慶應スポーツ新聞会

【ソッカー(男子)】早慶定期戦特集第4弾! 落合祥也選手インタビュー

守備に自信を持つ落合選手

 

 

 

 

 

 

 

7月12日(金)、等々力陸上競技場にて”第70回サッカー早慶定期戦―早慶クラシコ―”が行われる。意地と意地がぶつかり合う熱き一戦、今回ケイスポでは意気込みをうかがうべく、ソッカー部の選手と監督に取材を行った。
第4弾は慶大中盤のディフェンスプレイヤー・落合祥也(商4・横浜FCユース)だ。徹底されたプレースタイル、早慶戦勝利にかける思いとは
(取材日:6月14日)
――今シーズンを振り返って
リーグ戦では自分たちが掲げた目標を達成できていて、でも負けた試合は課題がよく出た試合で、そういう意味でも後期に向けていい課題が出たかなと思います。

――チームは現在最少失点で首位を走っています
このチームが始まって力を入れていた部分は守備でそういう部分で一人一人がどこに戻すかというのが、守備するときにすごく意識していて、それが結果にあらわれて最少失点にできたのかなと思います。でもまだまだ減らせる失点とか、セットプレーからの失点を減らさないとと思います。

――守備的MFとして意識していることは
自分の特徴としてはセカンドボールとか球際であって、ボランチで求められるているのは、中央でスペースを埋めたりすることだと思うのでポジショニングというところをすごく意識しています。

――守備に関わる機会が多いと思うのですがDFとの連携は
後ろからすごく声をかけてくれるので右切れと言われたら右を切ったり、自分のコーチングでポジショニングできていると思います。

――ご自身でこれまでのプレーを振り返って
守備の面ではカバーリングだったりとか、相方のヤツ(八田和己=総4・桐蔭学園)が動き回って責めたりしてくれるので自分は空いたスペースのケアだったりはできていると思います。あと足りなかったのは攻撃の部分で、前に吸い取って、勝つということがなかったのでそこが課題かなと思います。

――今季自信になった試合は
日体戦立教戦はいい意味で印象に残りました。日体戦は開始早々に失点をして、そこから3点取って逆転をできたのがすごい自信になりましたし、立教戦は(佐藤)海徳(政4・桐光学園)いなくなってからの初戦ということで、その中でもみんなが海徳のために戦った結果の4-0だったのですごくいい印象です。

――同学年の連携は
自分たちの学年は1,2年の時から出ている選手多いので、一緒にサッカーをしている時間は他のチームよりも長いと思うのでそういう意味で4年になって(密な連携が)出ているのかなと思います。

――今後のリーグ戦への抱負は
8月のリーグ戦では中断前最後日大に0-3という形で負けて、セットプレーだったりとか疲れてきた中で走りきるというのが自分には足りなかったのでこの2ヶ月で合宿とかも行うので、自分たちの課題と向き合って解消していって、そこで中断期間に相手も研究して自分たちの弱点をついてくると思うので、中断の間に新しい攻撃パターンを見つけていきたいなと思います。

――続いて早慶定期戦についてですが、早慶定期戦のピッチに立つことについて
早慶戦には苦い思い出しかなくて、1年の時はベンチ外で、2年の時はスタメンだったのですが1-5で負けて、3年はずっとベンチで試合に出れなくて、そういう風にすごく悔しい思い出があるので早慶戦のピッチに立つことすら難しいことであって、出られたらしっかりとやらないといけない場所だなと思います。

悔しい思いを口にする

 

――早大に対する印象は
今季はあまり結果は出てないのですけど、早稲田の人に聞くと内容はあまり悪くないとのことなので自分も直接試合し、観た相手ではないのですけど、一発勝負とかには強いと思います。

――1部でプレーする強敵に勝つために必要なことは
勝つためには自分たちがベースにしている走ることやハードワークの部分で当たり前のように上回らないといけないですし、プラスアルファで自分たちの強みであるセットプレーの面だったりでも確実な域で上回っていかないとと思います。

――勝つためにご自身が意識することは
自分に求められているのは守備なので、セカンドボールや球際などの相手との中盤の争いで突き詰めて、そういうところで一つ一つ上回っていけば結果はついてくるのかなと思います。

――観客が多く詰めかける等々力でプレーすることは
自分はユース上がりなので大勢の観光の前でプレーするということが今まであまりないのでそういう意味ではいつもの試合とは違い、声が通りづらかったり、盛り上がりとかも違うので、いつもとは違うなと感じています。

――観客に注目してほしいプレーは
守備のボールを奪うところで、相手のカウンターの芽を摘んだり、球際とか体を張るところを見てくれればありがたいかなと思います。

――最後の早慶定期戦ですが
今まで3年間負けしかなくて、早慶定期戦にはいいイメージがなくて、今年は最後のチャンスなので何が何でもどうしても勝ちたいし、勝って喜べたらいいなと思います。

――最後に早慶定期戦に向けて意気込みをお願いします
3年間結果を出せなかったので最後勝って終わりよければ良しではないのですが、最後みんなで勝って慶應のみんなで若き血を歌いたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました!

(取材:室留裕介 写真:小林由和)

 

こちらの記事も合わせてどうぞ!!
【ソッカー(男子)】早慶定期戦特集第1弾! 淺海友峰監督インタビュー

【ソッカー(男子)】早慶定期戦特集第2弾! 田原智司選手インタビュー

【ソッカー(男子)】早慶定期戦特集第3弾! 福本拓海選手インタビュー

Tagged as: , , , , ,

Comments are closed.