慶應スポーツ新聞会

【ソッカー(男子)】早慶定期戦特集第2弾! 攻撃陣対談(松木×小谷×多嶋田×山田盛×橋本)

左から小谷、山田盛、橋本、松木、多嶋田

7月7日(土)、等々力陸上競技場にて“第69回サッカー早慶定期戦~早慶クラシコ~”が開催される。早慶のプライドがぶつかり合う特別な一戦。ケイスポでは、7年ぶりの定期戦勝利を目指すソッカー部の選手・スタッフたちに意気込みをうかがった。

第2弾は、松木駿之介(総4・青森山田)主将、小谷春日(環4・藤枝東)、山田盛央(総3・藤枝東)、多嶋田雅司(商3・国学院久我山)、橋本健人(総1・横浜FCユース)による攻撃陣対談をお届けする。宿敵を打倒するゴールの期待がかかる個性豊かなアタッカー陣に、さまざまなお話をうかがった。

取材日:6月22日

 

——自己紹介をお願いします!

小谷 4年の藤枝東高校の小谷す。サイドハーフとFWやってます。お願いします。

山田 3年の藤枝東高校出身の山田す。ポジションはサイドハーフかFWです。よろしくお願いします。

橋本 1年の横浜FCユース出身の橋本健人です。ポジションはMFです。

松木 4年主将の松木駿之介です。出身校は青森山田高校です。よろしくお願いします。

 国学院久我山出身、3年の多嶋田雅司です。ポジションはトップ下を主にやってます。よろしくお願いします。

 

——今季これまでのチームの戦いぶりを振り返っていただけますか

松木 じゃあ雅司から。

多嶋田 えー今季の戦いぶりは……そうですね。徐々に後半に向けて、試合を重ねるごとに自分たちのやりたいサッカーとかは見えてきた気はするんですけど、やっぱりまだあともう一息の部分で、最後決め切るとこだったり最後守り切るとこだったりがまだ足りないっていうのは感じていますけど。まあ良くはなってきたんじゃないかなと思います。

松木 本当にスタートダッシュから厳しい戦いになってしまって、そこで自分たちが自信をなくしてしまった。そこが1失点したときのチームの雰囲気であったりとかが、90分のゲームを考えた上ですごく難しい試合運びになってしまう要因だったかなと思います。

小谷 これ一人一人言うの?(笑)

一同 なんか違う(笑)

松木 違う?もう少しゆるくていいですよね?(笑)

山田 言いたい人から言っちゃって。

小谷 俺らが話し合うやつじゃないの?

多嶋田 一人ずつ話してたら…暗(笑)。俺は言ったから、終わり

松木 何この間点決めたからって(笑)。

小谷 1部復帰っていう第目標だったんですけど、ちょっと今それがなかなか厳しい中で、あと最終節と早慶戦で流れを変えれたらいいかなと。監督含めそういう話をしてて、ここにいる奴もみんなそういうふうに思ってると思います。

 

——橋本選手は関東リーグデビュー戦を振り返っていかがでしたか

橋本 デビュー戦は第1節(立正大戦)に途中から出させてもらったんですけど、なんか、直接関わったわけじゃないんですけど、自分が出てからどんどん失点してって…。

一同 (笑)

“ハシケン”の愛称で親しまれるルーキー橋本

橋本 1—1で出されて、出た瞬間にポンポンポンって入れられて。もう気づいた時には1−4だったんで。

小谷 確かに(笑)

橋本 ちょっと責任感じましたね、それは。

松木 え、盛央と代わったやつ?

橋本 いや、(杉本)崇太朗くん(総2・名古屋グランパスU18)と代わりました。

小谷 俺とハシケン(橋本)が出て、失点したってやつ。

山田 あ、俺そうだ春日さんと代わったんだ。

橋本 ポンポンって。何をしたわけでもないんですけど。

多嶋田 ちょっとやっちゃったよね。

松木 いやーだよね。

橋本 1節は関東リーグ難しいなって。その後も出た時もそんなボール触れるわけじゃないし何もできなかったんで、難しいなって、とても感じましたね。

 

——2部と1部で特に違いを感じる部分はありますか

松木 一番違うのが、試合に対しての臨み方というか、僕たちはもう1部でやってて、これまで何とかして勝つっていうチャレンジャーの気持ちでやってたんですけど、今年はもう絶対昇格したい、1年で戻りたいっていう気持ちがみんな強くあって、その中でまあ去年の戦績を見ると3敗しかできないっていうのが、みんなの意識の中にすごあって、そこで開幕戦追いつかれた時に落とせないぞって、絶対に負けはダメだ、もう勝ちにいかないといけない、っていうところで、ポンポンポンって1−4になってしまってその開幕戦を落としてしまったことで僕たちもすごく負けちゃいけないっていうことを意識するようになってしまったし、そこがすごく1部と2部の違いで、難しい戦いになっちゃったかなと思います。もう絶対に負けちゃいけないっていうのをみんなが意識しすぎちゃったんで。

 

——今季から冨田監督が就任されました

松木 僕たちはもう知ってたんで。

一同 そうだね。

小谷 ハシケンが初めて。

 

——橋本選手から見た冨田監督の印象はいかがですか?

