慶應スポーツ新聞会

【ソッカー(女子)】早慶定期戦特集第2弾! 1・2年生対談(山本×足立×佐藤×小川×鈴木×平田)

7月7日(土)、第17回早慶女子サッカー定期戦が開催される。今季、慶大はチーム目標に「早慶戦勝利」を掲げている中で、史上“初”の早慶定期戦勝利を目指している。そして定期戦を控えた今、大舞台に挑む選手、監督にその意気込みと思いを聞いた。

 

早慶定期戦まであと4日となった今回は、早慶定期戦特集第2弾として、山本華乃(理2・山手学院)、足立智佳(環2・大阪桐蔭)、佐藤幸恵(総2・十文字)、小川愛(総2・神村学園)、鈴木紗理(総2・十文字)、平田朋(環1・日ノ本学園)による1・2年生対談をお届けする。今季、チームの中心を担う若き世代に様々なテーマで語ってもらった。

 

【取材日:6月23日】

 

 

――まずは自己紹介からお願いします!

山本:2年、FWの山本華乃です。お願いします。

足立:2年のDFの足立智佳です。お願いします。

佐藤:2年のDFの佐藤幸恵です。よろしくお願いします。

小川:2年でMFをやっています。小川愛です。お願いします。

鈴木:2年のFWの鈴木紗理です。よろしくお願いします。

平田:1年のFWの平田朋です。お願いします。

 

――それではまず、今季ここまでの戦いを振り返ってもらえますか

足立:勝ててないイメージ

山本:2部よりも1部はやっぱり全然違う

鈴木:フィジカルとかスピードとか決定力のところだったり、全てにおいてちょっと上に行っているかなという印象はあります

 

――1年生の平田選手はどうですか

平田:スピード感とかが高校と比べて高いので…大変ですね(笑)

一同:(笑)

 

 

――平田選手はもう大学のサッカーや生活には慣れてきましたか

平田:サッカーと学業の両立は今もまだ慣れていなくて、なのでこれから慣れていけるように頑張っていきたいです。

 

 

――今季ここまでで印象に残っている試合があったら教えて下さい

足立:やっぱ、早稲田戦(1●9)?

佐藤鈴木:あれはちょっとね…

鈴木:ある意味では印象に残っています。良い意味だと…

足立:神大(0●1)とか東洋(2△2)…?

鈴木:あと、関学(2○1)?

一同:うん

佐藤:あ~、東洋ね

足立:勝ち切れてない試合が神大と東洋で、良い試合したのにっていう…

一同:あ~(笑)

鈴木:レッズ(5●8)とかもね、打ち合いだったしね

一同:あ~

足立:どれも印象が強い。今年は

 

 

――個人としての出来はどうですか

山本:今年は相手が強くなって自分たちのチャンスも去年よりは少なくなるのは当たり前で、その時に決定力っていうのが大事になると思うんですけど、毎試合絶対にチャンスはあるのに決めきれないところがチームの勝敗にもちょっと関わってきちゃっているのかなというのは前期を終えて感じているところです。

足立:去年は2部で通用していた部分が、1部ではやっぱりちょっとのミスが相手のチャンスになっちゃったりして通用しない部分も去年より出てきて、そういうのを本当にここから個々が上げていかないと大学リーグとかもやっぱり厳しい戦いが続くので、そういう意味ではまだまだだなと感じた前期でした。

佐藤:やっぱ去年は2部で戦っていて、(今年は)1部になって全然レベルが高くてチーム的に守備をする時間が多くなって、自分はディフェンスなんですけどもっと攻撃に関わりたいので、もっと自分からチャンスを作ったりアシストしたり、何ならゴールに関わって…いけるような…選手になりたいです(笑)

一同:(笑)

小川:私は前期の間にポジションが変わって、最初は攻撃的なところにいたんですけどボランチという守備的な役割を任されて、チームからも求められていることは全然違うし、でもその中でも自分の良さをもっと出してチームの勝利に貢献できるような…選手になりたいです(笑)

一同:(笑)

佐藤:良いよ良いよ(笑)

小川:そういうふうにしていかないと、後期巻き返していくためには求められている以上に自分の力を発揮していかないといけないと思います。

鈴木:華乃(山本)もさっき言ったんですけど、やっぱり得点力というところは個人としてもずっと課題で、前期の途中からフォーメーションが変わって位置が一個落ちたことによって守備面での課題が出てきて、いろんな要求に対して対応できる選手でありたいなというのは前期を通して思ったので、後期はもっとコミュニケーションとかチームで一貫して…

一同:(笑)

鈴木:巻き返していけるように頑張ります(笑)

 

――平田選手はいかがですか

鈴木:締めだからね

平田:はい(笑) えーと、私はスタメンで出るというよりも、後半の途中から出たりするので、監督からは得点とか結果を求められていると思うんですけど、大学リーグでは結果を残せていないので…

山本足立佐藤小川鈴木:関東リーグね(笑)

平田:(笑) 関東リーグでは残せていないので、華乃さんとか紗理(鈴木)さんが言ったみたいに結果にこだわって得点とかアシストができるように頑張っていきたいと思います。

 

――開幕戦は大敗しましたが、試合を重ねるごとにチームの調子は良くなっていると感じていますか

一同:はい

 

 

――ここからは一旦、サッカーの話題から離れてプライベートなことを聞いていきたいのですが、皆さんは普段から仲が良かったりオフの日でも遊んだりするんですか

一同:え~…う~ん…

鈴木:みんなそれぞれなんじゃない?

