶大00103300X7

法大バッテリー:高田孝、●三浦、内沢―渡邊

慶大バッテリー:髙橋佑、○増居、髙橋亮、佐藤―郡司   

法大本塁打:毛利1号ソロ(2回)、安本3号3ラン(3回)

慶大本塁打:正木号2ラン(5回)、柳町1号3ラン(6回

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)
1[5]柳町達(商4・慶應)
2[8]渡部遼人(環2・桐光学園)
3[9]中村健人(環4・中京大中京)
4[2]郡司裕也(環4・仙台育英)
5[ 7 ]正木智也(政2・慶應)
6[3]嶋田翔(環3・樹徳)
7[4]小原和樹(環4・盛岡三)
8[6]瀬戸西純(政3・慶應)
9[1]髙橋佑樹(環4・川越東)
H橋本典之(環2・出雲)
1増居翔太(総1・彦根東)
H若林将平(環2・履正社)
R杉本京平(理4・中央中等教)
1髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)
1佐藤宏樹(環3・大館鳳鳴)
 

1勝1敗で迎えた第3戦。勝ち点奪取のためには絶対に負けられない戦いが神宮で繰り広げられた。先発投手を任されたのは第1戦で法大打線を8回自責点0に抑え込み、勝ち投手となった髙橋佑。 初回、2番・福田に四球を許すも、無失点で上々の立ち上がりを見せる。先制点を取りたい慶大はその裏、先頭打者・柳町が左前安打で出塁するも、後続が倒れ無得点に終わる。 先制したのは法大。2回表、7番・毛利に3ボール1ストライクから真ん中からやや外に外れたスライダーをバックスクリーンに運ばれ、失点を許してしまう。 その裏、正木が右前安打で出塁をすると、昨日本塁打を放った嶋田翔(環3・樹徳)が犠打で正木を二塁に送り得点圏に走者を進める。しかし、ここは後続が逃三振、一ゴロに倒れ得点の機会を失う。

 

3回表、先頭打者・高田孝に中前安打、宇草に右前安打と連打を浴び、犠打で1死二、三塁とされるとこの日3番に抜てきされた安本に甘く入った変化球を左翼席に運ばれ、さらに3点を許してしまう。 その裏、先頭打者・髙橋佑が振り抜いた当たりはセンターへ。打球は運よく中堅手の前にも落ち、もたついている間に髙橋佑は一気に二塁へ進み、無死二塁の好機を演出する。続く柳町も左前安打を放ち無死一、三塁へと広げると、今季ここまで10打数無安打だった渡部遼人(環2・桐光学園)の適時打が飛び出し、まずは1点を返すことに成功する。 郡司の死球もあり2死満塁で迎えるは6番・嶋田。フルカウントからのー球目、見逃せばボールとなる外角低めの直球に手を出し空三振に倒れ、この回の得点は1点で攻撃を終えた。

増居はリーグ戦初勝利をあげた

5回表から登板したのはルーキー・増居翔太(総1・彦根東)。好調の法大・安本に二塁打を放たれるものの後続を断ち、慶大に流れを呼び込む。 その裏の慶大の攻撃は、先頭打者・柳町が四球で出塁すると、渡部遼の打席で捕手がボールをこぼした隙にすかさず二塁へ進塁する。打席の渡部遼も中前安打を放ち、すかさず盗塁で進塁。1死二、三塁の場面で迎えるは主将・郡司裕也(環4・仙台育英)。4番として何とか走者を返したいこの場面は堅実に犠飛を放ち、まずは1点を返す。なおも好機の場面で打席を迎えた正木は3球目、低めのスライダーをすくい上げ振り抜いた打球は高く上がりそのままバックスクリーンへ飛び込む。正木にとってリーグ戦初本塁打となる2点本塁打が飛び出し、同点に追いつくことに成功する。

同点となる2点本塁打を放った正木

慶大の攻撃は止まらない。同点のまま迎えた慶大は6回裏、先頭打者・小原和樹(環4・盛岡三)が左前安打で出塁し、代打・若林将平(環2・履正社)も左前安打を放ち1死一、三塁の好機を演出する。ここで打席は柳町に回る。法大エース・三浦のストレートを振り抜いた打球はライト方向へ。打球はそのままスタンドに飛び込み値千金の3点本塁打で勝ち越しに成功する。