橋本 熱い監督だなっていうのをまず思って、なんか話してる時もすっごい目見られて。

一同 (笑)

小谷 すごい伝わってくるよね(笑)

橋本 わかります?(笑)めっちゃ目見てくるんで、いっときも離せないし。そのおかげですごく話も入ってくるし、だから本当に熱い監督だなって思います。自主練とかしてても話しかけてくれますし、交代出されるとき指示だいたい自分の良さ出してこうって感じなんで、良いです。

小谷 Bのコーチの時とさ、違うことなんかある?トミケンさん。

松木 雅司は特にないの

小谷 盛央は?

多嶋田 そんな変わる?

山田 いや、そんな違わなくない?

多嶋田 うーん。

山田 でもさらに真面目になったっていうか。

一同 (笑)

多嶋田 責任感は。

山田 責任感は。

松木 Bのなかったの?(笑)

山田 さらに。さらに熱くなったし、責任感が表にすごい出てるかなと。

 

——松木主将はどんな方ですか?

小谷 松木主将はどんな方(笑)。とりあえず後輩から見てどう?

多嶋田の松木主将への信頼は強い

多嶋田 背中で見せるって感じがある一番最初に思ったのは。誰よりも勝ちたいって気持ち全面に出して試合やってたし、誰よりも戦ってたし。そういう意味では、あーこの人についていきたいなっていうのは、最初はずっと思ってました。

松木 最初はずっと?(笑)

一同 (笑)

多嶋田 最初っていうか、印象?あー良いキャプテンだなっていうのは感じました。

小谷 まあ同期として、1年生からずっとトップチームで、まあ最初松木と俺の二人だけだったし、結構プレースタイルとかも全部変わんないんだけど、4年生になって主将っていう立場になって、よりチームのことを考えるっていうか、チームのためにもっと走ろうって言うし、そんだけ自分が一番やってるし、一緒にやっててすごい主将っぽくなったなって思います。

松木 これ恥ずかしい(笑)

一同 (笑)

松木 勝ててないから。

小谷 まあでもやってるのは確かなんで。

 

——1年生から見てどうですか?

橋本 主将すか?

一同 (笑)

橋本 本当に、雅司くんも言ってたんですけど、最初見た時は、最初あんま喋りかけてこなくて、あんまりコミュニケーション取なかったんですよ最初。どんな人かなってずっと思ってたんですけど、1節とか例えば試合のアップの時とかすっごい声出してるんですよ基礎練とかの時に。本当に熱いなって思って。なんか直接アドバイスとかしてくれるわけじゃないんですけど、本当に自分がサッカーの根本的なところで走るとか、球際とか、本当にそういうところ徹底して自分が1番やるんで松木くん。それに感化されて他の人たちもやんなきゃいけないって思うので、すご良い影響を与えられるキャプテンだと思います。

 

——お互いにプレースタイルを紹介していただけますか?

松木 じゃあ俺はずっと1年生のときからトップでポジション争ってきた小谷を紹介します。

松木小谷 小谷が左サイドでボール持った時は、信じて中に入れる選手というか、クロスを絶対上げてくれる選手でもあるし、自分で行ってカットインしてシュート打てる選手でもあるし、相手に小谷がいたら絶対嫌だろうな、嫌がられる選手だと思います。

小谷 はい、じゃあ俺は次盛央を。

小谷山田 (藤枝東)高校の後輩で、高校時代は一緒にトップだったんですけど、あんまりちょっと頼りない感じだった印象だったのが、大学入って今一緒にトップやってて、圧倒的に体強いし、今チームで公式戦一番点取ってんのかな?そうだよね。いつの間にか、ね(笑)。頼りある選手になっちゃって(笑)

一同 (笑)。

小谷山田 本当にプライベートも仲良くやってて、本当に盛央は今年だけじゃなくて来年も個人的にすご期待してて、ぜひ見て欲しい選手かなと。その体の強さとゴールってところに、泥臭くゴールに向かうってところを見て欲しいかなって思います。