佐藤:学校生活がほとんどみんな一緒なので、なんかオフの日でも別に一緒にとかは…ない?

鈴木:オフでも学校があったりとか一人ひとりスケジュールが違うので

佐藤:土曜の練習の後にご飯に行くとかはありますね。1年生は?少ないもんね

 

――2年生のみなさんから見て1年生の平田選手はどうですか

佐藤:天然

山本:いじられキャラ

鈴木:抜けてる

一同:(笑)

 

 

――松木里緒(環3・常盤木学園)選手が平田選手のお世話をしているという話を聞いたのですが、平田選手はこの意見を受けてどうですか

平田:どうですか(笑)

一同:(笑)

平田:うん…お世話してもらってます(笑)

一同:(笑)

平田:頑張ります(笑)

鈴木:魂がどっかに行ってるよね(笑)なんかぽーんってしてる

 

――ほかの1年生はどうですか

鈴木:ほかは、元気だよね

一同:元気だね

鈴木:でかわいいっていうイメージ。なんかキャピキャピしてるよね、みんな。なんか、フレッシュ。

一同:うん

 

――そうなんですね。逆に平田選手から見て2年生はどう見えますか

平田:うーん……

一同:……

平田:…いま考えています(笑)

一同:(爆笑)

佐藤:もっとラフな感じでいいんだよ(笑)

鈴木:サッカーでもいいし日常でもいいし、分けてもいいし

平田:サッカー…サッカーの面では…オフでは結構優しくていろいろ仕事とかも教えてもらったりしているんですけど、オンになったら切り替えというか、ピッチでは厳しくやっているところがいいなと思ってます。

 

 

――2年生の選手は昨季に比べて意識の面で変わったことなどはありますか

足立:ピッチに立っていて、去年は1年で一番下やったんで先輩たちに足引っ張らんようについていくとか、一番下の立場でチームに迷惑をかけないように必死にやっているっていう感じだったんですけど、今年はもう一番下じゃないし、去年とはまた違ったチームの貢献の仕方というか、朋(平田)とかも試合に出ている中でどうサポートしていくかとかも考えないといけないし、そういう意味では責任感とかも変わってきたのかなっていう感じはあります。

鈴木:試合に出ている立場として、人数とかも去年とあまり変わらないっていうのもあって出ている人数も多いし、この学年がもっとやらないとだめだよっていうのは去年から言われていた言葉なのでそこまで個人としては変わらないんですけど、勝つか負けるかっていうところがこの学年のプレーに大きく左右されるというか、良い意味でも悪い意味でも影響力がある学年って言われてきたので、その面は…(笑)

一同:(笑)

鈴木:そんな感じです(笑)

 

――今現在ワールドカップの真っ最中ですが、みなさんは見ていますか

一同:見てます

 

 

――応援している国はありますか

山本足立佐藤小川平田:日本です

鈴木:え

山本足立佐藤小川平田:あれ(笑)違うの?

鈴木:クロアチアです

足立:へー

鈴木:日本にも勝ってほしいけど、ワールドカップ自体を楽しむっていう

山本足立佐藤小川平田:あ~

 

――好きなサッカー選手は誰ですか

佐藤:好きな選手…

鈴木:モドリッチです

足立:イニエスタ

一同:(笑)

平田:ネイマールです

佐藤:自分はポジションがかぶってるのもあって、長友選手です

山本:じゃあ私は今話題の大迫選手で(笑)

一同:(笑)ハンパない(笑)

小川:攻撃面は大島選手で、守備面はカンテ選手です

鈴木:しぶいね(笑)

 

 

――ここからは早慶定期戦についてお聞きします。まず2年生の選手は昨年の試合を振り返ってもらえますか

山本:去年は先輩に「本当にすごい、本当にすごい」ってめっちゃ言われてたけど実際どんなもんか全然分からなくて、私は途中からだったんですけど自分のことしか考えられなくて、すごい舞台過ぎて。でも今年は相手のセンターバックがどんなプレーをするのかも大体分かっているし、自分が早稲田に対してどんな役割を果たさないといけないのかっていうのも分かってる中で、その駆け引きとかは楽しみながら今年の早慶戦は頑張って戦いたいと思います。

佐藤:華乃も言ってたんですけど、去年はやっぱり凄さに圧倒されて自分のプレーを一生懸命やるのにいっぱいいっぱいだったんですけど、今年は去年経験している分ちょっと余裕も出てくると思うので、もっとその雰囲気を楽しみながらプレーしたいなって思います。

小川:なんか結果にこだわりながらも、スタジアムの雰囲気だったり応援してくれる人がたくさんいる中でプレーするというのがすごく楽しかったので、緊張感ある中でもしっかりその雰囲気を噛み締めながら楽しみたいなって思います。