2回2/3を投げ抜いた髙橋亮

7回から登板したのは髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)。抜群の安定感を見せ、法大打線を9回2死まで1安打無失点に抑え、最後のアウトを佐藤宏樹(環3・大館鳳鳴)に託す。その佐藤が最後の打者を空三振に仕留め試合終了。法大から勝ち点をもぎ取った。

前半に4失点するも、粘り強く得点を重ね「逆転勝ちの慶應」を披露した慶大。5回表から登板した増居が上手く流れを呼び、正木、柳町の本塁打へとつないだ。見事リーグ戦初勝利を挙げた若き左腕が大きな戦力となることを確かめられた試合でもあった。打線も柳町が今季は好調でリーグ通算100安打まであと5本にまで迫っている。

平成最後となったリーグ戦を慶大らしい勝ち方で飾り、来週からは東大相手に令和最初のリーグ戦を迎えることになる。新たな時代の幕開けにどんな試合が待っているか。時代は令和へ。慶大野球部の戦いは続く。

(記事:小林歩 写真:菊池輝、竹内大志)

◆打撃成績

   12345678
1[5] 柳町左安左安四球右本③
2[8]渡部遼右飛右安①右安遊ゴロ
3[9]中村左飛空三振空三振逃三振
4[2]郡司二ゴロ四球中飛①右飛
5[7]正木右安遊飛中本②右飛
6[3]嶋田投犠打空三振中飛三ゴロ
7[4]小原逃三振遊飛左安遊ゴロ
8[6]瀬戸西一ゴロ空三振二ゴロ右飛
9[1]髙橋佑中2
H橋本典空三振
1増居
H若林左安
R杉本
1髙橋亮左飛

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
髙橋佑4186055444
増居272513000
髙橋亮2 2 / 3114113000
佐藤1 / 31501000

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督 

ーー率直に今の感想をお願いします

めちゃくちゃ良かったです。昨日もしんどかったし、4点ビハインドでしたが、三浦くんを引っ張り出して2イニング投げさせたのが、結果的に今日の勝利に繋がったと思います。

ーー先発・高橋佑選手が4失点するという前半でした

昨日もそうだけど、貯めてホームランという一番痛いホームランになってしまいました。うちはそれをやり返したのですが。そういうのはふせいでほしいですね

ーー正木選手の同点本塁打を振り返って

1点を取って、その後点が入りそうで入らなかったけど、また2回目のところで郡司が犠牲フライを打って、その後正木の同点本塁打で5回裏の攻撃だったから振り出しに戻したというより、6対4でうちが有利かなという感じでしたね。

ーー柳町選手の勝ち越し3点本塁打を振り返って

ああやってリードする展開はなかなか昨日もなかったので、その流れを呼び込んだのは増居がしっかり抑えてくれたのが大きかったですね。

ーー柳町選手は今季絶好調です

評価も何も、郡司と柳町はうちの看板選手、1年から出場している選手として、そこはある程度やってくれないとという思いでやってます。ただ、その期待にしっかりと応えてくれているのは流石だと思います。

ーー増居選手、髙橋亮選手、佐藤選手という継投で4回以降は無失点でした

うちの今持つ駒をしっかり使って、抑えてくれたと思います。

ーー法大相手に勝ち点を取りました。どんなカードでしたか

本当にいい選手がたくさんいる中で選手もしんどいと思うのですが、それにひるまずに戦ってくれたので頼もしかったです。

ーー次の東大戦に向けて

別にここで一息つくわけではなくて、自分たちのやろうとしていることを油断せずに最初から出していきたいです。

 

郡司裕也主将(環4・仙台育英)