山田 じゃあ僕は雅司を。

山田多嶋田 今年の雅司だけを見てると、守備の面がすごい光るし、攻撃の面っていうよりは守備の面なんですけど。

小谷 攻撃陣対談なのに(笑)

一同 (笑)

山田多嶋田 まあ1、2年生のずっとBでやってたんですけど、1年生のときは本当に点取る選手で、やっぱりゴールに近いところでプレーするとすごい良いシュート持ってるし、テクニック持ってるんで、まあゴールに近いところでプレーすれば、後期とかもどんどん点取れるんじゃないかなって思うんですけど、今のところちょっと守備しかしてないんで。

一同 (爆笑)

多嶋田 そんなことない!(笑)

松木 雅司は守備みたいな感じでちょっと頼りすぎちゃってるから。

山田 そう、守備してくれみたいな感じがあるから。

松木 だからそこはもう少し僕たちのスタンスも変えなきゃいけない。

多嶋田は攻撃面の注目度がやや低いことが不満の様子

多嶋田 攻撃ももうちょい見て欲しい。

一同 (笑)

山田 本当は攻撃で点取れる選手です。

多嶋田 じゃあ、ハシケン。

多嶋田橋本 まあ途中からトップチームに上がってきたんですけど、自分がこうなりたいなっていう選手憧れ的な感じで圧倒的にボール持つのがうまいですし、どこにでもパス出せますし、何だろうな。圧倒的に技術があるっていう感じ、だから別にスピードが速いとか体が強いとか別にそういうのはないんですけど、普通に足元の技術だけで今日の練習とかも人とか人とか置き去りにしてましたし、そういうところは自分にないところなんで、ちょっとぐらい分けて欲しいなっていう感じですね(笑)。あとはまあフリーキックもうまいし、自分がこうなりたいなっていう選手の人です。

橋本 じゃあ松木くん

松木 俺さっきもういっぱいもらったからいいよ、照れちゃうから(笑)

 

——このメンバーでプライベートの交流はありますか?

松木 この辺(小谷・山田・松木)は将棋やるね、最近。最近将棋はまってて。

小谷 (山田を指して)まあ部長、一番強いから。

山田 部長です。

松木 山田さん一番強い。

将棋部長の山田

小谷 その次俺で、松木が一番弱い。

 あとはないです。

橋本 ないっすね。

小谷 盛央と雅司ないの?(笑)

多嶋田 盛央とご飯行く…

山田 ああ、まあないです。

一同 (爆笑)

多嶋田 いや違う違う違う違う(笑)。めっちゃお前ご飯行くやん(笑)

山田 いやお前女としか行かない(笑)

多嶋田 女としか行かない?いや結構行ってるぞ?なあ。なんでお前無視すんの

山田 春日さんは結構ご飯連れてってってもらうんですけど。

 

——多嶋田選手とは行かないんですか?

山田 まあ、行く人がいなかったら。

多嶋田 お前、行くよ!(笑)

松木 引っ張るね(笑)

 

——オンとオフでギャップのある選手はいますか?

山田 将棋じゃないか?

一同 確かに(笑)

多嶋田 さっきとおんなじこと(笑)

小谷 結構負けず嫌いで、盛央。まつしゅんは…

松木 いやでも小谷とか結構ギャップあるよ。なんかこんなおちゃらけてて、こう能天気な感じじゃないですか。でもオフはずーっとひたすら本読んでて、すごい真面目だなあと思います。

小谷 (笑)

松木 どうすか?印象。

 

——すごく喋りやすそうな感じはしますね

松木 もう喋るの大好きで人と関わってたいって感じに見えるじゃないですか。でまあそういう一面もありつつ、ただもう電車の中とかではずーっと本読んで、しかも読む本も、ちょっとクセが強い。

一同 (笑)

小谷 お前にはわかんない(笑)

松木 僕には理解できない、難しそうな本を

 

——どういった本を読んでるんですか?

山田 ただ小説読んでる。

小谷 ここ(山田・小谷)は小説仲間で、前誕生日プレゼントに本をプレゼントしてくれて。

山田は高校の先輩である小谷の誕生日に小説をプレゼント

山田 (笑)

小谷 そんくらい仲が良いです。

 

——上級生から見て下級生はどのように映りますか?

