慶應スポーツ新聞会

【野球】終盤に逆転劇を披露し、宿敵・法大を撃破 法大①

4月27日(土)東京六大学春季リーグ戦 法大1回戦 @明治神宮球場

貴重な3点本塁打を放った小原

圧倒的な個の力を備える法大との初戦、慶大はエース・髙橋佑樹(環4・川越東)をマウンドに送るが、初回にミスも絡んで先制点を奪われる。しかしその後はランナーを出しながら粘り強いピッチングで追加点を許さなかった。打線は法大エース・三浦に対して4回までノーヒットに抑えられるも、6回、郡司裕也(環4・仙台育英)の適時打で同点に追いつくと、続く7回、柳町達(商4・慶應)の適時打で逆転に成功する。8回には小原和樹(環4・盛岡三)の大学通算2本目となる3点本塁打でダメ押し。最終回のマウンドに上がった髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)が最速152キロの速球を中心に法大打線を抑え、初戦をモノにした。  

 

法大

慶大

X

  法大バッテリー:三浦、朝山―渡邊

慶大バッテリー:髙橋佑、髙橋亮―郡司  

 

法大本塁打:安本1号ソロ(9回)

慶大本塁打:小原1号3ラン(8回)

 

 

ポジション

選手名(学部学年・出身高校)

[5]

柳町達(商4・慶應)

[8]

渡部遼人(環2・桐光学園)

[9]

中村健人(環4・中京大中京)

[2]

郡司裕也(環4・仙台育英)

[7

正木智也(政2・慶應)

 

髙橋亮吾(総4・慶應湘南藤沢)

[7]

嶋田翔(環3・樹徳)

[4]

小原和樹(環4・盛岡三)

[6]

瀬戸西純(政3・慶應)

[1]

髙橋佑樹(環4・川越東)

 

杉本京平(理4・中央中等教)

数日前の暑さから一転、冷たい風が吹き抜ける神宮球場で試合は始まった。初回、マウンドにはエース・髙橋佑。先頭バッターを見逃し三振に抑えるも、続くバッターのボテボテの当たりが内野安打となってしまう。不運な形でランナーを許すと、続く3番のところで法大ベンチがエンドランを仕掛けてくる。打球はショート正面、しかしこれが難しいバウンドとなり打球はセンターへ。初回からいきなり1死一、三塁のピンチを背負う。なんとか無失点に抑えたい慶大だったが、4番・伊藤に対してボールが先行。ツーボールからの3球目、ストライクを取りに行った甘い球をレフトに弾き返され三塁ランナーが生還、先制点を許してしまう。しかしその後は立ち直り、ランナーを出しながらも得点には繋げないピッチングが続く。「法政打線が打つことはわかっていた」(髙橋佑)と話すように4回まで毎回安打で出塁を許すも、粘り強いピッチングで追加点を与えることはなかった。

 

強力法大打線を8回自責点0に抑えた髙橋佑

一方の打線は法大エース・三浦の緩急に苦戦し、4回までノーヒットに抑えられる。援護がない中迎えた5回、ここで髙橋佑が初めて法大打線を三者凡退に抑え込み、続く6回は郡司の盗塁阻止などもあり良いリズムを作りで攻撃につなげる。その裏、先頭打者は慶大が誇る安打製造機・柳町。フルカウントで迎えた7球目をライトへ弾き返し出塁に成功する。渡部遼人(環2・桐光学園)、中村健人(環4・中京大中京)が倒れ2死二塁となって迎えるバッターは慶大の主砲・郡司。追い込まれてからの5球目、前の打席で三振を奪われた時と同じ外の変化球を引きつけてライト前へ。ライトがホームへ送球するも柳町の足が勝り同点に追いつく。

変化球を上手くすくい上げ同点適時打にした郡司

同点となり勢いに乗った慶大は続く7回、8番瀬戸西純(政3・慶應)が内野安打で出塁すると髙橋佑がきっちり送り2死二塁。打席には同点のきっかけとなるヒットを放った柳町。「来た球をしっかりスイングできた」と言う当たりは右中間真っ二つの適時打となり終盤での逆転に成功する。慶大の勢いは止まらない。二つの四死球で2死一、二塁とすると打席には7番・小原。「長打を狙った」と言う小原の当たりは詰まりながらもレフトスタンドへ。リーグ戦通算2本目となる本塁打はダメ押しの3点本塁打となった。

