慶應スポーツ新聞会

【野球】柳町だ!郡司だ!津留﨑だ!投打においてドラフト指名選手が躍動し破竹の7連勝! 明大①

10月19日(土)東京六大学野球秋季リーグ戦 明大1回戦 @神宮球場

今季1号の本塁打が飛び出した柳町

法大との天王山を制し全勝中の慶大は、春に優勝を果たした明大と対戦。初回に3番・柳町達(商4・慶應)の2点本塁打で先制する。直後の裏で1点を失い、明大の反撃に遭うも、5回に2点も追加し、強力なリリーフ陣でそのまま逃げ切った。慶大は、投打において安定した活躍を見せ、連勝を7に伸ばした。

 123456789
慶大2000200004
明大1000000001

慶大バッテリー:○髙橋佑、髙橋亮、津留﨑、石井―郡司

明大バッテリー:●伊勢、入江―蓑尾、西野

慶大本塁打:柳町1号2ラン(1回)

◆慶大出場選手

 ポジション選手名(学部学年・出身高校)
1[9]中村健人(環4・中京大中京)
2[5]下山悠介(商1・慶應)
3[8]7柳町達(商4・慶應)
4[2]郡司裕也(環4・仙台育英)
5[7]正木智也(政2・慶應)
8渡部遼人(環2・桐光学園)
6[3]福井章吾(環2・大阪桐蔭)
3嶋田翔(環3・樹徳)
7[4]小原和樹(環4・盛岡三)
8[6]瀬戸西純(政3・慶應)
9[1]髙橋佑樹(環4・川越東)
1髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)
1津留﨑大成(商4・慶應)
1石井雄也(商4・慶應志木)

法大との天王山を制し6連勝と波に乗っている慶大。勢いそのままに初回から相手先発の伊勢に襲い掛かる。先頭打者の中村健人(環4・中京大中京)の四球と2番・下山悠介(商1・慶應)の犠打で1死二塁の好機を作ると、先日のプロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから5位指名を受けた3番・柳町達(商4・慶應)が登場。「初球から振っていこう」という言葉通り、初球を振りぬくと、打球は低い弾道でセンターのバックスクリーンに。2点本塁打という最高の結果で幸先良く先制に成功する。2点の援護を受けて、直後の裏でマウンドに登ったのが先発・髙橋佑樹(環4・川越東)。今季先発したリーグ戦3試合で初回に失点を許していなかったが、先頭打者に四球を許し、盗塁を決められると、好打者の2番・添田に右前適時打を打たれ、1点を返される。

髙橋佑は待望の今季初白星を挙げた

その後、両先発とも走者を出すも、粘りの投球を披露し、スコアボードにゼロが並ぶ。膠着状態が続く中、5回に再び試合が動く。3番・柳町と中日ドラゴンズから4位指名を受けた4番・郡司裕也(環4・仙台育英)による連打で無死二塁・三塁の状況を作ると、直後の5番・正木智也(政2・慶應)に対する2球目が暴投となり、柳町が本塁に帰還。1点を追加する。このまま畳みかけたい慶大は、6番・福井章吾(環2・大阪桐蔭)の犠飛でさらに追加点を奪った。

小原も現在3割6分と安定した結果を残している

今日の慶大投手陣にとって点差は3点で十分だった。6回に髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)、7回と8回に津留﨑大成(商4・慶應)が無失点に抑えると、最終回に登板した石井雄也(商4・慶應志木)が最後の打者を三振に仕留め、ゲームセット。本格派の4年生投手陣による勝利の方程式で逃げ切りに成功し、連勝を7に伸ばした。

今日も安定した投球を披露した津留﨑

少ないチャンスをものにし、接戦を勝ち切った慶大。2点本塁打を放った柳町、5回の好機を広げる二塁打を打った郡司、2回無失点の好投を披露した津留﨑など、先日のプロ野球ドラフト会議で指名を受けた選手の活躍が目立った。しかし、圧倒的なタレントを持つ選手を複数擁して、簡単に勝てるほど野球というスポーツは甘くはない。特に終盤に入ったリーグ戦では、ますますチームの団結力というのが求められるだろう。

 

明日、明大の先発は、広島東洋カープからドラフト1位指名を受けた森下と予想される。「チーム全員で攻略できるような気持ち」(大久保秀昭監督)を持って挑んでほしい。春の雪辱を果たすまであと1勝。

 

(記事:萬代理人、写真:澤田夏美、左近美月)

◆打撃成績

   123456789
1[9] 中村健四球空三振死球三ゴロ二ゴロ
2[5]下山投犠打中安空三振死球右安
3[8]7柳町中本②右飛中安遊ゴロ三飛
4[2]郡司四球二ゴロ右2遊飛四球
5[7]正木四球投ゴロ空三振
8渡部遼投ゴロ遊飛
6[3]福井空三振二飛左犠飛①
3嶋田見三振空三振
7[4]小原右安右飛左中2空三振
8[6]瀬戸西遊ゴロ死球投ゴロ一失
9[1]髙橋佑空三振捕犠打空三振
1髙橋亮
1津留﨑投犠打
1石井