ーー平成最後の試合を勝利で飾りました。率直な感想を

今日勝つのと負けるのとでは本当に天国と地獄くらいの差があると思っていたので、勝ててとてもうれしいです。

ーー法大先発の高田投手の攻略法について、なにかチーム内で話し合われたことは

良い投手なので、基本的なことではありますが、ボール球を振らないことを意識していました。

ーーご自身の打撃については

なかなか状態が上がらない中で今日を迎えてしまいましたが、東大戦までに何とか調整して、調子を上げていきたいと思います。

ーー今日先発の髙橋佑樹投手について

前回に比べると少しボールの質が落ちてしまっていてなかなか厳しい状態ではあったのですが、彼は1回戦で頑張ってくれたので…。次は頑張ってほしいなと思います。

ーーその後の継投については

昨日に続き、2番手以降の投手たちも頑張ってくれました。彼らの活躍は大きかったと思います。

ーー増居投手は初勝利を挙げました

ピッチングもマウンドさばきもルーキーらしからぬ落ち着きぶりで、頼もしいです。

ーー今日は0ー4からの逆転勝利でした

うちはビハインドになってからの方が勢いがあります。もちろん、本当はビハインドの場面は作りたくないのですが(笑)。劣勢になっても全く諦めないチームなので、次からも頑張っていきたいです。

ーー法大との試合は今季も3戦目までもつれましたが

これは想定内といいますか、毎年法政大学さんには苦しめられているので…(笑)。今日はギリギリで勝つことができてよかったです。

ーー最後に、来週の東大戦に向けての意気込みを

法大戦の喜びは今日の夜までにして、次に対戦する東大の分析をしっかりして、ぶっちぎりで2連勝して勝ち点3つ目を取りたいと思います。

 

柳町達副将(商4・慶應)

ーー今日の試合を振り返って

しっかり勝ち点をとれたというのが大きいです。苦しい試合だったけど勝ち切れてよかったと思います。

ーー自身の本塁打の場面は

しっかりファーストストライクから振っていこうという意識だったので、それがああいう結果になってよかったです。久しぶりに大きい当たりが出たので正直自分でも驚いています。

ーー本塁打以外でも打撃で存在感を発揮していました

やっぱり1番は出塁するのが仕事なので、それがしっかりできました。

ーー昨日と同じで4点を追いかける展開でした

4点差ではありましたけど、序盤だしまだ取り返せる、みんなでいけるぞ、という雰囲気はあったかなと思います。

ーー2カード連続で勝ち点を挙げています

出ているメンバーがしっかりできているというのはもちろん、裏方のサポートメンバーも含めた全員が役割を持って勝ち切るという姿勢が出ていると思います。

ーー通算100安打が現実味を帯びてきました

周りから嫌ほど言われるので、意識せざるを得ないんですけど、試合になったらチームの勝ちに繋がる一本を、です。100安打はできるだけ早く達成できるようにやっていきたいです。

ーー今後に向けて

長いリーグ戦はまだ序盤なので、ここで浮かれるのではなく、また気を引き締めて次のカードに挑みたいです。

 

正木智也(政2・慶應)

ーー今日の試合を振り返って

序盤4点取られたんですけど、チームの中で絶対終盤に逆転できる自信があって、無駄な1点を取られないという思いで守備をして、最後チャンスで打ち、同点にできて、その後達さん(柳町)が3ランを打ってくれて勝てたので良かったです。

ーー5回のホームランを振り返って

前の打席でチャンスで凡退してしまってホームランを打った打席の前に郡司さんが近寄って来てくれて、「あんまり気負い過ぎるなよ」と言ってくれたので、緊張がとれていい感じに力が抜けて打席に入ることができ、そのおかげで打てたホームランだなと思います。

ーー打席に入るとき意識したことはありましたか

その前の打席でチャンスで打てていなかったので絶対に二塁ランナーの遼人(渡部遼)を返す気持ちで、ランナーが遼人だったのでヒットを打てば絶対ホームに帰ってくれると信じてヒットを出すってことだけを考えて打席に入りました。

ーー今期ここまでを振り返って

ヒットは毎試合出ていて調子はいいと思うんですけど、今まで長打が出てなくて今日やっと長打が出たので、これから東大戦、明治戦、早稲田戦がありますけどこれを維持するのではなくてもっと調子を上げていけるように頑張りたいと思います。