勝ち越しの適時打を放った柳町

 

5対1となって迎えた9回のマウンドには、今季からクローザーを任されている髙橋亮。先頭打者・安本に本塁打を放たれ、1点を与えるもその後は最速152キロのストレートを武器に法大打線を抑え込んだ。最後のバッターを空三振に打ち取りゲームセット。昨季の東京六大学リーグ戦を制した法大相手に見事逆転勝ちを収めた。

頼れる豪腕・髙橋亮

152キロを記録した

慶大優勝の大きな壁の一つである法大との大事な初戦を「活躍しなければいけない2人」の活躍によりモノにした慶大。ただ、好投手を多く擁する法大相手には明日も決して楽な試合展開になることはないであろう。大久保監督が「そこ(郡司、柳町)の周りをしっかりと支えるような選手たちがどれだけ頑張れるかだと思います。」と語るように強敵・法大相手には全員野球が求められることになる。慶大野球部持ち前の「チーム力」を十二分に発揮し、連勝で勝ち点奪取を目指す。

(記事:五十右瑛士 写真:菊池輝、竹内大志)

  ◆打撃成績

   
[5] 柳町四球一ゴロ右安中安①
[8]渡部遼投犠打中飛空三振左飛
[9]中村二ゴロ四球二ゴロ四球
[2]郡司逃三振逃三振右安①空三振
[7]正木右飛左飛左安空三振
[3]嶋田二ゴロ左安右飛四球
[4]小原二ゴロ捕犠打空三振左本③
[6]瀬戸西中飛右飛二安三邪飛
[1]髙橋佑逃三振二ゴロ投犠打
 