松木 僕たちから見たらすご関わりやすい後輩というか、良い意味で変に壁を持たずに関わってくれる後輩が多いんで、チーム作りを考える上でもすご僕たちはやりやすいし、それをもっとうまく生かして良いチームにしたいんですけど。

多嶋田 まあ言い方を悪くすると、なめてる。

一同 (笑)

松木 お前くらいじゃない?(笑)

小谷 お前が一番なめてる(笑)

多嶋田 俺は尊敬してます。

松木 あと(多嶋田以外)は結構リスペクト持って接してくれてるの伝わります。

多嶋田 違う(笑)

小谷 盛央もすごいリスペクト持ってくれてるの伝わる。

松木 そうだね。

多嶋田 リスペクトしてるよ!?

一同 (爆笑)

多嶋田 だから下級生とかもそうやって仲が良からたぶん意見とかも言いやすいし、ミーティングとかサッカーの話してても、だんだん下からこうした方が良いんじゃないかっていう意見も出てきて、そういうのは全部良いことなんじゃないかなって思います。

 

——反対に1年生の橋本選手から見て上級生はどのように映りますか?

橋本 最初の印象として、なんかすごシビアな部活なんじゃないかとか、ユースから来たんで決まりごとが多いのもあるし、本当に先輩とかもまじで怖いんじゃないかとかって印象があったんですけど、実際サッカー行ってみて本当に良い人が多いです。なんだろう、自分の意見を押し付けるとかじゃなくて、例えば1年生がなんか言ったら、サッカーの面でも生活の面でも一度吸収してくれて、取り入れてくれるんで、実際意見が言いやすいのは先輩のおかげであって、本当にそういう環境を作ってくれるのもありがたいし、サッカーでも自分のやりたいこととかさせてくれる環境もあるんで、自分が思ってたよりは過ごしやすい部活です。

 

——主将から見て、今年のチームはどんな雰囲気ですか?

松木 まあ本当にどの学年も仲良いなとは思います。これまでは1つ上の学年とは仲良い、結局1年生の時に2年生と一緒に仕事やるんで、1つ上の学年とは仲良いっていうのはあったんですけど、結構今年はトップチームとかカテゴリーごとですけど、1年生と4年生でも壁なく過ごす組織になったなとは思います。ただまあそこがチーム全体で見た時には、厳しさが足りなくなっててるかなという印象もあるんで、そこのさじ加減というマネジメントの部分では、学生スタッフとして考えていかないといけないと思うし、そこが難しいところですかね。

 

——定期戦は現在6連敗中ですが、早大に勝つために必要なことは何だと考えていますか?

多嶋田 まあ技術とかそういう点では、今早稲田普通に1部で勝ってますし、勝負強さとかはたぶんあっちの方が上だと思うんですけど、やっぱり一つ一つ球際強くいくところだったりとか、もっと走るところだったり、自分たちが勝らないと逆に勝つのは厳しいかなと思います逆に自分たちも別に下手なわけじゃないし、うまい選手もたくさんいるんで、そういうところが勝れば全然勝ちにいけると思います。

松木 これまで同じ舞台にいたりとか、去年だったら僕たちが1部にいて、早稲田が2部にいてっていうのはあったんすけど、今年に関しては圧倒的に世間から見ての評判が早稲田が上だろうし、慶應は圧倒的に下だろうし、そういった意味では僕たちの方が戦いやすいかなとは思うんで、本当に失うものはないと思うんで、思いっきりぶつかって勝ちに行こうと思ってやりたいです。自分で言うのもなんですけど、自分が点決められれば絶対チーム盛り上がると思うんで、そこにはこだわってチームを勝たせるためにゴールに向かってプレーしたいです。

橋本 僕は自分たちを信じてやることかなと思います。早慶戦大事ですけど、基本的には今までやってきたことが出る場なんで、特に大舞台とかっていうのは。本当に相手どうこうよりも自分たちを信じて、日本でもコロンビアに勝てる、サッカーって何があるかわからないし、別に早稲田だからって臆することないし、だから本当に自分たちの誇りとかプライドとかを信じて90分間やれば勝てると思います。

山田 僕は1番は試合の進め方かなと思います。まあ今年に関して言えば、圧倒的に早稲田の方が上だし、多分早慶戦でも相手にボール持たれる時間だったり、自分たちの流れじゃない時間帯が多いと思うんですけど、そこでずっと引くのかとか、ワンチャンスを狙ってしっかり取りにいけるかとか、自分たちがボール持ってるにしっかりボールを大切にしてボールを保持できるかとか、そういうゲームの進め方がすごい大事だなと思います。チャンスはそんなに多くないかもしれないですけど、そこで1点決めれれば相当大きいと思うし、そこで勝ちきりたいと思います。