ーー次の試合に向けて意気込みをお願いします

今日いい感じで勝てたのでこの雰囲気のまましっかり練習してメンバーもメンバー外も一丸となって東大に向かっていきたいと思います。

 

渡部遼人(環2・桐光学園)

ーー今日の試合を振り返って

序盤は厳しい展開だったのですが、常に粘っていこうとみんなで話していたので、慶應らしい勝ち方ができたと思います。

ーー昨日の敗戦からどう切り替えましたか

昨日の負け方としては初回に大量失点して追いつけずという形だったのですが、最終回まで相手を追い詰められたことは大きかったのでプラスに捉えて今日の試合を迎えました。

ーーリーグ戦ここまでヒットがなかった中、今日は2安打でした

チームに迷惑ばかりかけていたので一本出てやっとホッとしました。これから迷惑かけた分取り返していけたらいいなと思っています。

ーー2打席目のタイムリーはいかがでしたか

一、三塁の場面だったので最悪転がせたらいいかなと思っていたのですが、その結果抜けてくれたので良かったです。

ーー今日は2年生が多く活躍した試合でした

監督から期待していただいている分、前日も夜に2年生全員でバッティング練習をして試合に臨んだりしているので、4年生に迷惑をかけないように、自分のできることをしていこうという意識をみんな持っていると思います。

ーーこれからのリーグ戦をどう戦っていきたいですか

今日勝って優勝が決まったわけではないので、これから東大、明治、早稲田でしっかり勝ち切って完全優勝できるようにしっかり準備していきたいです。

 

若林将平選手(環2・履正社)

ーー今日の試合を振り返って

1試合目も2試合目もホームランなどで先制されて厳しい展開でしたが、追いついて追い越してと、慶應らしい野球ができたかなと思います。

ーー先制されてから追い上げる展開でベンチの雰囲気はいかがでしたか

最後まで諦めずというか後半勝負というのは自分たちもわかっていたので、4点取られて少し焦りはありましたがやることに変わりはなかったので、ベンチはいいムードでした。

ーー打席が回って来たときの心境は

その前に正木が打って、あまり調子の良くなかった2年の渡部遼も打って、今日は2年生が活躍する日だなということで、自分も何とか打ちたいなと思いました。

ーー安打を打った後のお気持ちは

バットが折れてしまってヒットを打って、微妙な感じになりましたが、ヒットを打てたことはうれしかったです。

ーー今季の目標を教えてください

代打での出場機会が多くなると思うのですが、与えられたチャンスで毎回毎回打てるように準備をして代打で打ちたいと思います。

ーー次の試合に向けて意気込みをお願いします

チームも良いムードで良い形で勝てているのでそのままの勢いで、やることをやれば絶対に負ける相手ではないので、やるべきことをやるだけだと思います。

 

増居翔太(総1・彦根東)

ーー今日の投球を振り返って

昨日のように腕を振ってストライクゾーンにどの球も投げ込めたのが良かったのかなと思います。

ーー神宮のマウンドには慣れましたか

最初に感じた違和感はなく、昨日、今日はすんなり入ることができて、少しずつ慣れてきたのかなと思います。

ーー苦しい展開での登板となりましたがどのような気持ちで臨みましたか

展開はあまり気にし過ぎないようにしました。後ろに投手もたくさんいるので思い切って腕を振って、1人1人打者を抑える、それが流れにつながったら良いかなと思って投げました。

ーー同点に追いついてからの投球を振り返って

最初の方はボールがバラついていたりしたんですけど、しっかりそこで初心に戻って、腕を振るということを意識して投げられたので、それが良かったのかなと思います。

ーー今後のリーグ戦に向けて

今後もどのような持ち場で投げるのかは分からないんですけど、1年生らしく思いつめ過ぎずに思いっきり腕を振って、ストライクゾーンで勝負して、その結果がチームに良い影響を与えられるように頑張っていきたいと思います。

 

〜今季のこれまでの戦い〜

Tagged as: , , , , ,

Comments are closed.