慶應スポーツ新聞会

【野球】春季リーグ戦開幕前取材③ 若林将平選手 × 渡部遼人選手 × 橋本典之選手 〜三者三様!仲良し外野手トリオ〜

3日後に開幕を控える東京六大学春季リーグ戦。慶應スポーツ新聞会では、王座奪還に燃える選手たちに開幕前インタビューを行いました。

第3回は外野手のレギュラー争いを繰り広げる4年生3人。若林将平(環4・履正社)選手、渡部遼人(環4・桐光学園)選手、橋本典之(環4・出雲)選手です。

ノリよくファンサービスに応じてくれた

 

――まずは他己紹介をお願いします

若林:渡部遼人。主にセンターを守っていて、彼は足も速くて、野球勘も素晴らしくて。頼りになるセンターで、守備でいつもお世話になっています。渡部遼人くんです!

渡部遼:(橋本典は)外野手です。左投げ左打ちで。やはり一番注目するところは身体能力の高さです。持ち前の身体能力を活かしたバッティングだったり、守備だったり、足の速さだったり。そういうところを野球で活かしている感じです。バッティングはパンチ力があって長打も出る選手なので、良い選手だと思います。

橋本典:若林選手。強肩強打の大型外野手で頼りになる男です、本当に。彼の一打、勝負強いバッティング、ここぞのスローイング、見逃せません。ぜひご覧ください(笑)

 

――開幕まであとわずかとなりましたが、現在の心境は

若林:徐々に徐々になんですけど、開幕への緊張感も出てきましたし、全体練習中でも法大戦までもう時間が無いということで、ピリピリとした良い緊張感を持って取り組めているかなと思います。

渡部遼:ほぼ同じなんですけど、開幕も近づいてきて初戦が法政ということで、緊張感の面ではオープン戦の中でもリーグ戦を意識したバッティングだったり守備だったり。「リーグ戦が近い」という言葉が出てきていることもあって、一人ひとりがリーグ戦に向けて何をするべきか考える時間が増えたなというのは、感じています。

橋本典:最終学年になって、当たり前なんですけど優勝したいという気持ちが強くなっています。自分が打ちたい走りたいという欲を捨てて、チームの勝利のためにひたすら向かっていくというのが一番なので。特別な感じがしています。

 

――チームの雰囲気は

渡部遼:良い雰囲気か悪い雰囲気かでいうと、良い雰囲気でやれていますね。さっきも言ったように、リーグ戦が近くなっていく中でオープン戦が重なっているんですけど、一人ひとりの役割とかがしっかりと見えてきて、それに対して練習したり意識したりという雰囲気はあると思います。

バントや盗塁など、自分の役割を全うする

 

――オープン戦を通じたチームや自分自身の仕上がり具合は

若林:今までで一番仕上がりが良いかなと。過去を振り返ってみると自分的に状態は良いです。今までけがで結構苦しんで悔しい思いをしたんですけど、ラストシーズンなので覚悟を持ちながらできているかなと。メンタルも体も技術も、良い状態を保っているかなと思います。

渡部遼:まずチームとしては、まだまだ細かい部分や詰めていかないといけない部分が結構あると思うんですけど、当たり前のところを当たり前にできるようにしっかりやっていけば、隙の無いチームになれると思います。個人としては、バッティングは冬を通して形作ってきたことで今は状態が良いので、これを維持もしくは上げていけるようにできればと思っています。

橋本典:去年、練習試合の時点で状態が良すぎるままリーグ戦に入って、リーグ戦で調子が落ちてしまって思うような結果が出ないというのがありました。練習試合で無理に状態を上げようとしないという意識が良い感じに働いて、調子が上がっていければと思います。

 

――オープン戦前の期間はトレーニングなど、どのように過ごしていましたか

若林:ウェイトをするというよりは、全体的にスローイングとかバッティングの率を上げるための練習というのを冬は取り組んでいて、特別体が大きくなったわけでは無いんですが、レギュラーとして出るにはスローイングだったり、バッティングをもっと上げていかないといけないので。走攻守全体的にレベルを上げていく練習をしました。

