慶應スポーツ新聞会

【ソッカー(男子)】「勝たなきゃいけないゲーム」で痛恨ドロー… 見えた課題と進歩 第5節 vs関東学院大

今季なかなか調子の上がらない慶大。迎えた関東学院大との一戦は序盤から主導権を握り、八田和己(総3・桐蔭学園)、山田盛央(総3・藤枝東)のゴールで2点を先行する展開に。しかし直後に1点差に詰め寄られると、その後は数多くの決定機を作り出すもののことごとく決め切れず、76分には逆に同点弾を浴びてしまう。終盤の怒涛の攻勢も実らず、悔いが残るドロー決着となった。

 

第92回関東大学サッカー2部リーグ戦 第5節 vs関東学院大

2018/05/06(日)14:00KO @拓殖大学グラウンド

【スコア】

慶應義塾大学2-2関東学院大学

【得点者】

1-0 22分 八田和己(慶應義塾大学)

2-0 29分 山田盛央(慶應義塾大学)

0-3 30分 見木友哉(関東学院大学)

2-2 76分 石塚龍成(関東学院大学)

 

慶大出場選手

GK上田朝都(総3・横浜F・マリノスユース)
DF佐藤海徳(政3・桐光学園)
DF鴻巣良真(総4・国学院久我山)
DF篠原新汰(総1・FC東京U-18)
DF北城俊幸(総3・青森山田)
MF木南諒(経3・国学院久我山)
MF八田和己(総3・桐蔭学園)
MF橋本健人(総1・横浜FCユース)
MF多嶋田雅司(商3・国学院久我山)→63分 松岡瑠夢(総2・FC東京U-18)
MF山田盛央(総3・藤枝東)→89分 小谷春日(環4・藤枝東)
FW松木駿之介(総4・青森山田)

GW3連戦の最終日を迎えた

GW3連戦の最終日、10位に沈んでいた慶大は7位の関東学院大と激突した。前節、首位を走る中央大に力の差を見せつけられた(0●3)慶大だが、昇格争いになんとか食らいつくためにこれ以上勝ち点は落とせない。体力面も考慮してか、左サイドバックに北城俊幸(総3・青森山田)が今季初出場、左サイドハーフには山田が4試合ぶりにスタメンに名を連ねた。

先制弾を決めた八田

 

試合は10分過ぎから慶大が徐々にボールを支配し、多嶋田雅司(商3・国学院久我山)、橋本健人(総1・横浜FCユース)らが積極的にミドルシュートを放つなど、しっかりと攻撃の形を見せる。先制弾は22分、八田のスルーパスをカットされたルーズボールを八田が自ら拾い、GKとの1対1を冷静に制した。勢いに乗った慶大は29分、CKの混戦で得たPKを山田が沈めリードを2点に広げる。順調に試合を支配していた慶大だが、直後の30分、簡単に左サイドの裏を取られると、クロスに中で合わせられ1点を返される。その後は松木駿之介(総4・青森山田)、八田、多嶋田らが決定機を迎えたがGKやクロスバーに阻まれ追加点は奪えず、前半は2-1で折り返した。

途中出場の小谷も果敢にゴールに迫った

 

後半も慶大が攻め込む展開は変わらない。しかし、57分に右サイドからのクロスを八田が合わせたシーン、64分に松木が体の強さを生かして相手DFを引きずりながら放ったシュートと決定機は作るものの決め切れず、71分には相手のCKのサインプレーを読んでボールを奪った橋本がカウンターで独走したが、この絶好機も相手GKのファインセーブに阻まれた。そして76分、中央を強引に崩され同点弾を浴びる。試合を決めるチャンスを逃し続けたツケを払わされる形となった慶大は、その後も途中出場の松岡瑠夢、小谷春日らを中心にゴールに襲い掛かったものの、アディショナルタイム4分までの猛攻も実らず。勝ち点1を分け合う結果となった。

勝ち点3を逃し、暗い雰囲気が漂う

 

幾多の決定機を逃し、2点のリードを守り切れなかった。「勝たないといけない」(橋本)試合で勝ち点を失った印象は拭えない。個人の問題である決定力以上に、気になるのは守備だ。前線のハイプレスはある程度機能しているが連動性、一体感にはまだ問題があり、プレスを外された途端、拍子抜けするほどあっさりと失点するシーンが毎試合見られる。現に総失点13という数字は、最下位の東京学芸大に次ぐ2番目の多さだ。守備にベースを置く慶大だからこそ、最も早急に改善すべき課題だろう。一方で、90分間で18本のシュートを放つなど、攻撃のスムーズさは今季イチだった。冨田監督が信念として掲げる「毎試合成長」の跡は確かに見られている。「慶應の意地を見せられるように」——。荒鷲軍団に求められているのは課題を1つずつ潰し、少しずつ成長していくことだ。

(記事:桑原大樹 写真:岩見拓哉、髙橋春乃)

その他の写真はこちら

 

以下、コメント

冨田賢監督

――試合を振り返って

お互い疲れもある中でハードワークした良いゲームだったと思います。

――決定機の数を考えると、勝てる試合を落としたという印象だが

3点目をうちが取ってれば楽になるゲームだったんですけど、決め切る力がなかったですね。

――守備に関して

ブロックを敷いた中での失点だったということで、そこの精度というか、しっかり守ったらやられないんだというところまでいけてないので、そこはやっていきたいと思います。

――特に前半はほとんどの時間帯でペースを握っていたが、やってきたことが出せたのか

そうですね。前半に関しては守備の意識とかも良く、自分たちのリズムができていたんですけど、課題は本当に後半に入ってからですね。ああいう決め切るチャンスはあったから、そこで決めないとこういうことになるってたぶん選手たちも思ってると思います。

