慶應スポーツ新聞会

【野球】木澤、佐藤の2選手が指名される! プロ野球ドラフト会議

10月26日(月) プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

写真は慶應義塾広報室提供

例年とは異なる形となった今年のドラフト会議。慶大からは2名の選手が指名されました!オンラインで開催された会見の様子をお届けします。

・木澤尚文選手(商4・慶應)東京ヤクルト1位

・佐藤宏樹選手(環4・大館鳳鳴)福岡ソフトバンク育成1位

木澤尚文(商4・慶應)

【冒頭あいさつ】

木澤:このような場を設けていただいたことに感謝したいのと、準備していただきましたけれども僕自身まさか1位で指名されるとは思っていなかったので非常に驚いています。こういう評価をいただいたからには東京ヤクルトのために尽くしていきたいと、チームの戦力になれるように努力して参りたいと思います。

堀井監督:本人がNPB入りを強く希望していましたので、その第一歩がひらけて本人にとって良かったのではないかと思います。残りの大学野球のシーズンと、それ以降のNPBへの準備をあたたかくしっかりと見守っていきたいと思います。

 

「ファンの皆様から愛される選手になりたい」と語った木澤

【代表記者質問】

ーー指名されて間もないと思いますが、今の率直な気持ちを教えてください

まさか1位でという思いがあったので非常に驚いた気持ちが最初にきました。ですが、こういう評価をいただいたからにはそれなりの注目をされることが予想されるので、しっかりと気を引き締めてチームのために投げられるように準備していきたいと思います。

 

ーードラフト1位というと日本で12人しかいない評価になりますがいかがですか

高い評価をいただいたということに対してうれしい気持ちもありますが、その反面これからプレッシャーのかかる立場になると思うので、そこに対して自分自身で打ち勝っていかなければならないなと感じています。

 

ーーヤクルトスワローズという球団についてはどのような印象をお持ちでしょうか

我が慶應義塾体育会野球部も神宮球場を使用してリーグ戦を行なっていますので、そのホームグラウンドが東京ヤクルトさんのグラウンドなので、非常にご縁を感じております。

 

ーーヤクルトに入ってどんな選手、コーチ、監督からどのようなことを教わってみたいですか

教わってみたいという質問の意図とは少し異なってしまうかもしれませんが、先日五十嵐(亮太)選手が引退されて、ヤクルト、日本を代表する投手だったと思いますのでヤクルトのファンの皆様から愛されるような投手になりたいなと思っています。

 

ーー対戦してみたい相手はいらっしゃいますか

具体的に名前をあげるのはまだ難しいと思いますので、どういったレベルかもまだ感じられていないので、まずは一軍のマウンドに早く上がれるように準備したいと思っています。

 

ーーご自分の武器、セールスポイントを教えていただけますか

僕自身の武器は力強いストレートと鋭い変化球をストライクゾーンにしっかり腕を振ってどんどん投げ込んでいけることが魅力だと思うので、まずは自分自身ができることをしっかりアピールして、その上でどんどん成長していかなければいけないなと思っています。

 

ーー(堀井監督に)監督の目から見て木澤選手はどのような投手でしょうか

大学生のレベルでは心技体含めてトップクラスというか十分にNPB入りできるレベル思っております。

 

ーー多くのプロになった選手を指導されてきたと思いますがその中で木澤選手はどういった戦い方をしていってほしいですか

まだまだ伸びる可能性が非常にあると思いますので、プロ入りして、NPBの世界でヤクルトに入ってまだ相当な成長をするのではないかと思っております。

 

ーー木澤投手へのプロ野球界での期待の言葉をお願いします

いよいよ野球を職業としてやる世界に入っていきますので、本人も先ほど申したように、責任といろいろな期待がかかってくると思います。ぜひ野球界の発展につながるような子どもたちに夢を与えるようなそういうキャラクターを持っていますので、これまで通りの木澤でさらに成長していってもらいたいなと思います。

 

ーー木澤投手は今の監督の言葉を受けていかがですか

堀井監督のもとでこうして野球をやらせていただけるのもご縁を感じておりますし、その堀井監督の期待にぜひ応えたいなと思っています。

 

ーーこれからプロ野球に入って色々な数字が注目されると思いますが、プロ野球で目指す目標、数字などありましたら教えてください。

具体的な数字はまだNPBのレベルを肌で感じてからでないとあげることは難しいと思いますので、まず開幕一軍を目指して努力していきたいと思っています。

 

ーー自分の中で一番大事にしている成績は何になりますか

奪三振に関して触れていただく機会が多いのですけれども、それよりも僕自身はこの秋のリーグ戦ではチームのために勝率をどれだけあげられるかというところを意識してプレーしています。

 

ーー感謝を伝えたい人はどなたになりますか

ここまで来るにあたってたくさんの指導者の方であったり一緒に野球をしてきた仲間であったり、たくさんの方に支えていただきました。ですがそれもやはり両親があってのことなのでまずは両親に最初に報告したいなとおもっています。