渡部遼:僕はまず体という面で、出力を上げるトレーニングと瞬発力を上げるトレーニングに取り組みました。技術的なところは、バッティングに関して「強い球に負けないスイング作り」というテーマで、監督だったり同期の正木だったりに色々話を聞いて練習をして、形を意識してティーバッティングをやっていました。

橋本典:体作りはもちろん維持できるようにしていました。僕の武器である足をリーグ戦で使えていないというのもあって、盗塁や走塁に特化した練習などに取り組んできました。

 

――先ほどからとても仲の良い雰囲気がありますが、プライベートでも仲は良い方ですか

3人:そうですね(笑)

若林:近頃は飲みに行ったりもしないので、寮内でお互いの部屋を行ったり来たりしてゲームしたり。密にならないように、こんな感じで楽しくやっています。

渡部遼:仲は良いです(笑)

 

――福井(章吾=環4・大阪桐蔭)主将はどのような存在か

若林:僕は彼のことを中学の時から知っていて、特に高校ではお互い大阪でキャプテンをやって。高校の時は彼のプレーや取材を見ていても言葉で引っ張る、リーダーシップのある、すごい良いキャプテンだなと思っていました。大学に入って、1年生の頃から(福井は)リーダーシップを発揮して、何かあったら自分が主体となっていて、いざ自分たちの代になってキャプテンになってからも変わらず、いつもチームのことを考えていてくれて。本当に頼りになるキャプテンだと思います。

渡部遼:チームの大黒柱というか、精神的にも大きい存在であると感じています。さっき(若林)将平が言ったように、1年の時からキャプテンシーを発揮していて、いざ最上級生になって良い意味でやりやすくなったというか、自分が行動しやすくなった面で、チームに今までよりもさらに与えているものが大きいのかなと側から見てて感じています。自分が一番率先して行動している姿というのは、同期から見ても本当にすごいなと思いますし、同期が思っているなら後輩はもっと思っているだろうし。誰よりも頼りになる存在です。

橋本典:福井主将とは、プライベートでは僕が一番一緒にいるんじゃないかなと思うんですけど。グラウンドでも主体性があって、試合中も素晴らしい主将なんですけど、プライベートでも、自分自分っていう主体性が出てきて……。まあ、少しうるさいですねやっぱり(笑)うるさい……。いや、楽しいんですけど、うるさいです!

3人:(笑)

渡部遼:カットよこれ(笑)

橋本典:プライベートでもにぎやかで、明るい主将です!

橋本典はこれまで何度もチームを救ってきた

 

――4年生として意識していることは

若林:僕が大切だなと思っていることは、試合前、練習前に早めに行って準備をすることです。けがしないように、早く行って準備をして。あとは誰よりも練習することです。今までやってこなかった練習をやってみたり、ピッチャーに話を聞いたりして、ずっと一日中野球のことしか考えていない感じです。

渡部遼:ずっと外野手をやってきたので、後輩に聞かれたらなるべく答えて、外野手全体の技術力を上げていけるようにしています。また、リーグ戦を経験させてもらっているので、こういうときはこうした方が良いとかも伝えるようにしています。

橋本典:僕は福井主将とか、副将たちみたいに司令塔として引っ張るというよりも、普段の練習や試合で必死でプレーすることを意識しています。泥臭く頑張っているんだなというのを見せられたら良いなと思っています。

 

――昨シーズンを振り返って

若林:春、開幕スタメンで出させてもらって、次の試合ぐらいからもうけがでチームに貢献できなくて。秋が始まって、けがが長引いて。秋の途中からベンチに入ってプレーさせてもらって、結局良いタイムリーやヒットは出たんですけど、勝てるための良い選手になれなかったなと思います。