――多嶋田選手のアクシデントでの交代のあたりから流れを失ったような印象を受けた

そうだね。かなりハードワークして、前線でファイトしてくれていたから…。

――左サイドバックはずっとフル出場していた中島玲央(総4・柏レイソルU-18)選手ではなく北城選手を起用した

3連戦で本当に総力戦という話はしていて、彼(北城)も練習でずっと良いパフォーマンスをしていたので、このタイミングで。まずまず良いプレーをしてくれたんじゃないかなと思います。

――次節に向けて

本当に上を向いて成長していくしかないと思うから。2週間空いて、課題をしっかり振り返る時間があるので、良い準備をしていきたいなと思います。

 

松木駿之介(総4・青森山田)主将

――試合を振り返って

本当に僕の責任で自分が前半で決めるところを決めれて、試合を決定づけることができれば全然違った試合展開になったと思うし、そこは自分の仕事を果たせなかったなというふうに感じています。

――前節の敗戦を受けてどのような練習をしたか

とにかく守備から入ろうってことで、前半の立ち上がりなんか特に良くて、ただ相手がやっぱり後ろで3枚で回してきて、それに対しての掛け方がまだまだ整理できていなかったというか、もう少し準備できるところはあったかなと思ってます。

――GW連戦で間が短い中、どのようなモチベーションで臨んだか

モチベーション高く入れて、本当に立ち上がりもみんな戦ってたし、今日いけるなっていう感覚はあったんですけど、本当に個人の僕の責任だと感じてます。

――1勝3敗1分けという現状をどう捉えているか

本当に厳しいどん底の下にもう落ちてしまってる状況ですけど、でも本当に諦めたら終わりだし、あと17試合あるので、やっぱりここで幸いにも2週間空いて、相手は5連勝してる立教ってこともあるので、しっかり準備して戦っていきたいと思います。

――次節に向けて

本当に慶應の意地を見せられるように、またチームみんなでやり直していきたいと思います。

 

八田和己(総3・桐蔭学園)

――試合を振り返って

2点先制して、ちょっと本当に勝たなきゃいけない試合だっただけに引き分けになっちゃったのは本当にもったいなかったかなと思います。

――得点シーンを振り返って

左で(山田)盛央が呼んでたんで、最初パスしようかなと思ってたんですけど、ちょっと一回ドリブルで持ち運んで相手の様子見てから裏を狙って、たまたま相手のクリアが自分の前に転がって来たんで、良い感じで点を取れたし、時間帯的にも良かったかなと思います。

――何度もチャンスがあった試合だったが

やっぱり、決め切れる所で決め切れないと試合に勝てないし、今得点がすごく少ないのでそこの所はもっと詰めていかなければいけないなと思ってます。

――前節から短い準備期間となったが、何か改善した点は

そうですね、結構はっきりやるところだったり、チームでやるべきことを統一出来たのはよかったかなと思います。前回よりかはできていたかと思います。

――次節に向けて

週間空いて、ちょっと期間が空くので本当に今の課題をチームでみんなで突き詰めて絶対に勝てるように準備していきたいと思います。

橋本健人(総1・横浜FCユース)

――試合を振り返って

チームとしてチャンスはあったので、今日は勝たないといけないゲームでした。あとは、本当はゼロで耐えたかったんですけど、そこも守備が課題だったかなと思います。でも今日はやっぱり攻撃陣が、自分もそうなんですけど、入れるべきチャンスを入れられたら勝てたゲームだったと思います。

――3連戦、全試合でスタメン起用されたが

まあスタートで出て90分出させてもらってるんですけど、実際この3連戦で結果も出せなかったので、まだまだ自分には課題がいっぱいあるので、次1週間空けて立教戦があるので次結果が残せるように頑張りたいです。

――今日は自身に決定機もあったが

まあトリックプレーを読んで50メートルくらいドリブルしたんですけど、いろんな選択肢が自分の頭に浮かんで、その時点でちょっとダメなんですけど、そこは自分のメンタルの弱さなので、切り替えて次また決められるように頑張りたいです。

――1年生ながらここまで試合に出続けているが

自分の良さだったりというのを上級生が、周りの人たちが引き出してくれているおかげでもあるので、自分の良さをもっと発揮していくことと、あとはやっぱり結果ですね。自分は結果にこだわってやりたいので、今トミケンさん(冨田賢監督)が出させてくれているこの状況の中で早く結果を出したいです。

――自身の良さはどこか

自分の良さは、ポールって言ってるんですけど、サイドバックとセンターバックとボランチの中間のところに入って、判断早くワンタッチだったり少ないタッチで攻撃のリズムを作ることが自分の良さだと思っているので、そこをもっと出して慶應の攻撃を活性化できればと思います。

――次節に向けて

5連勝している立教なので、1部昇格に向けて必ず勝って次に向かえるように頑張りたいです。

こちらの記事もあわせてどうぞ!!

Tagged as: , ,

Comments are closed.