慶應スポーツ新聞会

【ソッカー(男子)】早慶定期戦特集第8弾! 八田和己インタビュー

7月7日(土)、等々力陸上競技場にて“第69回サッカー早慶定期戦~早慶クラシコ~”が開催される。早慶のプライドがぶつかり合う特別な一戦。ケイスポでは、7年ぶりの定期戦勝利を目指すソッカー部の選手・スタッフたちに意気込みをうかがった。

弾は、八田和己(総3・桐蔭学園)選手のインタビューをお届けする。今季はボランチとして好守に活躍の幅を広げている八田。チームの骨格を支える彼に、定期戦に懸ける意気込みを語っていただいた。

(取材日:6月20日)

 

サイドバックもセンターバックもボランチもできる

——まずトップチームで台頭した昨季を振り返っていただけますか?

開幕の法政戦のデビューはセンターバックだったんですけど、それまでずっとボランチをやっていてケガ人とかも多くてセンターバックできないかと須田さん(須田芳正前監督)から言われて、結構やってたことはあったんでそれなりにできたものの、前期はなかなか定着できなかったなっていう感じです。

 

——前期なかなかスタメンに定着できなかった中で、昨年の早慶定期戦で先発出場しましたが、どのような思いで臨みましたか

やっぱり憧れの舞台だったんで、本当に出て勝ちたいっていう気持ちはあったんですけど、やっぱり楽しむとかそこまでは行けなくて、そういう気持ちを今年は出せたらなとは思ってるんですけど、まだ去年の立場は甘かったのかなと思ってます。

 

——今季これまでを振り返っていただけますか

なかなか勝てなくて、苦しい時期はあるんですけど、正直去年よりは手応えを感じてて、まあ相手の実力が下がってるのもあるんですけど、自分たちで主体的にサッカーできてるのかなとは思います。

 

——中でも印象に残っている試合はどの試合ですか?

個人的言うと、関東学院戦(第5節)では点も決めたし、まあ引き分けちゃったんですけど、試合通してのパフォーマンスはそんな悪くなかったかなという印象ですね。

 

——最近はボランチとして出場していますが、センターバックよりやりやすいですか

いや、本当にどっちもできるというのが強みだと思っているので、センターバックの場合少しヘディングとかそういう面で、2部の方が蹴ってくるチーム多くて、なかなか勝てなかったから今ボランチという形でやってますけど、でもどこでもサイドバックもセンターバックもボランチもできるのがつの強みだと思ってるので、そんなにボランチが良いとかはないですね。

 

——昨季と比較して自身の中で変化したと思う部分はありますか?

結構アップの時のステップとかやってるんで、トレーナーの方とも色々な動画見たり話をしてるんで、ステップの部分とか相手に付いていく動きっていうのは少しずつ変化してきてると思います。

——ご自身のプレーの強みを教えてください

周りを見る賢いプレーが武器だ

派手なものはないんですけど、気が利くプレーとかそういうのは心掛けてて、他の選手が持ってるその強みを出せるような動きだったり、助けられるようなポジショニングとかパスとかをできるのがつの強みなのかなって思ってます。

 

——関東学院大戦ではゴールも決めましたが、守備だけではなくゴールへの意識も強いですか

強いですね、結構。守備だけだとやっぱり出れない部分もあると思うんで、ひとつ点を取るというのは結果もそうですし、攻撃のリズムを作ってくっていうのも、自分の課題としてもあるんですけど、練習の中から意識してやってます。

 

——現在のチーム状況はどう感じますか?

勝ててないんで、なかなかメンタルを維持するのが難しいというか、「勝たなきゃ勝たなきゃ」ってなってるんですけど、焦らずにやっていければなとは思います。

 

——今季から新たに冨田監督が就任しましたがどんな方ですか

本当に距離が近い方なんで、ある意味なんでも話せるというか、選手の気持ちもすごわかってくれてる方なんで、すごやりやすいですね。

 

——冨田監督が八田選手のインテリジェンスという部分を買っていましたが、その点は自分でも自信はありますか

わかんないですけど(笑)。まあでもつの強みと捉えていいのかなって思います。

 

——なかなか上位に食い込めない現状を踏まえて、チームの課題はどう考えますか?

やっぱり決め切るところで決めるとか、守り抜くところで守り抜くとか、そういう勝負強さのところですね。最後の歩とか、そういうところはもっと高めていかないと、1部昇格はできないなって思ってます。

 

気持ち込めて戦うのみ

——早慶定期戦は6連敗中ですが、慶應が勝つために必要なことは何でしょうか?

やっぱりスピードとか体格とかで、実際相手の方が上回ってて、今ワールドカップでもすごく体張ったプレーとか多いですけど、そういう気持ちのこもったプレーとか、みんなで一つになってやらないと勝てないと思ってるし、逆に一つになれば、勝てるチャンスはこっちにもあるんじゃないかなって思ってます。

 

——昨年と今年で定期戦に臨む気持ちは違いますか

八田は昨年の大敗をピッチで経験している数少ない選手でもある

全然違いますね。本当に去年は憧れの舞台だったんで、勝ちたいって気持ちはあったけど、チームを引っ張るとかそういう気持ちまではたぶん持ててなくて、今年は去年のリベンジの気持ちもありますし、上級生として下の学年の人たちも引っ張っていければいいなと思ってるんで、そこは全然違いますね。

 

——定期戦でどんなプレーを見てもらいたいですか

そうですね、正直自分はそんな派手なプレーしないで、得点に絡めたらいいなとは思ってますけど、まず自分の役割っていうのを全うしたいって思ってて、で勝った時に結果的に自分がいたからだよね、とかそういうふうに言われればいいかなと思ってます。

 

——最後に、定期戦への意気込みをお願いします!

いやもう負けられないんで、本当に気持ち込めて戦うのみですね。それで、勝ちたいです。

(取材:髙橋春乃 写真:桑原大樹)

八田和己(やつだ・かずき)

桐蔭学園高を経て、総合政策学部3年。ポジションはMF、DF。今季は中盤の底で攻守の要に。派手さはないが、インテリジェントな気が利くプレーで多大な貢献を果たす。

こちらの記事もあわせてどうぞ!!

Tagged as: , , ,

Comments are closed.