渡部遼:秋のシーズンを振り返ると、個人成績は置いておいてバントであったり守備であったり走塁であったり、チームの中でつなぎの役割というか、そういったところは勝ち負け関係なくできたかなと思います。それでも個人成績の面では正直かなり低いっていうのがあったので。チームの中で貢献することはできるようにはなってきたので、そこはそのまま意識して個人成績にも着目してというか、このシーズンに入る前は自分に矢印を向けて、とにかく少しでも個人成績を上げるというのを意識してレベルアップに取り組みました。

橋本典:去年、自分の成績を上げようと自分の結果だけを意識したところ、結局自分の結果も悪くチームに貢献できず、試合にも勝てなかったという印象があって。なので、チームの勝利に貢献できるようにという意識を持っていきたいと思いました。

若林の勝利につながる一打に注目

 

――今シーズンの意気込みは

若林:僕は覚悟を持ってやるしかないと思っています。タイトルにこだわらず、数字にもこだわらず、野球を全力で。執念を持ってやりたいと思います。

渡部遼:まず目標に優勝というのがあります。その中でも今年スローガンとして掲げている「繋勝」というのがあるんですけど、「繋いでいく」ことを意識したいです。六大学の他の大学に比べたら一人ひとり、ポジションごと、個人の能力は劣ってしまうところがあるかもしれないんですけど、それでも個人を繋いでいくことで勝っていけばリーグ戦で優勝できると思います。

橋本典:春秋、どちらでも首位打者を取れるぐらいの活躍をしたいという気持ちで練習して、試合で貢献したいです。

 

――最後にファンの方々へメッセージをお願いします

若林:昨シーズンは最後、早慶戦でああいう負け方をしてしまったので、今年は早稲田に勝って優勝したいと思います。

渡部遼:一昨年、日本一になってから優勝争いはできているんですけど、秋はあと一歩で優勝できなかったという悔しさを持っていて、応援してくださっている方々には申し訳ないことをしたと選手は思っています。この春、優勝できるように選手全員全力で頑張っていくので、応援していただけると嬉しいです。

橋本典:今年もこうやってリーグ戦が開催されること、そして応援してくださっている方々に感謝しています。また、そういった応援の中でプレーできることが、本当にありがたいと思っています。

 

ーーお忙しい中、ありがとうございました!

 

◆若林 将平(わかばやし しょうへい

2000年3月3日生まれ。履正社高を経て、環境情報学部新4年。ポジションは外野手。2016年夏、2017年春と連続で甲子園に出場。特に2017年春は4番、主将としてチームを甲子園準優勝に導いた。フルスイングから放たれる鋭い打球が持ち味の大型外野手。肘のけがから復活した今季、その打棒に期待がかかる。182センチ、90キロ。右投げ右打ち。

 

◆渡部 遼人(わたなべ はると)

1999年9月2日生まれ。桐光学園高を経て、環境情報学部新4年。ポジションは外野手。桐光学園高では1年夏から中堅手のレギュラーを奪取。主に2番打者を務め、慶應キラーとしても知られていた。類まれな走力を武器に塁上をかき回し、外野手として広い守備範囲を誇る。六大学通算16盗塁は現役最多。170センチ、67キロ。左投げ左打ち。

 

◆橋本 典之(はしもと のりゆき)

2000年1月3日生まれ。出雲高を経て、環境情報学部新4年。ポジションは外野手。高2夏、甲子園に出場。初戦で智辨学園に敗れるも、チーム唯一の打点を記録した。勝負強さには目を見張るものがあり、2019年秋の明大2回戦では森下暢仁(現・広島東洋)からサヨナラ適時二塁打を放った。165センチ、67キロ。左投げ左打ち。

 

※当取材は新型コロナウイルス感染拡大を受けて、3月27日にオンライン上で実施しました。

(取材:青木 満智子)

Tagged as: , , , , , ,

Comments are closed.