足立:去年、普段と違う特別な雰囲気の中でも試合の規模の大きさ、試合に来てくれる人とか運営の規模も含めて大きさにびっくりして、今年またそういう特別な中でやれると思うと楽しみなのもあるし、ただ去年とは違って早慶戦の舞台を知っている分、去年よりも緊張感とかプレッシャーもあるんですけど、やっぱり今は楽しみという気持ちが大きいです。

鈴木:私はやっぱり0-1で負けたというのがすごい悔しくて、ああいう特別な舞台でたくさんの人たちが見ている中でできるということもすごい恵まれていることだと思うし、いろんな人が陰で動いてくださっていてああいう舞台に自分たちが立てているので、その中で勝てたらすごい最高だなと思うので、そうやって自分たちのためにいろいろ動いてくださっている人たちのためにも今年こそ絶対に勝っていろんな人に恩返しができればなと思っています。

 

――平田選手は早慶定期戦を見たことはありますか

平田:ビデオで見たことがあります

 

 

――それを見てどう思いましたか

平田:スタンドとかもいっぱいで、ビデオを見ながらでも雰囲気がすごく伝わってきました。

鈴木:いいじゃん(笑)

 

――今季関東リーグ開幕戦で対戦した時の早大の印象はいかがですか

佐藤:去年いた10番の中村(中村みづき=スポ卒)選手が抜けてもどんどん下から出てきていて、選手層が厚いなって思いました。

鈴木:一人ひとりが上手いです

 

――今季はチーム目標に「早慶戦勝利」を掲げていますが、早大に勝つためにはどのようなことが必要になってくると思いますか

鈴木:やっぱり個々の面ではどうしても厳しいところがあると思うので、その分自分たちのサッカーを貫くことだったり声の面で負けないとか準備をするとか、そういう細かいところに目を向けて臨むのが大切かなって私は思います。

 

 

――出場したら自分のどんなプレーを見てもらいたいですか

山本:私はFWとして裏の抜け出しとか、あとは空中戦は絶対に負けたくないので、そこは早慶戦でも相手に勝るように頑張っていきたいところです。

足立:ディフェンスラインなんですけど、サイドバックとして攻撃参加とかでアシストとか得点に絡むプレーをして、サイドでのハードワークも最後まで走り続けるプレーを見てほしいです。

小川:攻守に貢献したいというのがまずあって、とにかく走って常に状況判断を冷静にしてタイミングが合えば果敢に裏に抜けていく動きだったり、人のために動くプレーを増やして最後まであきらめない気持ちを前面に出したいなって思います。

平田:結果を出すことはもちろんなんですけど、良い時間帯だけじゃなくて苦しい時間帯が出てきたときにいかに戦い続けられるかというところが大切になってくると思うので、その時にしっかり声を掛け合ったりコミュニケーションをとったり走り切って、当たり前のことを当たり前に最後までできるように頑張りたいです。

鈴木:最後まで粘り強く泥臭く戦っている姿を見てほしいです。

佐藤:試合展開がどうなるか分からないんですけど、しっかり守備から入って攻撃になったら自分が起点になってチャンスをたくさん作って、最後まで走り切るハードワークを見てほしいです。

 

――それでは最後に早慶定期戦に向けての意気込みと、応援して下さっている皆さんにメッセージをお願いします!

佐藤:2回目の早慶戦で、やっぱり去年0-1で負けて悔しい思いをしているし、まだ一度も慶應が勝てたことがないので、絶対に本当に今年こそは勝ちたいし、応援して下さる方々は本当に自分の力に変わるので、最後まで全力で頑張るので応援よろしくお願いします。

山本:私は、去年チャンスを決めきれなかったのをふとした瞬間によく思い出すので、今年は一年間FWをやってきて動きのバリエーションとかもちょっとずつなんですけど増やせるように一年間頑張ってきたので、それを早慶戦という大きな舞台で発揮できるように、また、得点できるように、慶應の皆さんの期待に応えられるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします。

鈴木:本当に限られた人しか立てない特別な舞台だと思うので、いろんな人の思いを背負って勝ちという素晴らしい結果でいろんな人に恩返ししたいなと思います。応援よろしくお願いします。

足立:今年戦うのは自分たちなんですけど、やっぱり早慶戦ってこれまでの先輩方が繋いできてくれたものだったり今までの伝統とか歴史がある試合だと思うので、そういう重みとか責任感をちゃんと自分たちが背負って戦っていきたいし、やっぱり応援してくれている人たちが見ていて面白いとか楽しいって思ってもらえるような試合にしたいと思うので、応援よろしくお願いします。

平田:初めての早慶戦なんでまだどんな舞台とかも全然分かってないんですけど、慶應が勝てるように自分の全力を出して頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

小川:本当に多くの方が作り上げている大切な試合ですし、たくさんの方が応援に来てくれる試合なので、その方たちのためにも一つ一つの行動に責任を持って結果というかたちで恩返しができたらなって思います。応援よろしくお願いします。

――皆さんありがとうございました!

(取材:高橋春乃 写真:桑原大樹)

こちらの記事もあわせてどうぞ!!

Tagged as: ,

Comments are closed.