◆投手成績

投球回数打者数球数安打三振四死球失点自責
◯ 髙橋佑83212199010
髙橋亮141411000
 

◆監督・選手コメント

大久保秀昭監督 ーー今日の試合を振り返って 前半、ずっとしんどい中で1点で我慢強く髙橋佑樹が投げていました。後半のところで郡司が盗塁を2つアウトにして流れを持ってきて、そこで柳町がチャンスを作り、郡司が打ってという、うちの看板選手2人が1点目、2点目と絡み、そこにエースの髙橋佑樹が奮闘していたので、やっぱり4年生、流石だなという試合だったと思います。最後、ダメ押しで小原和樹が打ちましたし。 ーー髙橋佑選手の活躍をどう評価しますか 苦しんだというよりはエラーもありますし、法大の1、2番はレベルの高い選手だと思いますので慎重にもいってるし、そんな中でもよくやったと思います。 ーー柳町選手、郡司選手という監督がいつも仰る「活躍しなければいけない2人」が活躍しました ここだけに頼るチームだと大したことないチームなんですが、そこの周りをしっかりと支えるような選手たちがどんだけ頑張れるかだと思います。 ーー小原選手も貴重な本塁打を放ちました バッテイングの状態が良くなってきて、ヘッドがききだしてきているのでこれを続けて欲しいなと思います。 ーー明日に向けて 厳しい試合の連続ですけど、なんと4月を良い形で乗り切って、もう一回早稲田戦のところまで優勝を絶対に残した戦いをしなければいけないと思っていますので、簡単に取りこぼしはしたくないです。   郡司裕也主将(環4・仙台育英) ーー今日の試合を振り返って 後半粘る慶應らしい勝ち方がよく体現できたと思います。 ーー6回に同点適時打を放ちました 2三振してたのでバットのどの部分に当たってでも外野の前に落ちろと思って打席に立っていました。 ーーどのようなお気持ちで打席に向かいましたか 追い込まれる前に打ちたいなとは思っていましたが、追い込まれてしまったのであとは気持ちで外野前に落としました。 ーー狙い球は何でしょうか まっすぐ待ちではありましたが、甘い球もファールで逃しちゃったんで明日は捉えられるようにって感じですね。 ーー三浦投手への対策は まっすぐに振り負けないってことを意識していたんですけど、変化球も上手く織り交ぜながら組み立ててきたので前半は的が絞り辛かったですね。 ーー立ち上がりで失点してしまった髙橋佑樹投手をどのようにリードしたのでしょうか 序盤はちょっと変化球が浮いていたんですけど、2回以降ランナー出してからはたぶん本人の中で上手く調整ができて低めにボール集まってきていたのでそれは良かったかなと思います。 ーー今日は盗塁を2つ刺しました めちゃめちゃ警戒はしていたので刺せて良かったですけど、セカンドショートの良いカバーがあってふたりには感謝ですね。 ーー明日に向けて 2戦目は去年からの課題で、立教戦は良かったですけどまた課題の2戦目なのでなんとしても連勝して優勝につなげたいなと思います。   柳町達副将(商4・慶應) ーー今日の試合を振り返って いい試合をものにできたことがよかったかなと思います。 ーー前半ヒットが出ない展開でしたが、後半に向けてチームでどのような話をされましたか 最初打てなかったのですが自分たちの狙いはしっかりできていたので、このまま後半勝負でいくぞということは話しました。 ーーご自身のタイムリーヒットを振り返って 来た球にしっかりスイング入れていこうという意識で立って、それができたのでよかったです。 ーー明日に向けて一言お願いします 明日勝たないと勝ち点にはならないので、今日は今日、明日は明日と切り替えてやっていきたいと思います。   髙橋佑樹(環4・川越東) ーー試合を終えて、率直な感想を 疲れました(笑) ーー今日の投球全体を振り返って 自分の中でも万全な状態ではなかったと思いますし、ランナーが出てからも何度かくじけそうになったのですが、そこを諦めずに投げ続けられたことが今日のチームの良い結果につながったかなと思います。 ーー立ち上がりについて チームのミスなどもありましたが、試合中は開き直って投げました。 ーーランナーを背負った場面ではどのようなことを意識していましたか 法政打線が良く打つことは分かっていたので、長打を出さないことと、ヒットを打たれてからどうやって粘るかを考えていました。しっかりと準備をしてから試合に入ることができたので、あまり動揺はしませんでした。 ーー打撃面については 今年、当たらないんです(笑)球は見えているのですが、なかなか当たらないですね。三浦投手の球が速いということを再認識しました。 ーー最後に、次回の登板に向けて意気込みを 明日の試合でリリーフとして登板する可能性もあると思うので、与えられた場所で監督の思ったように粘りながら投げられればと思います。   小原和樹(環4・盛岡三) ーー今日の試合を振り返って 前半ちょっと、あっち(法大)に流れが行ったんですけど、後半なんとか取り返せたのでよかったです。 ーー8回裏ではスリーランホームランが出ました。 追加点が欲しいところで僕が長打を狙った結果ホームランになったのでよかったなと思います。 ーー打った球種とコースは まっすぐで、インコース高めだったのかなと思います。 ーー打った時の気持ちは 最初はちょっと詰まり気味だったので、フライかなと思ったので、「落とせー」という気持ちで走っていました。それが入ったので結果的にはよかったなと思いました。 ーーガッツポーズも出ました 感極まりましたね。 ーー守備の調子は 守備に関しては、僕に関しては調子というものはないのかなと思っています。ピッチャーが一生懸命投げてくれてるボールを僕らが一生懸命取るだけなので、そういった意味で常にアウト一個大事にすることを大切にしています。なので今日も安定した守備ができたと思います。 ーー7回表では好プレーもありました あれもなんとか、って感じで不細工なプレーで。泥臭くやった結果だったので、それがピッチャーの助けになれたのなら良かったです。   ーー今季の目標を教えてください チームとしては優勝なので、一戦一戦全力で戦ってその結果優勝したいと思っています。個人としてはどういう場面で回ってくるか分からないのですが、具体的な数値というよりはチームの勝利になんとか貢献できる守備・バッティングをしていきたいなと思っています。 ーー最後に、明日に向けて意気込みをお願いします 明日勝たないと今日の勝ちは意味がなくなってしまうので、全力で向かって、明日は前半から慶應の流れに持っていけるように頑張りたいと思います。

Tagged as: , , , , ,

Comments are closed.