◆投手成績

 投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
○髙橋佑5 1/3228843311
髙橋亮0 2/331611000
津留﨑272113000
石井141411000

◆監督、選手コメント

大久保秀昭監督

――今日の試合を振り返って

先制できたのが大きかったです。もう少し取るべきところで取ってほしかったですが、一点に収まったので、その後よく粘ったと思います。

 

――投手陣を今日も安定していました

郡司がしっかりリードをしてくれています。今日は4年生が登板しましたけど、しっかり経験値をつなげてくれているかなと思います。

 

――一塁手には嶋田選手ではなく福井選手を起用しましたが、どういう意図がありましたか

こっちがやっているので(笑)深く言うことではないと思います。

 

――明日に向けての意気込み

先勝したのは大きいです。明日は森下ですが、春の雪辱をなんとか果たしたいという気持ちは全員一致していると思います。森下一人に対しチーム全員で攻略できるような気持ちを出してほしいです。

 

郡司裕也主将 (環4・仙台育英)

――初回の先制点で勢いに乗れたと思います

達(柳町)が打ってくれて裏に1点は取られましたけど、あの2点があったのでかなり余裕を持って、追いつかれてもOKくらいの気持ちで試合ができたので、かなり余裕が持てたホームランだったと思います。

 

――先発の髙橋佑選手に関して

ちょっと初回力みがあってコントロールが定まらない部分もあったのですが、徐々に徐々に修正していってくれて、ランナーを出しながらも粘ってくれたのでまあ特に言うことは無いです。

 

――リリーフ陣は安定感抜群ですね

後ろに安心できる投手がたくさんいるので、その辺はボンバー(髙橋佑)も分かって腕を振れていると思うので、心強いなと思います。

 

――ご自身の打撃の調子は

状況を読みながら狙いがしっかりと自分の中で決まっていれば良い結果が出ているので、ちゃんと頭を使ってこれからもやっていきたいなと思います。

 

――チームはここまで負けなしの7連勝ですが何か要因は

メンバーだけではなくてメンバー外の献身的なサポートであったり、データ班のみんなが寝ずにデータを練ってくれたり、そういうのが本当に選手たちに力になっていて。やるべき事をしっかりやれているという事だと思うので、今後も継続していきたいと思います。

 

――明日からも負けられない試合が続きます

本当に今日みたいに苦しい展開になるというか、楽には絶対に勝たしてくれないと思うので、それをしっかり理解しながら何とか粘って粘って、粘り勝ちたいなと思います。

 

柳町達 (商4・慶應)

――今日の試合を振り返って

先発が森下ではなかったのですが、それでもしっかり勝ちきれたので良かったと思います。

 

――1回に本塁打を打ちました

初球から振っていこうと思っていたので、それが良い結果につながったのかなと思います。

 

――5回には隙を見逃さない好走塁がありました

ちょうど弾いたのが見えたので、それに反応できたので良かったなと思います。

 

――打撃の調子は

成績自体はあんまりよくないですけど、ここから上げていけたらなと思います。

 

ーー途中から守備位置がレフトに変わりましたが意識していたことは

結構レフトとかに(自分が)いくので、そんなにあまり思い詰めることなく今はできています。

 

――明日に向けて

誰が先発してくるかわからないのですが、誰が来てもしっかり勝って、勝ち点4つ目を取りたいと思います。

 

髙橋佑樹(環4・川越東)

――今日の試合を振り返って

序盤からダメだったんですけど、今日はどんな展開になっても諦めずに粘ろうと思っていたので粘れたという面ではゲームを作れたので良かったかなと思います。

 

――春勝ち点を落とした明大との対戦でしたが何か意識したことはありましたか

春明治に負けて優勝できなかったので、明治に勝てなかった代にはなりたくなかったので明治だけには負けないという気持ちでやりました。

 

――開幕から7連勝となりました

チームみんなが自分の持ち場で仕事をしてくれているのでこういう結果になっていると思います。

 

――次の試合に向けて意気込みをお願いします

勝てるように頑張ります。

 

福井章吾(環2・大阪桐蔭)

――今日の試合を振り返って

勝てたことが一番大きくて、1勝できたという喜びが一番あります。

 

――5回表に4点目となる犠飛を放ちました

なんとか1点取るぞという気持ちで打席に入って、追い込まれていたんですけど、なんとか粘りついてどんな形であっても、1点あげられたので非常によかったなと思います。

――久々のスタメンとなりました

なかなか出場する機会がない状態で、そこに不満がある訳ではなくて、チャンスがあれば自分の役割を果たすだけだったので、今日スタメンと言われてしっかり自分のやるべきことをやろうと思って、試合に挑みました。

 

――開幕7連勝となりました

結果的に勝てているだけであって、全勝することが目標ではないので、とにかくチーム全体でいい勢いでやれているのはすごいいいなと思います。

 

――明日に向けて

簡単に勝てるとは思わないんですけど、なんとか1勝して勝ち点をあげるまで、隙を見せずに頑張っていきたいなと思います。

Comments are closed.