 

ーー大学野球生活残り少なくなってきました。改めて大学野球での目標をいただけますか

明治神宮大会がなくなってしまったので日本一になるという目標を達成することはできないのですけれども、まだリーグ戦を優勝するという目標は残されているので残す早慶戦をしっかり勝ち切って全部員の思いが報われるように自分もその勝利に貢献できるように頑張りたいです。

 

佐藤宏樹(環4・大館鳳鳴)

【冒頭あいさつ】

佐藤:4年生になって2回手術しまして1年間投げられない状態の中でとっていただいたソフトバンクホークスさんには感謝の気持ちをお伝えしたいですし、治す過程もそうですが治ってからも自分のピッチングでチームの勝利に貢献できるようにこれから頑張っていきたいと思います。

堀井監督:佐藤も木澤同様NPB入りを強く希望していましたが、志望届を出したあとトミージョンの手術ということで浪人覚悟の選択だったんですけれども、このような少し道がひらけるかもしれないということで、本人にとっては非常にありがたいことではないかと思っています。

大学ではけがに苦しんだ佐藤

 

【代表記者質問】

ーードラフト会議が始まってから2時間半以上経った今となりましたが、指名されて率直なお気持ちを教えてください

けがというのもあって自分は指名されないのではないかという不安な気持ちも持ちつつ、浪人することも少し頭をよぎっていたんですけれども、指名されて素直に嬉しいです。

 

ーー今日この日をどのような気持ちで迎えられましたか。

緊張というよりは不安の方がどちらかというと大きくて、自分の将来どうなるのかなという気持ちをずっと持ちつつ生活していました。

 

ーーソフトバンクの印象を教えてください

第一印象としては日本一のチームである、さらに育成選手から支配下に上がって一軍で活躍する選手がすごく多いチームで、今けがをしている自分でも将来可能性があるのではないかなというふうに思います。

 

ーーソフトバンクの中でお手本にしたい選手たくさんいると思いますが、あえてあげるとしたらどのような選手になるでしょうか

僕が1年生の時に4年生で一緒に投げ合った早稲田大学出身の大竹耕太郎選手も育成から一軍の舞台で活躍されていたので、そういった選手になれるように頑張りたいと思います。

 

ーーご自分の武器であったりセールスポイントを教えてください

自分の武器はストレートだと思います。腕の振りも速く三振を取れるような真っ直ぐが自分の持ち味だと思っています。

 

ーー(堀井監督に)監督の目から見て佐藤選手はどのような選手でしょうか

私が去年の12月に就任してから佐藤がまともに投げているところを見たことがないんですね。ただその中でもコンディションをうまく調整しながらいい投手であるという片鱗は見せていましたので、これで身体を万全にしてもらえれば。大学1年の時に私は神宮球場のスタンドから彼の勇姿を見ていましたので、その時の印象に戻れば、十分にNPBの世界でやっていけるのではないかと思います。

 

ーー野球への取り組みはどのような選手でしょうか

最初に就任して120人ほどの部員と面談しようと思った時に彼が1時間半時間を取りまして、考えがまとまっていなかっただけかもしれませんが非常に野球に対して熱を持った、熱心なこだわりを持った選手だなと思いました。それはグラウンドでの練習などの中で非常にあらわれていたと思いますので、ぜひ野球の情熱をこれから仕事として取り組んでもらえればと思っています。

 

ーーこれからプロ入りされる佐藤選手にどのようなことを期待されますか

本人も言っていましたがけがをしっかり治して働ける状態になってNPBの世界で本来の素質を十分に発揮してもらいたいと思っています。まずはリハビリにしっかり取り組んでほしいです。

 

ーー佐藤選手、今の監督の言葉を受けていかがでしょうか

自分自身言葉通りの選手ではなかったと思うんですけど、そういうことを言ってもらえてうれしいです。これからも頑張りたいと思います。

 

ーープロでどのようなところにこだわっていきたい、どのようなところを目指していきたいなどありましたら教えてください

とりあえずけがを治して一軍の舞台で長く投げ続けられるような選手になりたいと思っております。

 

ーーピッチングの中で一番大事にしていることは何ですか

一番大事にしているのは腕の振りです。変化球も真っ直ぐも同じ腕の振りで投げるということを一番意識しています。

 

ーープロになると色々な数字で評価される世界になりますが、その中で一番こだわっていきたい数字や指標はありますか

一番はチームの勝利だと思うので。一勝でも多く自分が投げて勝利をつけられたらなと思います。

 

ーー今日、感謝を伝えたい人はどなたになりますか

今まで、大学4年間、そして高校の時からずっと見てくださった方々や一番はやはり家族にこの感謝の気持ちを伝えたいと思います。

Tagged as: , , , , , , ,

Comments are closed.