早慶戦の経験が豊富な小谷

小谷 ハシケンと少し似てて、今年出たら全部出ることになるんですけど、今までの3回で3連敗はやっぱり自分たちがずっと前期積み重ねてきたものっていうのがあの大舞台っていうのに加えてあの早稲田の速いプレッシャーの中でできなくて、だから今年勝つ中で一番大事なのは、自分たちがやってきたことを披露するっていう勇気かなっていうのをすごい思います。なんで、本当に4年目、今年の4回目こそは勝ちたいなって思います。

 

——松木主将と小谷選手にとっては最後の定期戦となりますが

松木 やっぱりずーっと早稲田が勝って喜んでる姿を見てきて、面白くなかったんで、やっぱり本当に最高の夜にしたいし、あれだけの人数の観客の前でサッカーできるってことは本当に幸せなことだし、そこでやっぱり勝って最高の夜にしたいなっていう思いが強いです。7月7日なんで、7年ぶりの勝利を(笑)

小谷 本当に僕も松木と一緒で、3回ともピッチで相手が歓喜してる姿を見て、やっぱり慶應でこだけ応援来てくれる人たちもいるんで、今年こそはみんなで喜びたいし、最後勝てば「終わり良ければ全て良し」だと、自分の中で言い聞かせて、あとは勝つだけかなと思います。

 

——早慶戦でどんなプレーを見てもらいたいですか?

多嶋田 僕はさっき盛央とかに言われた守備のところとかもそうなんですけど、僕は攻撃の選手なんでボール間で受けてゲーム動かすこととか、あとドリブルで相手を抜くところとか、そういう攻撃面に注目して見ていただきたいと思います。

松木 僕は本当にゴール飛び込むところ、何としてもネット揺らしたいと思ってるんで、どんどんゴール狙ってくんで、そこの迫力の部分を伝えられるように見ていただきたいです。

山田 僕は松木くんと一緒で点を取るところと、あとゴール前入っていくところ、その迫力を見ていただきたいし、あとはずっと裏を狙い続けるところだったり、前への推進力っていうのを見てもらいたいなって思います。

橋本 僕は相手揺らしまくって逆突きまくってこいつやべえって思われるくらい目の前の相手をけちょんけちょんにするのと。

一同(笑)

松木 かわいいな(笑)

橋本 あとはその自分のキックで松木くんとか盛央くんとかが走ってるスペースにボール出したりとかして、自分の左足でチャンス作ってゴールに結びつけるプレーを見て欲しいです。

小谷 ドリブルだったりチャンスメイクっていうのと、自分でゴール決める。本当に主役になりたいなと思います。

 

——最後に定期戦に向けて意気込みをお願いします

多嶋田 2年間ずっとピッチ外で仕事とかをしてて試合すらも見れてない状況だったんですけど、やっぱりその試合前の準備とかしててこのピッチに立てるってすご立派な仕事なんだなって思って、今自分はそこに立てるチャンスがある立場だと思うんで、それに向けてしっかり準備をしていきたいし、まあずっと早稲田が喜んでる姿を見てるんで、今年こそは自分が試合に出て絶対に勝ちたいと思ってます。

松木 これまでずーっと負けてきて、それでもずっと同期のみんながサポートしてくれたりとか、早慶戦に関してはずっと運営をしてくれてる仲間がいるんで、最後喜びを爆発させられるように、ピッチで選手として立つからには責任持って絶対に勝ちたいと思います。

橋本 自分は初めての早慶戦なんですけど、まずは早慶戦に向けて良い準備をすることと、あとは出て早慶戦すごいなって思って驚いて終わる1年生っていうのは嫌なんで、4回しかない中の1回だし、そう考えるとやっぱり自分がピッチに立った時は周りで4年生とか3年生とか自分より年上の人もサポートしてくれてる責任感もあるので、驚いて終わるとかじゃなくて結果を残して終わる早慶戦にしたいなって思います。

山田 やっぱり早稲田の迫力だったり会場の雰囲気にちょっと引いちゃったり流れちゃうと思うんで、戦う姿勢っていうのは絶対に失わずに、自分のことは一切考えずに常にチームのことを考えて、最後まで走り続けたいと思います。

小谷 最後慶應のみんなで笑って終われるように、自分の役割はその時々で違うと思うんで、その時々で与えられた役割を自分が精一杯こなすっていうのが大事かなと思います。

ゴールで等々力を沸かせ!

——ありがとうございました!

 

(取材:髙橋春乃 写真:桑原大樹)

こちらの記事もあわせてどうぞ!!

 

Tagged as: , ,

Comments are closed.